粒子線腫瘍学(京都大学原子炉実験所 粒子線腫瘍学研究センター )

face
教授 鈴木 実
Minoru Suzuki, M.D. Ph.D.  btn

本研究分野の最優先のミッションは、研究炉と世界初となる加速器中性子源を用いたホウ素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy, 以下BNCT)の臨床研究・治験を科学的知見に基づき実施することである。臨床研究を通して、BNCTが放射線腫瘍学に果たすべき役割を明らかにしていく。BNCTは、腫瘍細胞選択重粒子線照射というユニークな特長を有している(図1)。この特長を最大限に活かすことにより、BNCTが放射線腫瘍学において独自のモダリティとして貢献していくことを目指す。

研究・教育について

1990年から2012年までに、安定した中性子源である当研究所原子炉にて、医療機関と共同臨床研究として450件を超えるBNCTを実施してきた。2008年に世界初となる加速器を中性子源としたBNCT照射システムが当研究所内に設置され、2012年10月から、再発悪性脳腫瘍を対象疾患とした、加速器BNCT照射システムとホウ素薬剤の治験が開始されている。コンパクトな加速器中性子源の開発により、加速器BNCTが原子炉でなく、一般の医療施設で実施可能となる大きな第1歩が踏み出された。加速器BNCTの開発成功を受けて、難治性癌あるいは再発癌に苦しむ患者の方々が、有効かつ安全であることが実証された放射線治療の1モダリティとしてBNCTを選択できるための基礎、臨床研究のさらなる推進が必要である(図2)。
本研究分野が実施する主たる研究・実務内容は以下の3つである。
1)加速器BNCTの治験を着実に実施していく。
2)医療施設との共同研究として、頻度の高い一般的腫瘍を含む開拓的臨床研究を原子炉BNCTで実施する。
3)対応疾患拡大のための正常組織(肺、肝臓、腸管等)に対するBNCTの感受性、耐容線量を解明する。

スライド1
スライド2

研究業績

1.Suzuki M, et al. Boron neutron capture therapy outcomes for advanced or recurrent head and neck cancer.  J Radiat Res. (in press)
2.Suzuki M, et al. Reirradiation for locally recurrent lung cancer in the chest wall with boron neutron capture therapy (BNCT): A case report. Int Canc Conf J 2012;1:235–238
3.Suzuki M, et al. Impact of accelerator-based boron neutron capture therapy (AB-BNCT) on the treatment of multiple liver tumors and malignant pleural mesothelioma Radiather Oncol 2009;92: 89-95
4.Suzuki M, et al. A novel concept of treatment of diffuse or multiple pleural tumors by boron neutron capture therapy (BNCT). Radiother Oncol. 2008;88:192-195
5.Suzuki M, et al. First attempt of boron neutron capture therapy (BNCT) for hepatocellular carcinoma  Jpn J Clin Oncol. 2007;37(5):376-81.

研究室

粒子線腫瘍学研究センター 粒子線腫瘍学研究分野
URL:http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/research/div/rls/prorc/pro
教授:鈴木 実 msuzuki@rri.kyoto-u.ac.jp 医学博士(京都大学)
助教:近藤 夏子、楢林 正流、藤本 望