呼吸管理睡眠制御学

kao
陳 和夫
Kazuo Chin (Hwa Boo Jin), M.D., Ph.D. Professor

呼吸管理睡眠制御学講座は生体の生存に重要な血液ガスを覚醒・睡眠を問わず24時間、至適に制御することを目指しています。低酸素をひとつのキーワードとして研究範囲はARDSに代表される難治性急性呼吸不全から、脳心血管障害を中心としたNon-Communicable Diseases(NCDs)全般に大きな影響を与える睡眠時無呼吸を中心とする睡眠障害の様々な病態まで多方面に及びます。睡眠時を含めた難治性呼吸不全病態を多方面から解析し、病態の制御と臨床症状の改善をめざす新治療法の開発も目指しています。

研究・教育について

ガス交換、換気力学、呼吸調節などの肺生理学的理論を基盤として、全身臓器が病態増悪時に問題となる低酸素血症・高二酸化炭素血症などの血液ガス異常の病態生理的解析と制御を目指し、既存の治療法の最大限の利用と新たな治療法の研究、開発を行っています。様々な病態で生じる呼吸困難、睡眠障害により生じる日中の過度の眠気などの臨床症状を肺生理学的パラメーター、分子生物遺伝子学的手法などを介して解析を行い、臨床症状と病態生理を結びつけ、新治療法の開発を目指しています。具体的には、1)酸素、マスク、挿管人工呼吸の呼吸管理法の相互利用の有効性確立と教育を行い(図1)、全身病態の呼吸管理に卓越した人材の育成を目指しています。2)睡眠医療の実践と教育を行っています。3)低酸素血症および低酸素の影響を持続的・間歇的低酸素と分離して臨床的に、遺伝子改変マウスも含めた動物実験および分子生物学的に解析することにより、睡眠障害がNCDs全般に与える影響の解析を目指しています(図2)。病態生理学的パラメーターと臨床病態の解析を関連部署の協力を頂き行い、ARDS、肺線維症を始めとする難治性肺疾患の新治療法の開発を目指します。

r-072-1
r-072-2

研究業績

1.Harada Y, Chihara Y, Azuma M, Murase K, Toyama Y, Yoshimura C, Oga T, Nakamura H, Mishima M, Chin K, and Japan Respiratory Failure Group. Obesity hypoventilation syndrome in Japan and independent determinants of arterial carbon dioxide levels. Respirology 2014; 19; 1233-1240.
2.Murase K, Tabara Y, Takahashi Y, Muro S, Yamada R, Setoh K, Kawaguchi T, Kadotani H, Kosugi S, Sekine A, Nakayama T, Mishima M, Chiba T, Chin K,  Matsuda F, on behalf of the Nagahama Study Group. Gastroesophageal reflux disease symptoms and dietary behaviors are significant correlates of short sleep duration in the general population: The Nagahama Study. Sleep 2014; 37:1809-1815.
3.Chihara Y, Chin K, Aritake K, Harada Y, Toyama Y, Murase K, Yoshimura C,Hitomi T, Oga T, Mishima M, Urade Y. A urine biomarker for severe OSA:  Lipocaline-Type prostaglandin D synthase. Eur Respir J 2013; 42:1563-74
4.Toyama Y, Chin K, Chihara Y, Takegami M, Takahashi K, Sumi K, Nakamura T, Nakaya-Ashida Y, Minami I, Horita S, Oka Y, Wakamura T, Fukuhara S, Mishima M. Association between sleep apnea, sleep duration and serum lipid profile in an urban male working population in Japan Chest 2013; 143:720-8.
5.Murase K, Chihara Y, Takahashi K, Okamoto S, Segawa H, Fukuda K, Tanaka K, Uemoto S, Mishima M, Chin K. The use of noninvasive ventilation for pediatric patients following liver transplantation: Decrease in the need for reintubation. Liver Transplantation 2012;18:1217-25

研究室

特定教授 :陳 和夫
特定准教授 :小賀 徹
特定助教 :井内 盛遠 ・ 谷澤 公伸
TEL :075-751-3852
FAX :075-751-3854
e-mail :kokyusui@kuhp.kyoto-u.ac.jp