病原細菌学

kao
教授 西渕 光昭
Mitsuaki Nishibuchi,Ph.D. btn

感染症は病原体(敵)と宿主(自分)の戦いと言えます。両者の本質を理解して初めて感染症の適切な予防・治療が可能となるのです。多くの医学では自分について、病原細菌学は敵について理解する学問ですが、どちらも非常に奥が深いのです。ほとんどの病原細菌の本来の生息場所はなく自然環境です。病原細菌が宿主とは異なった環境中でどのように生息、増殖、移動するかを明らかにするために、様々な専門分野の研究者と協力して研究を実施します。

研究・教育について

本研究分野では、コレラ菌、腸炎ビブリオ、下痢原性大腸菌などのような病原細菌による腸管感染症が多発する東南アジア地域において、現地の研究者と共同で、自然環境や患者から病原体を見つけ出します。病原体(細菌など)が分離できれば、生化学的、遺伝学的、免疫学的方法などを用いて、それぞれの病原体に特有の性質を明らかにします。
感染症事例の原因菌の特定や、感染症が国境をこえて伝播することを証明するためには、DNAファイガープリントなどの遺伝学的解析も実施します。
病原性菌株が自然環境中と宿主環境中のシグナルを区別して認識し、病原性を発揮するメカニズムを明らかにするためには、主たる病原因子とそれをコードしている遺伝子を明らかにし、そこから関連遺伝子群の検索やこれら遺伝子群の発現調節メカニズムへと研究を展開します。
このような研究を実施するには、環境微生物学、臨床微生物学、分子遺伝学、生理学、および免疫学などに関連する技法を駆使して実験やサンプリングを行います。
多分野の大学院教育(医学研究科社会健康医学系、アジア・アフリカ地域研究、リーディング大学院)にも積極的に参加しています。

r-105-1
アジア諸国の若手研究者や京大内の大学院生をラボに招いて、院生が技術指導を行う(2012年12月、リーディング大学院グローバル生存学大学院連携プログラム)

r-105-2
シンガポール保健省の研究所を訪問し、食中毒発生状況について聞き取り調査を実施(2013年3月、リーディング大学院グローバル生存学大学院連携プログラム)

研究業績

  1. Escalante-Maldonado, O., et al. 2015. Improvement of the quantitation method for the tdh+ Vibrio parahaemolyticus in molluscan shellfish based on most-probable- number, immunomagnetic separation, and loop-mediated isothermal amplification. Front. Microbiol. doi: 10.3389/fmicb.2015.00270.
  2. Yingkajorn M., et al. 2014. Vibrio parahaemolyticus and its specific bacteriophages as an indicator in cockles (Anadara granosa) for the risk of V. parahaemolyticus infection in southern Thailand. Microbil. Ecol. 67(4): 849-856
  3. Sermwittayawong N., et al. 2012. Human Plasmodium knowlesi infection in Ranong province, southwestern border of Thailand. Malaria Journal 11:36 (http://www.malariajournal.com/content/11/1/36)
  4. Loo, Y. Y. et al. 2012. Synthesis of silver nanoparticles by using tea leaf extract from Camellia sinensis. Int. J. Nanomedicine 7:4263-4267.
  5. Chen, Y., et al. 2011. Comparative genomic analysis of Vibrio parahaemolyticus: serotype conversion and virulence. BMC Genomics 12(1): 294.

研究室

教授:西渕 光昭
特定助教: Kayali Ahamad Yaman
TEL:075-753-7367, 7319; 075-761-2700
FAX:075-753-7319; 075-761-2701
e-mail: nisibuti@cseas.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/