分子ウイルス学

kao
教授  朝長 啓造
Keizo Tomonaga, D.V.M., Ph.D. Professor btn

すべてのウイルスは細胞の仕組みを利用することで、複製と増殖を繰り返す。したがって、ウイルスと細胞との相互作用を知ることは、ウイルスの病原性や宿主への適応戦略のみならず、宿主側の防御反応を明らかにすることにつながる。私たちの研究室では、ウイルスと生物とのつながりの本質を明らかにし、”ウイルスとは何か”という命題に答えを出すことを目標に研究を進めている。また、ウイルス性疾患の克服を目指した研究開発も行っている。

研究・教育について

 現在の主な研究対象は、RNAを遺伝情報として持ち、核内で複製を行うボルナウイルスとインフルエンザウイルスである。ボルナウイルス研究では、その神経病原性と細胞核での感染メカニズムについて解析を行っている。同時に、ヒトのゲノムで発見された内在性ボルナウイルス配列(EBLN)の機能と進化的意義について研究を行っている。また、ボルナウイルスの特性を活かして、中枢神経系への持続的な遺伝子導入を可能にする新規ウイルスベクターの開発も進めている。インフルエンザウイルス研究では、感染による細胞側の変化を調べることで、細胞内で爆発的に増殖するインフルエンザウイルスに対して、宿主がどのような防御反応を示すのかについて明らかにしている。
本研究室はウイルス研究所に所属しており、医学研究科および生命科学研究科からの大学院生を受け入れてその教育に当たっている。大学院生には研究室のテーマの中から独自の研究プロジェクトを与え、スタッフの指導により独立した研究者として活躍できるよう指導を行っている。

r-097-1写真1:ボルナウイルス感染神経細胞。細胞核(青)にドット状のウイルス複製場(緑)が形成される。
r-097-2写真2. ボルナウイルスのP遺伝子を発現するトランスジェニックマウス(P-Tg)の小脳病変。P-Tg小脳(右)では、緑に染色されるプルキンエ細胞の脱落が観察される。


研究業績

1. Matsumoto Y, Hayashi Y, Omori H, Honda T, Daito T, Horie M, Ikuta K, Fujino K, Nakamura S, Schneider U, Chase J, Yoshimori T, Schwemmle M and Tomonaga K. Bornavirus closely associates and segregates with host chromosomes to ensure persistent intranuclear infection. Cell Host Microbe 11:492-503 (2012)
2. Daito T, Fujino K, Honda T, Matsumoto Y, Watanabe Y and Tomonaga K. A novel Borna disease virus vector system that stably expresses foreign proteins from an intercistronic noncoding region. J. Virol. 85: 12170-12178 (2011)
3. Honda T, Fujino K, Okuzaki D, Ohtaki N, Matsumoto Y, Horie M, Daito T, Itoh M and Tomonaga K. Upregulation of insulin-like growth factor binding protein 3 in astrocytes of transgenic mice that express Borna disease virus phosphoprotein. J. Virol. 85: 4567-4571 (2011)
4. Horie M, Honda T, Suzuki Y, Kobayashi Y, Daito T, Oshida T, Ikuta K, Jern P, Gojobori T, Coffin JM and Tomonaga K. Endogenous non-retroviral RNA virus elements in mammalian genomes. Nature 463:84-87 (2010)
5. Watanabe Y, Ohtaki N, Hayashi Y, Ikuta K and Tomonaga K. Autogenous translational regulation of the Borna disease virus negative control factor X from polycistronic mRNA using host RNA helicases. PLoS Pathog. 5:e1000654 (2009)

研究室

教授 朝長 啓造
准教授 土方 誠
助教 本田知之
TEL 075-751-3997
FAX 075-751-4000
e-mail: tomonaga@virus.kyoto-u.ac.jp
URL:https://t.rnavirus.virus.kyoto-u.ac.jp/