薬剤学

kao
教 授  松原 和夫
Kazuo Matsubara, Ph.D. Professor  btn

当研究室の目標は、効率的で安心かつ質の高い医療に貢献するため、医薬品適正使用や薬剤業務の科学的基盤を構築することにあります。我々はこれまで、薬物の体内動態は医薬品の有効性・安全性と密接に関連すると考え、薬物動態制御因子である薬物トランスポータに焦点を当てた基礎研究及び臨床研究を展開してきました(図1)。また最近では、抗がん剤による副作用発現メカニズムの解明とそれに基づく臨床応用を目指し研究を進めています(図2)。

研究・教育について

我々は「医薬品の体内動態と薬効・毒性に関する基礎と臨床」をテーマとし、小腸、腎臓、肝臓などに発現する薬物トランスポータの機能解明、個別化薬物療法の確立など、薬物動態学の見地から一貫して医薬品適正使用を目指した研究を行っています。また、生体肝移植患者における免疫抑制剤タクロリムスの個別化投与設計にも貢献しています。小腸においてタクロリムスの吸収障壁となっているP-糖蛋白質/MDR1発現量は、術直後のタクロリムス投与設計のための有用なバイオマーカーになることや、術後の拒絶反応の危険因子になりうることを示しました。最近では、癌化学療法における個別化投与設計についても研究を展開し、効果や安全性を向上させることを目指しています。さらに、神経化学分野においてパーキンソン病治療薬の適正使用を目指した研究も行っております。研究の主な担い手は、医学研究科・薬学研究科の大学院生や研究生でありますが、臨床業務に携わる薬剤師と連携し臨床応用を目指した研究テーマに取り組んでいます。

薬剤学画像

図1:薬物トランスポータ研究~from bench to bedside

図2:抗がん剤の副作用に関するリバーストランスレーショナルリサーチ


研究業績

  1. Otani Y, Yonezawa A, Tsuda M, Imai S, Ikemi Y, Nakagawa S, Omura T, Nakagawa T, Yano I, Matsubara K: Time-Dependent Structural Alteration of Rituximab Analyzed by LC/TOF-MS after a Systemic Administration to Rats. PLoS One: 12(1):e0169588 (2017).
  2. So K, Tei Y, Zhao M, Miyake T, Hiyama H, Shirakawa H, Imai S, Mori Y, Nakagawa T, Matsubara K, Kaneko S: Hypoxia-induced sensitization of TRPA1 in painful dysesthesia evoked by transient hindlimb ischemia/reperfusion in mice. Sci Rep 6: 23261 (2016)
  3. Imai S, Ikegami D, Yamashita A, Shimizu T, Narita M, Niikura K, Furuya M, Kobayashi Y, Miyashita K, Okutsu D, Kato A, Nakamura A, Araki A, Omi K, Nakamura M, James Okano H, Okano H, Ando T, Takeshima H, Ushijima T, Kuzumaki N, Suzuki T, Narita M: Epigenetic transcriptional activation of monocyte chemotactic protein 3 contributes to long-lasting neuropathic pain. Brain, 136: 828-843 (2013)
  4. Nishihara K, Masuda S, Shinke H, Ozawa A, Ichimura T, Yonezawa A, Nakagawa S, Inui K, Bonventre JV, Matsubara K: Urinary chemokine (C-C motif) ligand 2 (monocyte chemotactic protein-1) as a tubular injury marker for early detection of cisplatin-induced nephrotoxicity. Biochem Pharmacol, 85: 570-582 (2013)
  5. Omura T, Asari M, Yamamoto J, Kamiyama N, Oka K, Hoshina C, Maseda C, Awaya T, Tasaki Y, Shiono H, Shimizu K, Matsubara K. HRD1 levels increased by zonisamide prevented cell death and caspase-3 activation caused by endoplasmic reticulum stress in SH-SY5Y cells. J Mol Neurosci, 46: 527-535 (2012)

研究室

教授:松原 和夫
准教授:中川 貴之
講師:今井 哲司
助教:大村 友博・中川 俊作
特定助教:大谷 祐基
TEL:075-751-3577
FAX:075-751-4207
e-mail:kmatsuba@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~yakuzai/main.htm