環境衛生学

btn

健康障害の予防には、感受性素因と環境要因の相互作用から分析する視点が必要です。我々は、健康障害の発症における環境と個体要因の相互作用を明らかにすることを第一の目標としています。環境要因としては気象、放射線などの物理要因、残留性有機汚染物質など化学物質、栄養障害、労働環境要因などを対象とし、これらに起因する健康障害を解析しています。遺伝疫学の手法を用いる外、フィールド調査、モデル計算など多様な手法を用います。我々の第二の目標は、メカニズムの解明によって得られた知見を基に、環境の管理、改変、創薬により疾病予防の実践に結びつけることです。

研究・教育について

我々の生活を取り巻く社会には、ライフスタイル、栄養、環境汚染、職業など多くの環境が健康障害の原因となります。懸念のある環境汚染物質の曝露評価と生体への影響を検討しています。曝露が高い汚染物質について、各種コホート研究と共同して、リスクの評価を行っています。物理要因として福島第一原子力発電所事故による放射線被ばく、また避難に伴う生活習慣病リスクについても調査を行っています。その他糖尿病をはじめとする生活習慣病に関わる疾患について基礎研究しています。遺伝素因の面から環境要因の影響を明らかにする研究として、小児四肢疼痛発作症について、気象環境と疼痛の関係に着目して研究しています。また若年で脳血管障害を起こすもやもや病について、遺伝子解析と予防医学の観点から精力的に行っています。本疾患は東アジアに多く、多様な血管疾患との関わりも研究しています。

環境・遺伝要因・生活習慣の多面的研究

フィールド調査


研究業績

  1. Okazaki S, Morimoto T, Kamatani Y, Kamimura T, Kobayashi H, Harada KH, Tomita T, Higashiyama A, Takahashi JC, Nakagawara J, Koga M, Toyoda K, Washida K, Saito S, Takahashi A, Hirata M, Matsuda K, Mochizuki H, Chong M, Pare G, O’Donnell M, Ago T, Hata J, Ninomiya T, Dichgans M, Debette S, Kubo M, Koizumi A, Ihara M. Moyamoya Disease Susceptibility Variant RNF213 p.R4810K Increases the Risk of Ischemic Stroke Attributable to Large-Artery Atherosclerosis. Circulation 2019;139:295-8.
  2. Kabata R, Okuda H, Noguchi A, Kondo D, Fujiwara M, Hata K, Kato Y, Ishikawa K, Tanaka M, Sekine Y, Hishikawa N, Mizukami T, Ito J, Akasaka M, Sakurai K, Yoshida T, Minoura H, Hayashi T, Inoshita K, Matsuyama M, Kinjo N, Cao Y, Inoue S, Kobayashi H, Harada KH, Youssefian S, Takahashi T, Koizumi A. Familial episodic limb pain in kindreds with novel Nav1.9 mutations. PLoS One 2018;13:e0208516.
  3. Ebner DK, Ohsawa M, Igari K, Harada KH, Koizumi A. Lifestyle-related diseases following the evacuation after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident: a retrospective study of Kawauchi Village with long-term follow-up. BMJ Open 2016;6:e011641.
  4. Shiwaku Y, Lee P, Thepaksorn P, Zheng B, Koizumi A, Harada KH. Spatial and temporal trends in perfluorooctanoic and perfluorohexanoic acid in well, surface, and tap water around a fluoropolymer plant in Osaka, Japan. Chemosphere 2016;164:603-10.
  5. Harada KH, Niisoe T, Imanaka M, Takahashi T, Amako K, Fujii Y, Kanameishi M, Ohse K, Nakai Y, Nishikawa T, Saito Y, Sakamoto H, Ueyama K, Hisaki K, Ohara E, Inoue T, Yamamoto K, Matsuoka Y, Ohata H, Toshima K, Okada A, Sato H, Kuwamori T, Tani H, Suzuki R, Kashikura M, Nezu M, Miyachi Y, Arai F, Kuwamori M, Harada S, Ohmori A, Ishikawa H, Koizumi A. Radiation dose rates now and in the future for residents neighboring restricted areas of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. Proc Natl Acad Sci USA 2014; 111: E914-23.

研究室

准教授:原田 浩二
特定助教:奥田 裕子
TEL : 075-753-4490
FAX : 075-753-4458
e-mail :kuhes-office@umin.ac.jp
URL : http://hes.med.kyoto-u.ac.jp/