病理学研究室

MT_Byori_1 教授 高桑 徹也
Tetsuya Takakuwa, MD, PhD, Professorbtn

ヒトは受精後38週で生まれます。そのうち3-9週は器官を形成する重要な胚子期で,胚子はダイナミックに変化しヒトらしい形態になります。この時期は様々な異常発生をおこしやすく,先天異常の基礎研究にとって重要な期間ともいえます。続く胎児期は,様々な先天異常が顕在化するため早期診断が臨床的に求められます。私達はこの胚子期・胎児期の研究を行うことで,ヒトの正確な標準発生を知ること,先天性疾患の発症機構に迫ること,新たな疾患を発見すること,胎児診断へ繋がる基礎情報を集約し応用に繋げること等を目指しています。

研究・教育について

先天異常標本解析センターに収蔵されるヒト胚子・胎児数万例を主な対象として,ホルマリン固定パラフィン組織標本に加えMR imaging, EFICなど3次元構築が可能でかつ非侵襲的な新たな手法を用いて,立体可視化,形態計測学的な解析を主に行っています。全身、諸臓器が解析対象になりますので,総合的な解剖学の知識が必要です。これまでに脳神経系,肝臓等の消化器系で成果をあげています。また,学際的な分野であることから解剖学,胎児医学,内科学,整形外科学等の医療系,情報・工学系,人類学等の理学系の分野と交流し,協力を得,幅広い見識を身につけつつ,研究活動を進めています。ヒト胚子標本は人類にとって貴重な資産であるという認識にたち組織連続標本のデジタル化,MRI画像のデータベース化を先天異常標本解析センターと協力し行なっています。全人類が,生まれる前にたどる普遍的な世界を明らかにすることがわれわれの究極の目標です。長期の批評に耐えうる,減衰しない成果をめざします。教育では,学部での病理学教育,実習,大学院では,臨床検査技師資格取得後のコースとして,細胞診断,産科エコー,人体解剖のトレーニングも積めるようにしています。高桑

 

研究業績

1. Shiraishi N, Nakashima T, Yamada S, Uwabe C, Kose K, Takakuwa T, Morphogenesis of lateral choroid plexus during human embryonic period, Anatomical Records, in press
2. Hamabe Y, Hirose A, Yamada S, Takakuwa T et al, Morphology and Morphometry of Fetal Liver at 16–26 Weeks of Gestation by Magnetic Resonance Imaging – Comparison with Embryonic Liver at Carnegie Stage 23, Hepatol Res, in press
3. Kagurasho M, Yamada S, Takakuwa T et al, Movement of the external ear in human embryo, Head Face Med. 2012 Feb 1;8(1):2.
4. Nakashima T, Yamada S, Takakuwa T et al, Morphometric analysis of the brain vesicles during the human embryonic period by magnetic resonance microscopic imaging, Congenit Anom (Kyoto). 2012 Mar;52(1):55-8.
5. Hirose A, Yamada S, Takakuwa T et al, Embryonic liver morphology and morphometry by magnetic resonance microscopic imaging , Anat Rec (Hoboken). 2012 Jan;295(1):51-9.

研究室

教授:高桑 徹也

連絡先:
TEL 075-751-3931/3956
e-mail; tez@hs.med.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.hs-kyoto.net/