環境生態学


教授 山崎 渉
Wataru Yamazaki, D.V.M., Ph.D., Professor btn

環境中には様々な病原微生物が存在しています。動物を含む環境中の様々な病原微生物によって感染症が引き起こされると同時に、感染症の流行は様々な影響を社会に与え、変容をもたらします。これらの病原体が動物の体内を含む環境中でどのようにして発生したのか、環境中でどのような生態をとっているのかは不明な点が多いです。私達は個々の病原微生物とそれらが引き起こす感染症に関連する様々な要因がどのように相関するかを生態学的アプローチによって解析しています。

研究・教育について

環境中に存在する様々な病原微生物の中でも、動物が保有する微生物はヒトの健康に影響を与える特に重要なリスクファクターです。私達人類は約1万年前に野生の牛を家畜化しました。野生動物の家畜化により、良質な動物性タンパク質の供給、労役の軽減など、私達は多くの恩恵を得てきました。一方で、腸管出血性大腸菌O157は牛が腸内に健康保菌しており、牛肉の摂食を介して、ヒトに健康被害を与えます。インドのガンジス川流域の風土病であったコレラは19世紀に加速した帝国主義・グローバル化に伴い、世界流行を引き起こしました。欧州ではコレラ対策として上下水道の整備や、微生物学の知見の集積が促進されたりした結果、水系感染症の制御が進みました。現在、私達はアジア・アフリカ・欧州の研究者と連携して、主にヒト腸管感染症・動物感染症に関する教育・研究を実施しています。国際基準を満たす信頼性の高い検査法を新開発し、疫学調査に応用することで、様々な病原微生物の環境生態の解明や感染症の制御、食品の安全性確保などに貢献したいと考えています。感染症が引き起こす社会変容・歴史的な影響についても学際的研究を通してアプローチして行きます。

タンザニアでのフィールドワーク風景


研究業績

  1. Yamazaki, W., Makino, R., Nagao, K., Mekata, H., Tsukamoto, K. 2019. New micro-amount of virion enrichment technique (MiVET) to detect influenza A virus in the duck feces. Transbound. Emerg. Dis. 66, 341-348.
  2. Sabike, I. I., Uemura, R., Kirino, Y., Mekata, H., Sekiguchi, S., Farid, A. S., Goto, Y., Horii, Y., Yamazaki, W. 2017. Assessment of the Campylobacter jejuni and coli in broiler chicken ceca by conventional culture and loop-mediated isothermal amplification method. Food Control, 74, 107-111.
  3. Iraola, G., Forster, S.C., Kumar, N., Lehours, P., García-Peña, F.J., Paolicchi, F., Morsella, C., Hotzel, H., Hung, L.Y., Hsueh, P.R., Vidal, A., Lévesque, S., Bekal, S., Yamazaki, W., Balzan, C., Vargas, A., Piccirillo, A., Chaban, B., Hill, J.E., Betancor, L., Collado, L., Truyers, I., Midwinter, A.C., Dagi, H.T., Calleros, L., Pérez, R., Naya, H., Lawley, T.D. 2017. Distinct Campylobacter fetus lineages adapted as livestock pathogens and intestinal pathoboints in the human microbiota. Nature Communications 8, 1367.
  4. Sabike, I. I., Uemura, R., Kirino, Y., Mekata, H., Sekiguchi, S., Okabayashi, T., Goto, Y., Yamazaki, W. 2016. Use of direct LAMP screening of broiler fecal samples for Campylobacter jejuni and Campylobacter coli in the positive flock identification strategy. Frontiers in Microbiol. 7, 1582.
  5. Yamazaki, W., Uemura, R., Sekiguchi, S., Dong, J.B., Watanabe, S., Kirino, Y., Mekata, H., Nonaka, N., Norimine, J., Sueyoshi, M., Goto, Y., Horii, Y., Kurogi, M., Yoshino, S., Misawa, N. 2016. Campylobacter and Salmonella are prevalent in broiler farms in Kyushu, Japan: Results of a 2-year distribution and circulation dynamics audit. J. Appl. Microbiol. 20, 1711-1722.

研究室

教授 山崎  渉
東南アジア地域研究研究所
Tel: (075)753-9618
Fax: (075)761-2701
Email: yamazaki@cseas.kyoto-u.ac.jp
URL: https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/organization/staff-2/yamazaki-wataru/