臓器形成誘導

kao教 授  川口 義弥
Yoshiya Kawaguchi, MD, Ph.D. Professor  btn

「再生医療」には2通りの読み方ができる。一つは多能性幹細胞を成熟細胞へと分化誘導し、それを移植材料として疾患を治療しようという方法(「再び生む」というニュアンスに近い)、もう一つは臓器幹細胞が有する分化能力/細胞供給能力を引き出す事により「再び生やす」という方法である。上記いずれの戦略においても、細胞の機能発揮には“成熟細胞の誘導”だけでなく、“組織構築の獲得・維持”が必要である。私達の研究室では、上記2つの方向性での再生医療の実現化に向けて、臓器発生や成体臓器維持の機構解明を目指している。

研究・教育について

研究室では主に膵臓、肝臓、胃、腸、脂肪組織の細胞分化機構や組織維持機構に関し、遺伝子改変マウスや多能性幹細胞を用いた研究を進めているが、個々の研究テーマは学生自身の興味に従う。例えば、多能性幹細胞を用いた糖尿病治療開発を念頭に置いた場合、膵臓形成に関する発生学的知見だけでなく、異所性膵形成などの先天異常や疾患、臨床的事実など“実際に生体で起こっている現象から学び、それを応用する”というコンセプトを重視する。つまり、様々な事象を広く考察して仮説を立てる事、学生自身が実験の過程で得た新たな事実から新たな仮説を立てる事、そして常に自分の実験結果が臨床事実のどの部分を説明するか?を問い続ける事の重要性を意識するよう指導している。
従って、研究開始当初に設定した仮説の検証より、実験過程で生まれた新たな仮説の方が医学的により重要である事は大いにあり得る。つまり、研究遂行中の軌道修正は日常茶飯事である。多くの場合、まず学生自身がその事に気づくが、グループカンファレンスや指導教官とのディスカッションを通して認識する事もあり得るので、研究発表におけるプレゼンテーションスキルの向上を意識した指導も行う。

r-113-1

①多能性幹細胞を用いた機能的膵島誘導の戦略図(研究室ホームページ参照)

r-113-2

②研究室メンバー集合写真

研究業績

1.Furuyama K, Kawaguchi Y*, Akiyama H*, Horiguchi M, Kodama S, Kuhara T, Hosokawa S, Elbahrawy A, Soeda T, Koizumi M, Masui T, Kawaguchi M, Takaori K, Doi R, Nishi E, Kakinoki R, Deng JM, Behringer RR, Nakamura T, Uemoto S
Continuous cell supply from a Sox9-expressing progenitor zone in adult liver, exocrine pancreas and intestine.
Nat Genet. 43: 34-41, 2011
2. Kawaguchi Y*, Takaori K, Uemoto S
Genetic lineage tracing, a powerful tool to investigate the embryonic organogenesis and adult organ maintenance of the pancreas.
J Hepatobiliary Pancreat Sci. 18: 1-5, 2011
3. Fukuda A, Kawaguchi Y*, Furuyama K, Kodama S, Horiguchi M, Kuhara T, Kawaguchi M, Terao M, Doi R, Wright CV, Hoshino M, Chiba T, Uemoto S
Reduction of Ptf1a gene dosage causes pancreatic hypoplasia and diabetes in mice.
Diabetes. 57: 2421-2431, 2008
4.  Fukuda A, Kawaguchi Y*, Furuyama K, Kodama S, Kuhara T, Horiguchi M, Koizumi M, Fujimoto K, Doi R, Wright CVE, Chiba T
Loss of the major duodenal papilla results in brown pigment biliary stone formation in pdx1 null mice.
Gastroenterology. 130: 855-67. 2006
5. Fukuda A, Kawaguchi Y*, Furuyama K, Kodama S, Horiguchi M, Kuhara T, Koizumi M, Boyer DF., Fujimoto K, Doi R, Kageyama R, Wright CVE, Chiba T
Ectopic pancreas formation in Hes1 -knockout mice reveals plasticity of endodermal progenitors of the gut, bile duct, and pancreas.
J Clin Invest. 116: 1484-93. 2006

研究室

教授 川口 義弥
TEL 075-366-7049
FAX 075-366-7050
e-mail:kawaguchi-g@cira.kyoto-u.ac.jp;
URL:http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/research/kawaguchi_summary.html