臨床統計学

特定教授 田中 司朗
Shiro Tanaka, Ph.D., Program-specific Professor btn

臨床統計学(Clinical Biostatistics)は、臨床試験でどのようにデータを集めるか(研究計画)、どのように解析するか(統計解析)といった方法論を提供する科学です。医薬品などの医療技術を実用化するためには人を対象とした臨床試験を行い、有効性・安全性を評価する必要があります。臨床試験では、統計学を基礎とする臨床試験方法論のプロフェッショナルである臨床統計家の参画が不可欠です。本講座が医療統計学分野と共に運営している臨床統計家育成コースは、データサイエンスや統計学に関心のある方を、医学知識の有無を問わず歓迎します。

研究・教育について

臨床統計家育成コースは、臨床統計家の人材供給を求める日本の研究現場からの強いニーズにより、京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻(SPH)に設置された修士課程に相当する2年制の専門職学位課程です。コース修了後は、社会健康医学修士(専門職)が授与されます。 本コースの学生は、社会健康医学修士(専門職)の学位取得に必要な科目のほかに、コース修了に必要な統計学基礎、臨床統計学などに関する科目を学ぶほか、京都大学医学部附属病院・国立循環器病研究センターでのon the job trainingによる臨床研究に関する実地研修を受けます。本コースは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構「生物統計家育成支援事業」として実施しています。

研究・開発
1.臨床統計家育成コース教育カリキュラムの開発
2.聴講コース等の実施
・臨床研究者のための生物統計学(病院におけるセミナー)
・大学生のための統計学入門(学部生向けのe-learning教材をOCWで配信)
3.医療健康データベース統計解析に関する研究開発
4.臨床試験における欠測値に対処する統計的方法

本コースのキャリアパス


研究業績

  1. Tanaka S, Matsuyama Y, Ohashi Y. Validation of surrogate endpoints in cancer clinical trials via principal stratification with an application to a prostate cancer trial. Statist Med 2017, in press.
  2. Imai T, Tanaka S, Kawakami K, Miyazaki T, Hagino H, Shiraki M for the A-TOP research group. Health state utility values and patient-reported outcomes before and after vertebral and non-vertebral fractures in an osteoporosis clinical trial. Osteoporos Int 2017, in press.

研究室

特定教授:田中 司朗
TEL:075-753-9322
E-mail:kyotocbc-office(at)umin.ac.jp
URL:http://www.cbc.med.kyoto-u.ac.jp/