京都大学複合原子力科学研究所 放射線生命科学研究部門 粒子線生物学研究分野

masunaga-p 教授 増永 慎一郎
Shin-ichiro Masunaga  btn

当原子炉実験所にて実施されている中性子捕捉療法を中心としたがん治療の発展に寄与し得る生物学的データの取得と解析を生命科学・医学的見地から行っており、培養細胞を用いる実験から実験動物を用いる実験まで、段階的に研究を展開している。理工系各分野の研究者を擁する当実験所員構成の特性を生かし、生体構成物質の解析を専門とする工学・化学系の研究者との共同研究プロジェクトをも視野に入れ、当実験所独自の学際的研究の展開をも目指している。

研究・教育について

具体的には、a. DNA修復メカニズムに関連する研究、b. 固形腫瘍内の微小環境と腫瘍細胞の感受性との関連を検出することによる各がん治療法の評価に関する研究、c. 局所の腫瘍に対する治療が及ぼす遠隔転移能に対する影響に関する研究、d. 新規の中性子捕捉化合物の有用性に関するスクリーニング研究、e. 中性子捕捉療法をはじめとするがん治療施行時に必須となる正常組織の障害に関する放射線生物学的解析、などの研究課題を中心として展開させている。これらの研究課題を基礎的及び臨床的視野から同時に有機的に展開させるために、医学研究科のみならず、理学研究科(生物科学専攻動物学系細胞情報制御学分科)の協力講座をも担当しており、それぞれの研究科に属する院生を指導している。また当研究分野は当実験所の放射線生命医科学研究本部に属し、当実験所で独自に施行される中性子捕捉療法の普及・発展に深く関わる研究を担当しているため、実際の中性子捕捉療法の現場にも立ち会うことが可能である。さらに当実験所が共同利用研究施設であるので、所外からの研究者との連携共同研究をプロジェクト研究課題として組織する事によって、活発に展開させている。

1 転移能の検出法

2 細胞内活性酸素の制御機構


研究業績

  1. Masunaga S, Sakurai Y, Tanaka H, Takata T, Suzuki M, Sanada Y, Tano K, Maruhashi A, Ono K. Effect of a change in reactor power on response of murine solid tumors in vivo, referring to impact on quiescent tumor cell population. Int J Radiat Biol. 2018 Dec 17:1-28. doi: 10.1080/09553002.2019.1558300.
  2. Masunaga S, Sakurai Y, Tanaka H, Takata T, Suzuki M, Sanada Y, Tano K, Maruhashi A, Ono K. Effect of a change in reactor power on response of murine solid tumors in vivo, referring to impact on quiescent tumor cell population. Int J Radiat Biol. 2018 Dec 17:1-28. doi: 10.1080/09553002.2019.1558300.
  3. Sato T, Masunaga S, Kumada H, Hamada N. Microdosimetric Modeling of Biological Effectiveness for Boron Neutron Capture Therapy Considering Intra- and Intercellular Heterogeneity in 10B Distribution. Scientific Reports 8, Article number: 988 (2018) doi:10.1038/s41598-017-18871-0.
  4. Sanada Y, Sasanuma H, Takeda S, Tano K, Masunaga S. Disruption of Hif-1α enhances cytotoxic effects of metformin in murine squamous cell carcinoma. Int J Radiat Biol, Jan;94(1):88-96, 2018, DOI:10.1080/09553002.2018.1409443.
  5. Moriwaki T, Okamoto S, Sasanuma H, Nagasawa H, Takeda S, Masunaga S, Tano K. Cytotoxicity of tirapazamine (3-amino-1, 2, 4-benzotriazine-1, 4-dioxide)-induced DNA damage in chicken DT40 cells. Chemical Research in Toxicology, December 12, 2016 (Article) DOI: 10.1021/acs.chemrestox.6b00417.

研究室

教授 増永 慎一郎 smasuna@rri.kyoto-u.ac.jp, Tel: 072-451-2406
准教授 田野 恵三 tano@rri.kyoto-u.ac.jp, Tel: 072-451-2392
助教 真田 悠生 sanada@rri.kyoto-u.ac.jp, Tel: 072-451-2444