幹細胞腫瘍学

山田泰広教授 山田 泰広
Yasuhiro Yamada, MD, PhD btn

 安定的な細胞運命の維持には、遺伝子の塩基配列変化を伴わないDNAメチル化に代表される化学修飾様式(エピゲノム制御)が関与しています。エピゲノム制御の異常は、発がんにも重要な役割を果たしていることが明らかになりつつあります。我々は、細胞運命転換に関わるエピゲノム制御機構の理解を目指します。さらにiPS細胞作製技術を用いて、がん細胞のエピゲノムを制御することで、がん細胞の運命制御を目指しています。得られた知見を新たな“エピジェネティックがん治療”開発へと発展させたいと考えています。

研究・教育について

本研究分野では、エピゲノム制御に着目して細胞初期化過程の解明を目指すとともに、その理解を発がん研究に応用する取り組みを行っている。具体的には以下の3つの研究テーマに取り組んでいる。
1)    細胞初期化過程のエピゲノム制御機構の解明
2)    細胞初期化技術のがん研究への応用
3)    細胞初期化に関連する発がん機構の解明とその制御
これらのテーマに関わる研究を、主にマウス発生工学を駆使して行っている。大学院生は、分子生物学、腫瘍病理学、マウス発生工学に関わる実験手技(エピゲノム解析、遺伝子改変マウス作製、組織切片解析など)を習得する。個別ディスカッション、研究発表、抄読会を介して自立した研究者になるための教育を行う。

図1図1:初期化失敗細胞による腎臓腫瘍形成とその可視化(左図)
RRBS法による網羅的DNAメチル化解析(右図)

図2図2:iPS細胞作製技術により示された「エピゲノム発がん」のコンセプト

研究業績

1.Ohnishi K, Semi K, Yamamoto T, Shimizu M, Tanaka A, Mitsunaga K, Okita K, Osafune K, Arioka Y, Maeda T, Soejima H, Moriwaki H, Yamanaka S, Woltjen K, Yamada Y. Premature termination of reprogramming in vivo leads to cancer development through altered epigenetic regulation. Cell. 156: 663-77, 2014.
2.Yamada K,Ohno T, Aoki H, Semi K, Watanabe A, Moritake H, Shiozawa S, Kunisada T, Kobayashi Y, Toguchida J, Shimizu K, Hara A and Yamada Y*. EWS/ATF1 expression induces sarcomas from neural crest-derived cells in mice.  Journal of Clinical Investigation, 123: 600-10, 2013.
3.Hirata A, Utikal J, Yamashita S, Aoki H, Watanabe A, Yamamoto T, Okano H, Bardeesy N, Kunisada T, Ushijima T, Hara A, Jaenisch R, Hochedlinger K*, Yamada Y*.  Dose-dependent roles for canonical Wnt signaling in de novo crypt formation and cell cycle properties of the colonic epithelium. Development, 140: 66-75, 2013.
4.Aoki H., Hara A., Era T., Kunisada T., Yamada Y*. Genetic ablation of Rest leads to in vitro-specific derepression of neuronal genes during neurogenesis. Development, 2012 Feb;139(4):667-77.
5.Yamada Y*, Aoki H, Kunisada T and Hara A. Rest promotes the early differentiation of mouse ESCs but is not required for their maintenance. Cell Stem Cell, 6: 10-15, 2010.

研究室

教授 山田 泰広
特定研究員 蝉 克憲
TEL 075-366-7034
FAX 075-366-7093
e-mail:y-yamada@cira.kyoto-u.ac.jp
URL: http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/yamada/index.html