てんかん・運動異常生理学

face

池田 昭夫
Akio Ikeda M.D., Ph.D. Professor btn

本講座の設置理由および目的は
1)集学的立場から、てんかんおよび運動異常症の病態解明と治療の開発、高度先進医療の推進、実践医療としての確立と普及
2)将来の本分野の担い手となる専門医と臨床研究者の養成と教育機会を国内外に広く提供
3)臨床てんかん学の病態と治療と常に表裏一体関係である生理学の研究と臨床応用の発展を、大学病院の立場から推進
以上3点を臨床神経学講座(高橋良輔教授)の支援の元、目指していきます。

研究・教育について

集学的立場から、てんかん及び運動異常症の病態解明と治療の開発、高度先進医療の推進、実践医療としての確立と普及を目指すと共に、臨床てんかん学の病態と治療と常に表裏一体関係である神経生理学の研究と研究成果の臨床応用・普及を推進します。日々の「臨床上の疑問」の解決を重視し、システム神経科学の最新の知見を積極的に取り入れ、臨床てんかん学・臨床システム神経科学への還元を目指し様々な手法で研究に取り組みます。教育については 1)欧米の一般診療医から専門医までの一貫したてんかん診療連携モデルを形成する為、関連他施設と病診連携を推進し 2)神経内科に設置したEEG/Epilepsy fellowshipにより、卒後4年目以降の神経内科、脳外科、小児科、精神科の専門医取得前後の若手医師を対象に専門研修を行い、診療的教育及び研究の機会の提供を充実させると同時に海外へも同様の研修と研究の機会を積極的に提供していきます。また 3)関連科医師及びメディカルスタッフに対する専門的知識の院内教育の充実を目指し 4)日本てんかん協会等と協力し、ニーズに合わせて患者・家族・社会に対するてんかんの情報発信に貢献していきます。

1図1説明;てんかん発作時には広範な周波数帯域の脳波変化が観察される:
てんかん発作時の発作発射の起始部位(左図D1)における発作時直流緩電位(右図slow shift)と高周波数律動(右図HFO)を比較提示。発作時直流緩電位は高周波数律動に比して早期に発生した。図1 Imamura et al. 2011より引用。

2図2説明;外側頭頂葉―前頭葉間の皮質間ネットワーク(標準脳上のCCEPによる皮質結合ライブラリ):
外側頭頂葉の刺激部位(刺激電極対の中点)および前頭葉の主反応最大点(主結合を反映:大きな球体)、副反応最大点(副結合を反映:小さな球体)を標準脳上に投影して提示。剖検脳の細胞構築に基づいたアトラスの頭頂葉皮質の区域分け(図右下参照)ごとに提示した。大枠として、中心溝を挟んで鏡像の結合様式、背側・腹側の領域同士の結合様式がみられた。
図2 Matsumoto et al. 2012より引用。

研究業績

1.Inouchi M, Matsumoto R, Taki J, Kikuchi T, Mitsueda-Ono T, Mikuni N, Wheaton L, Hallett M, Fukuyama H, Shibasaki H, Takahashi R, Ikeda A. Role of posterior parietal cortex in reaching movements in humans: Clinical implication for ‘optic ataxia’, Clin Neurophysiol 124: 2230-41, 2013

2.Fumuro T, Matsuhashi M, Mitsueda T, Inouchi M, Hitomi T, Nakagawa T, Matsumoto R, Kawamata J, Inoue H, Mima M, Takahashi R, Ikeda A. Bereitschaftspotential augmentation by neuro-feedback training in Parkinson’s disease. Clin Neurophysiol 124: 1398-1405, 2013

3.Usami K, Matsumoto R, Kunieda T, Shimotake A, Matsuhashi M,Miyamoto S, Fukuyama H, Takahashi R, Ikeda A. Pre-SMA actively engages in conflict processing in human: a combined study of epicortical ERPs and direct cortical stimulation. Neuropsychologia, 51:1011-1017, 2013

4.Matsumoto R, Nair DR, Ikeda A, Fumuro T, Lapresto E, Mikuni N, Bingaman W, Miyamoto S, Fukuyama H, Takahashi R , Najm I, Shibasaki H and Lüders HO. Parieto-frontal network in humans studied by cortico-cortical evoked potential.: Hum Brain Mapp 33: 2856-72, 2012

5.Imamura H, Matsumoto R, Inouchi M, Matsuhashi M, Mikuni N, Takahashi R, Ikeda A. Ictal wideband ECoG: Direct comparison between ictal slow shifts and high frequency oscillations. Clin Neurophysiol 122:1500-1504, 2011

研究室

特定教授:池田 昭夫
特定准教授:松本 理器
渡邉 美紀
TEL:075-751-3662
FAX:075-751-3663