免疫生物学

教授 濵﨑 洋子
Yoko Hamazaki, Ph.D.Professor

免疫は、感染源から身体を守りそれを排除するだけでなく、移植臓器の拒絶や生活習慣病やがんなどの加齢関連疾患の発症や病態にも深く関与します。したがって、免疫学はあらゆる医学・医療の分野にとって重要な学問分野です。本研究室では、免疫の司令塔であるT細胞及びT細胞の産生臓器である胸腺組織の発生と機能の解析を中心に、広く医学・医療へ貢献しうる免疫学の基本原理を探究し、それを基盤として免疫制御法の開発やヒト医療へ貢献することを目指しています。

研究・教育について

免疫は、多種多様な免疫担当細胞が体内を動き回り、複雑かつ精緻なネットワークを形成することによって機能を発揮する生体防御システムです。一方で、その機能低下や過剰反応、また応答様式の変容は、免疫不全、自己免疫病、アレルギー、がん、代謝病など様々な疾患の発症に深く関与します。本研究室では、正常な免疫システムがどのように形成され、何時如何なる異常が特定の疾患の発症につながるのか、また加齢に伴いどのように変容するのかを個体レベルで解明します。これにより、免疫学の基本原理の探究と、それをヒト疾患の克服と制御に広く応用することを目指しています。具体的には以下の研究を行っています。
1.T細胞の分化選択を担う胸腺上皮細胞などリンパ造血組織の支持細胞の発生と機能の解明
2.iPS細胞等を用いた胸腺上皮細胞の誘導と胸腺機能の再構築
3.胸腺組織退縮メカニズムの解明と胸腺機能の賦活化法の開発
4.加齢に伴う免疫機能の変容(免疫老化)の分子メカニズムおよび加齢関連疾患との関係性の解析
5.ヒト免疫システムの理解とその制御
個々の得意分野を伸ばしながら向上心を持って互いに刺激し学び合える研究環境と、自身の観察や興味に基づくオリジナリティーあるサイエンスを目標にしています。

写真1  A)自己寛容成立に必須の胸腺髄質上皮細胞(赤:クローディン-3/4, 緑:Aire)
B)胸腺髄質上皮幹細胞が形成するコロニー

写真2 ラボメンバー集合写真 (2017.8月)


研究業績

  1. Hamazaki Y, Sekai M, Minato N. Medullary thymic epithelial stem cells: role in thymic epithelial cell maintenance and thymic involution Immunol Rev. 2016 May;271(1):38-55. ✝Correspondence
  2. Hamazaki Y. Adult thymic epithelial cell (TEC) progenitors and TEC stem cells – Models and mechanisms for the development and maintenance of thymic epithelial cells Eur J Immunol. 2015 Nov;45(11):2985-93. ✝Correspondence
  3. Sekai M, Hamazaki Y✝, Minato N. Medullary thymic epithelial stem cells maintain a functional thymus 4to ensure lifelong central T cell tolerance. Immunity. 2014 Nov 14: 41(5), 753–761. ✝Correspondence
  4. Kawai Y*, Hamazaki Y*+, Fujita H, Fujita A, Sato T, Furuse M, Fujimoto T, Jetten AM, Agata Y and Minato N. Claudin-4 induction by E protein activity in later stages of CD4/8 double-positive thymocytes to increase positive selection efficiency. Proc Natl Acad Sci USA 2011 Mar 8;108(10):4075-80. ✝Correspondence * These authors contributed equally to this work.
  5. Hamazaki Y, Fujita H, Kobayashi T, Choi Y, Scott HS, Matsumoto M, Minato N. Medullary thymic epithelial cells expressing Aire represent a unique lineage derived from cells expressing claudin. Nat. Immunol. 2007 Mar; 8(3):304-11.

研究室

教授:濵﨑 洋子
連絡先:yoko.hamazaki@cira.kyoto-u.ac.jp