放射線システム生物学研究部門(ゲノム維持機構研究)

kao教 授:松本 智裕
Tomohiro Matsumoto Ph.D. Professor  btn

生命の設計図ともいえる染色体DNAは、細胞が倍加する際には正確に複製された後、均等に娘細胞に分配されなければなりません。不均等な分配により生成す る染色体数が多い細胞、あるいは少ない細胞(これらを異数体とよぶ)が子孫に継承されると、ダウン症などの遺伝病の原因になると考えられています。また、 異数体は癌の発病、また進行に強い影響をもつことが知られています。我々は、染色体の均等分配に必要なメカニズムについて酵母・ヒト培養細胞を材料として 研究しています。

研究・教育について

細胞周期には、生命の自己複製のために必要な一連の生命反応が秩序正しくプログラムされています。とりわけ、細胞周期の特異的なステージのみでおこり、し かも各周期で必ず一回だけおこる反応(例えば、DNA複製や染色体分配)の多くは、先立つ反応が完了しないかぎり開始しないように制御されています。 チェックポイントと総称される負のフィードバック調節系が後続の反応の開始を阻害していると考えられています。染色体が均等に分配されるためには、染色体 動原体における紡錘糸の接続完了に引き続き、姉妹染色分体の解離が起こることが重要なルールです。我々の主な研究対象であるスピンドルチェックポイント は、このルールが遵守されるよう染色体の分配装置を調節することが主な機能です。このチェックポイントは、染色体動原体が感知する紡錘糸の接触、あるいは 張力といった物理的シグナルを変換・増幅し姉妹染色分体の解離の時期を制御する極めてユニークな負のフィードバック調節系です。我々は、 この負のフィードバック系で活躍するタンパク質について、その活性調節のメカニズムの解明を目指しています。r-077-1

有糸分裂後期開始直後の姉妹染色分体の分離。染色体(赤)と紡錘糸(緑)を蛍光染色した。r-077-2

有糸分裂初期におけるMad2の分布。核膜(赤)、Mad2(緑)さらに染色体DNA(青)を蛍光染色した。


研究業績

1.Horikoshi Y, Habu T, Matsumoto T. An E2 enzyme Ubc11 is required for ubiquitination of Slp1/Cdc20 and spindle checkpoint silencing in fission yeast. Cell Cycle. 12:961-71 (2013)
2.Ito D, Saito Y, Matsumoto T. Centromere-tethered Mps1 pombe homolog (Mph1) kinase is a sufficient marker for recruitment of the spindle checkpoint protein Bub1, but not Mad1. Proc Natl Acad Sci U S A. 109:209-14 (2012).
3.Iimori M, Ozaki K, Chikashige Y, Habu T, Hiraoka Y, Maki T, Hayashi I, Obuse C, Matsumoto T. A mutation of the fission yeast EB1 overcomes negative regulation by phosphorylation and stabilizes microtubules. Exp Cell Res. 318:262-75 (2012).
4.Habu, T., Kim, S. H., Weinstein, J., and Matsumoto, T. Identification of a MAD2-binding protein, Cmt2, and its role in mitosis. EMBO J. 21, 6419-6428 (2002).
5.Kim, S. H., Lin, D. P., Matsumoto, S., Kitazono, A. and Matsumoto, T. Fission yeast Slp1: An effector of the Mad2-dependent spindle checkpoint. Science 279, 1045-1047 (1998).

研究室

教 授:松本 智裕
講 師:古谷 寛治
TEL:075-753-7552
FAX:075-753-7564
e-mail:tmatsumo@house.rbc.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.rbc.kyoto-u.ac.jp/