予防医療学 (環境安全保健機構健康科学センター)

教授 石見 拓
Taku Iwami M.D., Ph.D. Professor btn

予防医療学教室では、健康増進、病気の予防・治療から、心停止に対する救急蘇生まで、疾病のあらゆるステージにおける「身近な臨床疑問」を解決し、臨床行動の変化に直結するエビデンスの創出を目指しています。『学問の前では一学徒』をモットーに、適切な方法論を用いて真理に近づくべく、教員・学生の区別なく共に学び研究する姿勢を大切にしています。
臨床家としての視点を大切にしながら、疫学・予防医療学を学び、臨床現場の課題解決につながる研究を行いたい方、ぜひ、ご相談ください。

研究・教育について

研究のポリシー
  • 学問の前では教員も学生も平等に、真摯な姿勢で取り組むこと
  • 『現場』を重視し、現場からのエビデンス発信と現場への還元を心がけること
  • 職種、領域を超えて協力し、チームワークを重視して取り組むこと
教育方針・体制

臨床研究の計画立案から論文化までを学生自身が経験することを重視し、教員による濃密なメンタリングと週1回のカンファレンスを実施しています。また、研究成果を社会へ発信する取り組みを推奨・支援しています。

代表的な研究領域
  • 健康増進・予防医療をテーマとした研究
  • 疾病に対する臨床疑問へのアプローチ
  • 救急・蘇生をテーマとした研究
「AEDの国家規模での普及の効果[1]」「市民による心肺蘇生は胸骨圧迫が第一[2]」「胸骨圧迫のみの口頭指導が市民による心肺蘇生実施を増やす[3]」「風邪に漢方薬と西洋薬のどちらが有効か?[4]」「傾向スコアマッチング法を用いた宿泊型健康指導プログラムの有効性の検証[5]」など、身近で日々の健康管理や医療に直接役立つ研究を行っています。
社会健康医学系専攻では、「疫学」の授業の一翼を担うとともに、臨床研究者養成(MCR)プログラムに参加しています。

大阪における病院外心停止症例を網羅したコホート研究により、胸骨圧迫のみの心肺蘇生が人工呼吸も行う心肺蘇生と同等の効果を有することを示唆。Circulation. 2007;116:2900-2907

多施設共同研究として、葛根湯と総合感冒薬の効果を比較するRCTを実施した際のポスター。Intern Med. 2014;53:949-56.


研究業績

  1. Kitamura T, Kiyohara K, Sakai T, Matsuyama T, Hatakeyama T, Shimamoto T,Izawa J, Fujii T, Nishiyama C, Kawamura T, Iwami T. Public-Access Defibrillation and Out-of-Hospital Cardiac Arrest in Japan.  The New England Journal of Medicine. 2016; 375: 1649-1659.
  2. Iwami T, Kawamura T, Hiraide A, Berg RA, Hayashi Y, Nishiuchi T, Kajino K, Yonemoto N, Yukioka H, Sugimoto H, Kakuchi H, Sase K, Yokoyama H, Nonogi H. Effectiveness of Bystander-Initiated Cardiac-Only Resuscitation for Patients with Out-of-Hospital Cardiac Arrest. Circulation. 2007; 116: 2900-2907.
  3. Shimamoto T, Iwami T, Kitamura T, Nishiyama C, Sakai T, Nishiuchi T, Hayashi Y, Kawamura T, Utstein Osaka Project. Dispatcher Instruction of Chest Compression-Only CPR Increases Actual Provision of Bystander CPR. Resuscitation. 2015;96:9-15.
  4. Okabayashi S, Goto M, Kawamura T, Watanabe H, Kimura A, Uruma R, Takahashi Y, Taneichi S, Musashi M, Miyaki K. Non-superiority of Kakkonto, a Japanese herbal medicine, to a representative multiple cold medicine with respect to anti-aggravation effects on the common cold: a randomized controlled trial. Intern Med. 2014;53(9):949-56.
  5. Matsuzaki K, Taniguchi S, Inoue K, Kawamura T. Effectiveness of a healthcare retreat for male employees with cardiovascular risk factors. Prev Med Rep. 2018 Dec 18;13:170-174.

研究室

教授:石見拓
准教授:阪上優、降旗隆二
助教:岡林里枝、松崎慶一、小林大介、中神由香子
特定助教:島本大也、立山由紀子
E-mail: hoken-project@umin.ac.jp
URL: https://www.hoken.kyoto-u.ac.jp/preventive-services