成育政策科学(国立成育医療研究センター研究所)

face 教授 森 臨太郎  btn
当研究室は子どもと子どもたちを取り巻く家族や社会という文脈から、下記の四つの研究の柱により、日本と地球規模における健康な次世代育成を目的として、世界保健機関や厚生労働省、国内外の関連学会・団体と密接な連携を取り、研究および研究結果を活用した健康政策の策定支援を行っている。

  • 根拠に基づく保健医療政策の在り方に関する理論的研究
  • 成育医療・保健に関連した各種データベースを活用した政策評価や研究
  • 根拠に基づく診療や政策実現のためのコクラン・レビューを中心として統合的研究
  • 診療や政策導入に関する介入研究

研究・教育について

当研究室は概要に示されている研究手法を用いて、研究室内外の研究者や診療者、政策実務者と効果的な連携を組み、実効的に政策や診療に影響することで健康な次世代育成に直接貢献することと、学術的に質の高い研究結果として示されることを両立しています。特にどのような課題であってもグローバルな連携で研究を行うことを奨励しています。一人前の研究者としての教育にはその個人の責任も大きいですが、そのための環境整備には積極的に支援しています。また、日本で唯一のコクラン共同計画の正式組織としてコクラン妊娠出産グループ日本支部を設置し、成育分野に限らず広く、日本や周辺国でコクラン・レビュー著者への支援も行っています。共同研究であれ、研究に関する教育であれ、研究成果の還元であれ、教室の方針や目的に共感する方はぜひ気軽にご連絡ください。

r-123

当研究室は連携大学院として東京都世田谷区にある国立成育医療研究センター内にあります。当研究室は様々な国の出身者、様々な研究手法を体得している研究者が、フラットでマトリックス型の組織体制という枠組みの中、ともに一つの目的の下、内外の研究者でチームを組んで、研究しています。

研究業績

1.Souza JP, Gülmezoglu AM, Vogel J, Carroli G, Lumbiganon P, Qureshi Z, Costa MJ, Fawole B, Mugerwa Y, Nafiou I, Neves I, Wolomby-Molondo J, Bang HT, Cheang K, Chuyun K, Jayaratne K, Jayathilaka CA, Mazhar SB, Mori R, Mustafa ML, Pathak LR, Perera D, Rathavy T, Recidoro Z, Roy M, Ruyan P, Shrestha N, Taneepanichsku S, Viet Tien N, Togoobaatar G, Wehbe M, Yadamsuren B, Yan W, Yunis K, Bataglia V, Cecatti JG, Hernandez-Prado B, Nardin JM, Narváez A, Ortiz-Panozo E, Pérez-Cuevas R, Valladares E, Zavaleta N, Armson A, Crowther C, Hogue C, Lindmark G, Mittal S, Pattinson R, Stanton ME, Campodonico L, Cuesta C, Giordano D, Intarut N, Laopaiboon M, Bahl R, Martines J, Mathai M, Merialdi M, and Say L. Beyond the coverage of essential interventions – the next challenge for reducing global maternal mortality: findings of the World Health Organization Multi-country Survey on Maternal and Newborn Health. Lancet. 2013; 381: 1747–55
2.Mori R, Ota E, Middleton P, Tobe-Gai R, Mahomed K, Bhutta ZA. Zinc supplementation for improving pregnancy and infant outcome. Cochrane Database of Systematic Reviews 2012;7:CD000230
3.Mori R, Takemi K, and Fineberg H. Science and consensus for health policy making in Japan. Lancet. 2012;379(9810):12-13
4.Mikolajczyk RT, Zhang J, Lazaga AP, Souza JP, Mori R, Gulmezoglu AM, and Merialdi M. A Global Reference for Fetal/Birth Weight Percentiles. Lancet. 2011;377(9780):1855-1861.
5.Mori R, Kusuda S, Fujimura M, on behalf of Neonatal Research Network of Japan. Antenatal corticosteroids promote survival of extremely preterm infants born at 22-23 weeks of gestation. The Journal of Pediatrics. 2011;159(1):110-114.

研究室

成育政策科学(国立成育医療研究センター研究所)
森 臨太郎 (京都大学大学院医学系研究科 客員教授)
独立行政法人・国立成育医療研究センター研究所
成育政策科学研究部・部長
〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2丁目10番1号
電話 03-3416-0181
Fax 03-3417-2694
Email rintaromori@gmail.com ; mori-r@ncchd.go.jp