感染防御生物学

kao教 授 竹内 理
Osamu Takeuchi Professor   btn

自然免疫系はToll-like receptor (TLR)を始めとした受容体によりウイルスや細菌など病原体の感染を直接認識し、サイトカインを産生、炎症を引き起こします。本研究室では、自然免疫により引き起こされる炎症が生体内においてどのように制御されているかの分子メカニズムを(1) RNA安定性制御を介したサイトカイン産生制御機構、(2) TLRシグナル伝達制御メカニズム、(3) TLR刺激に対する転写調節機構を中心に、遺伝子改変マウスを用いて解析しています。

研究・教育について

ウイルスや細菌など病原体の感染は、Toll-like receptor (TLR)を始めとした自然免疫受容体により認識され、サイトカインを産生、炎症を引き起こします(図1)。近年、炎症は感染症だけではなく、自己免疫疾患や癌、メタボリックシンドロームなど様々な疾患と深く関わる事が明らかとなってきています。本研究室では、炎症が生体内においてどのように制御されているかの分子メカニズムを、自然免疫の観点から解析しています。中でも、自然免疫細胞における炎症関連遺伝子発現の、転写や転写後調節に焦点を当てています。これまで、サイトカインmRNAの分解に関わるRegnase-1を同定し、この分子が炎症性疾患の発症抑制に重要であることを見出しました。今後、炎症の調節の新しいメカニズムを探っていきます(竹内、三野)。また、酸化ストレス防御とレドックスシグナリングに関する研究も行っています(増谷)。
本研究室は医学研究科においては大学院生の教育、研究指導を行います。自然免疫学、分子生物学等の考え方や手技を学ぶと共に、これら研究に主体的に取り組むことで、論理展開や議論を行う力をつけるように指導を行っていきます。

スライド1自然免疫におけるサイトカイン産生制御

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

研究室のメンバー


研究業績

  1. Tartey, S., Matsushita, K., Imamura, T., Wakabayashi, A., Ori, D., Mino, T., Takeuchi, O. (2015). Essential Function for the Nuclear Protein Akirin2 in B Cell Activation and Humoral Immune Responses. J. Immunol. 195, 519-527.
  2. Mino, T., Murakawa, Y., Fukao, A., Vandenbon, A., Wessels, H.-H., Ori, D., Uehata, T., Tartey, S., Akira, S., Suzuki, Y., Vinuesa, C.G., Ohler, U., Standley,D.M., Landthaler, M., Fujiwara, T., Takeuchi, O. (2015). Regnase-1 and Roquin Regulate a Common Element in Inflammatory mRNAs by Spatiotemporally Distinct Mechanisms. Cell 161, 1058–
  3. Tartey, S., Matsushita, K., Vandenbon, A., Ori, D., Imamura, T., Mino, T., Standley, D.M., Hoffmann, J.A., Reichhart, J.M., Akira, S., Takeuchi, O. (2014). Akirin2 is critical for inducing inflammatory genes by bridging IκB-ζ and the SWI/SNF complex. EMBO J. 33, 2332-2348.
  4. Uehata, T., Iwasaki, H., Vandenbon, Matsushita, K., Cuellar, E.H., Kuniyoshi, K., Satoh, T., Mino, T., Suzuki, Y., Standley, D.M., Tsujimura, T., Rakugi, H., Isaka, Y., Takeuchi, O., Akira, S. (2013). Malt1-Induced Cleavage of Regnase-1 in CD4+ Helper T Cells Regulates Immune Activation. Cell 153, 1036-1049.
  5. *Matsushita, K., *Takeuchi, O., Standley, D.M., Kumagai, Y., Kawagoe, T., Miyake, T., Satoh, T., Kato, H., Tsujimura, T., Nakamura, H., Akira, S. (*Equal contribution). (2009). Zc3h12a is an RNase essential for controlling immune responses by regulating mRNA decay. Nature 458, 1185-1190.

研究室

教授:竹内 理
准教授:増谷 弘
助教:三野享史
TEL:075-751-4024
FAX:075-761-5766
e-mail: otake@virus.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.virus.kyoto-u.ac.jp/Lab/Takeuchi_HP/index.html