幹細胞応用研究

kao教 授  江藤 浩之
Koji Eto, M.D., Ph.D. Professor  btn

私たちはヒト多能性幹細胞から効率よく血小板や造血幹細胞をはじめとする各種血液細胞を誘導する技術を確立し、献血に依存しない輸血システムの実現および遺伝子治療を目指した基礎研究・技術改良を推進していきます。

研究・教育について

多細胞生物は非対称性分裂によって多様な細胞を産生しながら発生し、個体を形成します。血液を一生にわたって供給している造血幹細胞や各種の血液系前駆細胞もまた非対称性分裂によって多種類の血液細胞を産生すると考えられています。幹細胞システムを維持するためには自己複製と分化が必要であり、この両方を同時に可能にするのが非対称性自己複製分裂です。こうした機構の分子機序の解明を継続することでも各種血液細胞へ誘導する技術の確立につながると考えています。私たちは、 iPS細胞をソースにした血小板や赤血球を大量かつ一定の品質で供給できるようにするためのバンクシステムの構築を目指します。そのために、従来の遺伝情報ネットワーク以外のエピゲノム情報を解析・応用し、特定の細胞系譜がヒト多能性幹細胞から生み出され維持されるための分子機構を明らかにしていきたいと考えています。私たちの目指す血液作製システムが近い将来の治療法の一つとして認めてもらえるよう精進し、iPS細胞の登場により “どんなことが可能になるのか”を患者様,臨床医,産業界に啓発・呈示することも私たちの仕事の一つだと考えています。

r-114-1

ヒトiPS 細胞による遺伝性出血疾患の根治治療

r-114-2

ヒトES細胞・ヒトiPS細胞から効率よく血小板を誘導する技術


研究業績

1. Nakamura S, Takayama N, Hirata S, Seo H, Endo H, Ochi K, Fujita KI, Koike T, Harimoto KI, Watanabe A, Okita K, Takahashi N, Sawaguchi A, Yamanaka S, Nakauchi H, Nishimura S, Eto K. Expandable megakaryocyte cell lines enable clinically-aplicable generation of platelets from human induced pluripotent stem cells. Cell Stem Cell. 2014 Feb 12;14(4):535-548. doi: 10.1016/j.stem.2014.01.011.
2.Hirose S, Takayama N, Nakamura S, Nagasawa K, Ochi K, Hirata S, Yamazaki S, Yamaguchi T, Otsu M, Sano S, Takahashi N, Sawaguchi A, Ito M, Kato T, Nakauchi H, Eto K. Immortalization of erythroblasts by c-MYC and BCL-XL enables large-scale erythrocyte production from human pluripotent stem cells. Stem Cell Reports. 2013 Dec 5;1(6):499-508. doi: 10.1016/j.stemcr.2013.10.010. eCollection 2013.
3. Hirata S, Takayama N, Jono-Ohnishi R, Endo H, Nakamura S, Dohda T, Nishi M, Hamazaki Y, Ishii EI, Kaneko S, Otsu M, Nakauchi H, Kunishima S, Eto K. Congenital amegakaryocytic thrombocytopenia iPS cells exhibit defective MPL-mediated signaling. J Clin Invest. 2013 Sep 3;123(9):3802-14. doi: 10.1172/JCI64721. Epub 2013 Aug 1.
4. Nishimura T, Kaneko S, Kawana-Tachikawa A, Tajima Y, Goto H, Zhu D, Nakayama-Hosoya K, Iriguchi S, Uemura Y, Shimizu T, Takayama N, Yamada D, Nishimura K, Ohtaka M, Watanabe N, Takahashi S, Iwamoto A, Koseki H, Nakanishi M, Eto K, Nakauchi H. Generation of rejuvenated antigen-specific T cells by reprogramming to pluripotency and redifferentiation. Cell Stem Cell. 2013 Jan 3;12(1):114-26. doi: 10.1016/j.stem.2012.11.002.
5. Takayama N, Nishimura S, Nakamura S, Shimizu T, Ohnishi R, Endo H, Yamaguchi T, Otsu M, Nishimura K, Nakanishi M, Sawaguchi A, Nagai R, Takahashi K, Yamanaka S, Nakauchi H, Eto K. Transient activation of c-MYC expression is critical for efficient platelet generation from human induced pluripotent stem cells. J Exp Med 207, 2817-30.

研究室

教授 江藤 浩之
特命助教 杉本 直志
特定研究員 中村 壮
特定研究員 遠藤 大
TEL 075-366-7075
FAX 075-366-7095
e-mail:kojieto@cira.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/eto/