精神医学

kao
教 授 村井 俊哉
Toshiya Murai Professor , M.D., btn

京都大学の精神科神経科は、1902年9月に開設されて以降、時代時代の要請に応じて、日本における精神医学臨床・研究の中心的役割を担ってきました。とりわけ、精神病理学、神経心理学、児童・思春期精神医学、司法精神医学、神経病理学、てんかん学は、当教室が大きな足跡を残した専門領域です。臨床研究に力点を置くこのような伝統を引き継ぎながら、神経画像技術など新規の研究手法も柔軟に取り入れ、私たちは、精神医学の臨床・研究・教育のすべてにおいて最良の教室であることを常に目指し続けています。

研究・教育について

神経生物学アプローチと心理社会的アプローチを柔軟に採用して、精神疾患の病態の多面的な理解と治療を目指しています。神経画像グループでは、各種のMRI画像法を用いて、精神疾患、その症状、心理機能と関連する形態学的・機能的特徴の検出を試みています。精神病理学グループは、摂食障害、解離性障害、生体臓器移植患者などを対象として、病態把握や治療論、心理的支援についての研究を行っています。神経心理グループは、脳外科やリハビリテーション部門の作業療法士とも協力し、外傷性脳損傷や脳血管障害の後遺症状としての高次脳機能障害の診療・研究を行っています。児童精神医学グループは、診断・評価法の開発、認知特性と病態との関連の研究など、臨床に直結したテーマに焦点を当てた研究を行っています。司法精神医学グループは、豊富な精神鑑定の経験をもとにして、刑事責任能力、民事行為能力等の研究を行っています。当教室の最大の特徴は、これらの様々な研究グループが垣根をつくらず、その相互作用の中から、高い診療実績、優れた研究成果、最良の教育機会を生み出しているところにあります。

r-060-1①視床・前頭葉線維と前頭葉皮質の描出(JAMA Psychiatryより)

r-060-2②精神科神経科棟


研究業績

  1. Kubota M, Miyata J, Sasamoto A, Yoshida H, Kawada R, Fujimoto S, Tanaka Y, Sawamoto N, Fukuyama H, Takahashi H, Murai T. Thalamocortical disconnection within the orbitofrontal region associated with cortical thinning in schizophrenia. JAMA Psychiatry70:12-21, 2013.
  2. Fujino J, Yamasaki N, Miyata J, Kawada R, Sasaki H, Matsukawa N, Takemura A, Ono M, Tei S, Takahashi H, Aso T, Fukuyama H, Murai T. Altered brain response to others’ pain in major depressive disorder. Journal of Affective Disorders. 165:170-5. 2014..
  3. Tsurumi K, Kawada R, Yokoyama N, Sugihara G, Sawamoto N, Aso T, Fukuyama H, Murai T, Takahashi H. Insular activation during reward anticipation reflects duration of illness in abstinent pathological gamblers. Frontiers in Psychology, section Decision Neuroscience, 2014 Sep 9;5:1013.
  4. Isobe M, Tanigaki K, Murak K, Miyata J, Takemura A, Sugihara G, Takahashi H, Aso T, Fukuyama H, Hazama M, Murai T. Polymorphism within a neuronal activity-dependent enhancer of NgR1 is associated with corpus callosum morphology in humans. Molecular Neuropsychiatry 1: 105-115, 2015.
  5. Ubukata S, Ueda K, Sugihara G, Yassin W, Aso T, Fukuyama H, Murai T. Corpus callosum pathology as a potential surrogate marker of cognitive impairments in diffuse axonal injury. Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences, in press.

研究室

教授: 村井俊哉
准教授: 高橋英彦
講師: 野間俊一・宮田淳
院内講師: 杉原玄一
助教: 諏訪太朗・上田敬太・挾間雅章・杉田尚子・川岸久也・梁瀬まや・松本有紀子・鶴身孝介(デイ・ケア診療部)
TEL: 075-751-3386
FAX: 075-751-3246
e-mail: kyopsy@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL: http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~psychiat/