晩発効果研究部門(DNA損傷シグナル研究)

kao

教授 高田 穣
Minoru Takata, M.D., Ph.D. Professor  btn

あらゆる細胞のゲノムは、(1)外因性(放射線や化学物質など)、(2)内因性(複製ストレスや代謝産物など)の攻撃にさらされている。一方、ゲノムを複製し、次世代への遺伝情報の伝達が正確に行われることが細胞機能の基盤として必須である。免疫系の細胞であろうが、iPS細胞であろうが、例外はない。我々の研究室は、ヒト遺伝病における遺伝子欠損病態に着目し、基礎生命科学的視点と医学的視点の両面から、DNA損傷からゲノムを守る分子メカニズムの解明を目指している。

研究・教育について

我々の研究課題は、「ゲノム損傷ストレスへの生体防御応答シグナル伝達の解明」である。特に、発がんに伴う複製ストレス、内因性代謝産物によるDNA損傷を重視している。着目する病態は、まれな遺伝性小児血液疾患の「ファンコニ貧血」(FA)と関連する「家族性乳がん」などである。FAは、生下時の奇形、進行性の再生不良性貧血(造血幹細胞不全)、白血病や固形がんなどの発生を特徴とする。FAの18におよぶ原因遺伝子の構成するシグナル伝達系は、相同組換えなどのDNA代謝活性の動員を複製ストレスの場で調節し、発がん、遺伝病などの発生におけるゲノム不安定性を抑制する。患者サンプルの解析を通じた新規FA遺伝子の同定、ゲノム不安定性症候群の病態解析、染色体脆弱部位をはじめとする非コードDNA領域の安定化機構、低頻度ゲノム切断への細胞応答などにも取り組んでいる。大学院生には、(1)新規遺伝子の同定にむけたスクリーニングと、(2)遺伝学的な解析による機能解明を柱として、当該分野の最先端を目指した各自のプロジェクトにとりくむことを念頭に指導を行っている。

Slider

ファンコニ貧血のキー分子FANCD2とDNA末端処理ヌクレアーゼCtIPの会合を
Proximal ligation assayで検出した

r-079-2

研究室集合写真 (2011年)


研究業績

1.Mutations in the Gene Encoding the E2 Conjugating Enzyme UBE2T Cause Fanconi Anemia. Hira A, Yoshida K, Sato K, Okuno Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Shimamoto A, Tahara H, Ito E, Kojima S, Kurumizaka H, Ogawa S, Takata M, Yabe H, Yabe M. Am J Hum Genet. 2015 Jun 4;96(6):1001-7. doi: 10.1016/j.ajhg.2015.04.022.PMID: 26046368
2.Ishii, K., Ishiai, M., Morimoto, H., Kanatsu-Shinohara, M., Niwa, O., Takata, M. and Shinohara, T. The Trp53-Trp53lip1-Tnfrs10b pathway regulates radiation response of mouse spermatogonial stem cells. Stem Cell Reports, 3(4), 676-689, 2014.
3.FANCD2 binds CtIP and regulates DNA-end resection during DNA interstrand crosslink repair. Unno J, Itaya A, Taoka M, Sato K, Tomida J, Sakai W, Sugasawa K, Ishiai M, Ikura T, Isobe T, Kurumizaka H, Takata M. Cell Rep. 2014 May 22;7(4):1039-47. doi: 10.1016/j.celrep.2014.04.005. Epub 2014 May 1.
4.Variant ALDH2 is associated with accelerated progression of bone marrow failure in Japanese Fanconi anemia patients. Hira A, Yabe H, Yoshida K, Okuno Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Nakamura J, Kojima S, Ogawa S, Matsuo K, Takata M, Yabe M. Blood. 2013 Oct 31;122(18):3206-9. doi: 10.1182/blood-2013-06-507962.
5.A novel interplay between the Fanconi anemia core complex and ATR-ATRIP kinase during DNA cross-link repair. Tomida J, Itaya A, Shigechi T, Unno J, Uchida E, Ikura M, Masuda Y, Matsuda S, Adachi J, Kobayashi M, Meetei AR, Maehara Y, Yamamoto K, Kamiya K, Matsuura A, Matsuda T, Ikura T, Ishiai M, Takata M. Nucleic Acids Res. 2013 Aug;41(14):6930-41.

研究室

教授 高田 穣
准教授 石合正道
Tel: 075-753-7563
FAX:075-753-7564
E-mail: mtakata@house.rbc.kyoto-u.ac.jp
URL:http://house.rbc.kyoto-u.ac.jp/Late_Effect/Japanese_site/Welcome.html