標的治療腫瘍学

石黒 洋

がん細胞の特定のターゲットに働く分子標的治療薬の臨床開発が急速に進み、多くの治療薬が臨床応用されるようになった一方で、個々の患者に適切な薬剤はどれなのか(Right drug)、患者毎に最適な用量(Right dose)、治療薬が有効な患者と期待できない患者をどう見分けるのか(Right patient)等、解明すべき課題は多く残っている。当講座では、臨床試験等で得られた効果や副作用等の臨床情報と組織・血液標本等から得られた分子生物学的解析情報を網羅的に評価・解析し、これらの解明に努めていく。

研究・教育について

抗悪性腫瘍薬は複雑な臨床薬理学的プロファイルを持っている。安全性と有効性を両立できるよう、がん薬物療法専門医など臨床腫瘍領域の専門医取得を積極的にサポートする。がん薬物療法の教育外来では、指導医のバックアップ下に実際の外来診療に責任(感)を持って従事し、患者に最良の医療を提供する準備をすることで患者から多くの知見を学ぶ。患者や医療スタッフとのコミュニケーションスキルに関してもその場でフィードバックが得られる。標準治療は熟知・実践した上で、更なるClinical Questionに対し疫学研究や臨床試験を自ら考案し実践する。高度医療、医師主導および製薬企業主導(国際共同)治験や早期開発治験などをOn the job trainingとして経験し、自らが臨床開発を主導できるような人材を育成する。
近年、癌細胞増殖の分子生物学的メカニズムの解析に基づいた新たな分子標的治療薬が開発され、癌の治療成績は改善している。一方、固形癌を構成する癌間質細胞が癌の進展をサポートすることも明らかになってきた。当講座では、癌微小環境における癌・間質反応の基礎的な研究から新たな標的治療を見出す研究も進めている。

長栄さま11.10その4
 

研究業績

  1. Iwaisako K, Jiang C, Zhang M, Cong M, Moore-Morris TJ, Park TJ, Liu X, Xu J, Wang P, Paik YH, Meng F, Asagiri M, Murray LA, Hofmann AF, Iida T, Glass CK, Brenner DA, Kisseleva T. Origin of myofibroblasts in the fibrotic liver in mice. PNAS. 111(32):E3297-305, 2014.
  2. Niikura N, Odisio BC, Tokuda Y, Symmans FW, Hortobagyi GN, Ueno NT. Latest biopsy approach for suspected metastases in patients with breast cancer. Nat Rev Clin Oncol. 10(12):711-9, 2013
  3. Ishiguro H, Toi M.Colony-Stimulating Factors for Febrile Neutropenia. N Engl J Med. 369(3):284-6, 2013
  4. Niikura N, Liu J, Hayashi N, Mittendorf EA, Gong Y, Palla SL, Tokuda Y, Gonzalez-Angulo AM, Hortobagyi GN, Ueno NT. Loss of human epidermal growth factor receptor 2 (HER2) expression in metastatic sites of HER2-overexpressing primary breast tumors. J Clin Oncol. 30(6):593-9, 2012.
  5. Hirota T, Lee JW, St John PC, Sawa M, Iwaisako K, Noguchi T, Pongsawakul PY, Sonntag T, Welsh DK, Brenner DA, Doyle FJ 3rd, Schultz PG, Kay SA. Identification of small molecule activators of cryptochrome. Science. 337(6098):1094-7, 2012.

研究室

特定准教授 石黒 洋
特定講師 祝迫 惠子
特定助教 新倉 直樹
客員研究員 佐治 重衡 (福島県立医科大学 腫瘍内科学講座/主任教授)
TEL   075-751-4950
FAX  075-751-4951
e-mail 060hcs@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp