医療情報学

黒田先生顔写真教授 黒田知宏
Tomohiro Kuroda, Ph.D. Professor  btn

医療情報学は、医学と医療の有効性と効率性を支える情報学的知識の獲得と情報技術の開発を目指すとともに、人の社会的活動である医療を情報の生成・伝達・変換・蓄積・利用という切り口から紐解くことを目指す学問領域です。
情報革命の嵐の只中で、現実的な問題意識を持ち、興味のアンテナを高く掲げて、情報化時代の新たな医療・医学の姿をともに紡ぎ出すこと目指す方々を待っています。

研究・教育について

本教室では、実際の臨床現場を舞台に、情報基盤を創り、活きた臨床情報を解析し、獲得知識を用いた実用的な情報支援を実現し、これらの活動を通して得られた知見に基づいて社会・制度の将来像を検討することで、情報化時代の新たな医療の姿を紡ぎ出すことを目指しています。この目標の下、ユビキタス病院情報システム、遠隔医療情報システム、臨床疫学支援情報システム等のシステム開発、病院経営分析、臨床疫学情報分析、医療画像処理などのデータ分析、病院経営シミュレーション、VR技術の医学教育適用、診療・手術支援などの情報支援など、情報と医療が接する全ての領域で幅広く最先端の研究を実施しています。
本教室は、医学部情報教育に責任を持つとともに、医学研究科および情報学研究科の外国人留学生を含む多くの大学院生を受け入れています。また、関西一円を中心に、世界各国の医学・医療系、情報系、工学系の多くの大学・研究機関との継続的な共同研究、病院や地域医療現場等を対象とした社会的応用研究等を通じて、常に異分野・異文化の人々と向き合いながら研究に取り組む環境を提供し、これからの医療情報技術を支えるのに必要な、盤石の基礎力、柔軟な応用力、高い対話力を持った人材の育成を進めています。

医療情報ユビキタス外来患者案内システム

医療情報学講座写真2015年OB会


研究業績

  1. Takeo Nakayama, Yuichi Imanaka, Yasushi Okuno, Genta Kato, Tomohiro Kuroda, Rei Goto, Shiro Tanaka, Hiroshi Tamura, Shunichi Fukuhara, Shingo Fukuma, Manabu Muto, Motoko Yanagita, Yosuke Yamamoto: Analysis of the Evidence-practice Gap to Facilitate Proper Medical Care for the Elderly: Investigation, using Databases, of Utilization Measures for National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan (NDB). Environmental Health and Preventive Medicine (2017/06/06) DOI: 10.1186/s12199-017-0644-5.
  2. Kana Eguchi, Masayuki Nambu, Kazuo Ueshima, Tomohiro Kuroda: Prototyping of Smart Wearable Socks for Periodic Limb Movement Home Monitoring System. Journal of Fiber Science and Technology, vol.73, no.11, pp.284-293 (2017/11/28) DOI: 10.2115/fiberst.2017-0043
  3. Shusuke Hiragi, Hiroyuki Yamada, Tatsuo Tsukamoto, Kazuki Yoshida, Naoya Kondo, Takeshi Matsubara, Motoko Yanagita, Hiroshi Tamura, Tomohiro Kuroda: Acetaminophen Administration and the Risk of Acute Kidney Injury: a Self-Controlled Case Series Study. Clinical Epidemiology, vol.10, pp.265-276 (2018/03/06) DOI: 10.2147/CLEP.S158110
  4. Kazuya Okamoto, Toshio Uchiyama, Tadamasa Takemura, Naoto Kume, Tomohiro Kuroda, Hiroyuki Yoshihara: Automatic Selection of Diagnosis Procedure Combination Codes Based on Partial Treatment Data Relative to the Number of Hospitalization Days. European Journal for Biomedical Informatics, vol.14, no.1, pp.34-40
  5. 杉山治, 小林弘明, 石田匠, 高瀬和彦, 黒田知宏: IoTビックデータ利活用のためのME機器データ収集基盤開発の試み. 医療情報学, vol.37, Suppl, pp.901-902 (2017/11/23) 大阪.

研究室

教授 : 黒田 知宏
特定教授 : 南部 雅幸(先制医療・生活習慣病センター )、田村 寛(国際高等教育院)
准教授 :岡本 和也・加藤 源太(診療報酬センター)
特定講師 : 佐々木 博史・山本 豪志朗・大坪 徹也・杉山 治(先制医療・生活習慣病センター )
助教 : 平木 秀輔・大寺 祥佑
研究員:黒田 佑輝
TEL : 075-366-7701
FAX : 075-366-7704
e-mail : medinfoq@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL : http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~mi/mi/?language=ja