免疫分子機構学

kao
教 授  杉田 昌彦
Masahiko Sugita, M.D., Ph.D. Professor btn

免疫系が認識する抗原は、実はタンパク質だけではありません。最近の研究から、微生物やがん細胞が産生する「脂質」に対して特異的に応答する免疫システムの存在が明らかになってきました。私たちの研究室では、免疫学的、細胞生物学的、また生化学的な手法を駆使して、この新しい免疫システムの全容を解明し、感染症やがんの診断法の確立や「脂質ワクチン」の開発を目指した研究を展開しています。バックグランドを問わず、免疫学の新しいパラダイムの確立とその医学応用に興味を持つ若者を歓迎しています。

研究・教育について

私(杉田)が大学院生だった頃(1980年代後半)は、タンパク質に特異的な免疫応答の分子機構の解明が飛躍的に進んだ時期でした。タンパク質断片であるペプチドがMHC分子と結合した複合体の結晶構造やそれを認識するT細胞抗原受容体の遺伝子構造がセンセーショナルに発表され、免疫の最大の特長である抗原特異性の分子基盤がすべて解明された感がありました。私は、それらの研究を目の当たりにして、免疫の神秘が解き明かされてゆく感動を覚えるとともに、臨床内科医として素朴な疑問を感じていました。「免疫系が特異的に認識する抗原は、タンパク質だけなのだろうか?」と。カンピロバクターと呼ばれる細菌に感染すると、糖脂質に対する免疫応答が起こります。全身性エリテマトーデスという自己免疫病では、核酸に対する自己抗体が産生されます。つまり、私たちの免疫系は、脂質や核酸に対しても特異的に応答する機構を有していると考えられますが、その詳細なメカニズムは不明でした。このような背景から、私たちの研究室では、微生物やがん細胞が産生する脂質に対して特異的に応答する免疫システムの解明と、それを利用した脂質ワクチンの開発を進めています。

r-096-1研究室メンバー集合写真

研究業績

1. Morita D, Yamamoto Y, Suzuki J, Mori N, Igarashi T, Sugita M. (2013) Molecular requirements for T cell recognition of N-myristoylated peptides derived from the simian immunodeficiency virus Nef protein. J. Virol. 87: 482-488.

2. Morita D, Hattori Y, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M. (2013) Major T cell response to a mycolyl glycolipid is mediated by CD1c molecules in rhesus macaque monkeys. Infect. Immun. 81: 311-316.

3. Kobayashi C, Shiina T, Tokioka A, Hattori Y, Komori T, Kobayashi-Miura M, Takizawa T, Takahara K, Inaba K, Inoko H, Takeya M, Dranoff G, Sugita M. GM-CSF-independent CD1a expression in epidermal Langerhans cells: evidence from human CD1A genome-transgenic mice. (2012) J. Invest. Dermatol. 132: 241-244.

4. Morita D, Igarashi T, Horiike M, Mori N, Sugita M. (2011) Cutting edge: T cells monitor N-myristoylation of the Nef protein in simian immunodeficiency virus-infected monkeys. J. Immunol. 187: 608-612.

5. Komori T, Nakamura T, Matsunaga I, Morita D, Hattori Y, Kuwata H, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M. A microbial glycolipid functions as a new class of target antigen for delayed-type hypersensitivity. (2011) J. Biol. Chem. 286: 16800-16806.

研究室

教授 杉田 昌彦
助教 森田 大輔
TEL 075-751-4029
FAX 075-752-3232
e-mail msugita@virus.kyoto-u.ac.jp
URL http://www.virus.kyoto-u.ac.jp/Lab/SugitaLab.html