脳神経外科学

kao
教 授 宮本 享
Susumu Miyamoto, M.D., Ph.D. Professor  btn

脳神経外科学は、神経科学の飛躍的な進歩に伴って、脳・脊髄・末梢神経の血管系・神経系疾患の診断・治療を中心とした神経科学の一分野として発展してきました。本教室の特徴は、臨床現場での科学的研究の実践、サイエンスを基盤とする革新的治療法の開発、臨床試験の計画・実施による新たなエビデンスの確立であります。他の基幹講座との共同研究も積極的に行い、その成果を臨床応用に導入しています。これらの科学的なアプローチにより、脳血管障害、脳腫瘍、神経再生、機能的脳神経外科の分野で先進的な知識、技量をもった脳神経外科医の育成を目指しています。

研究・教育について

臨床研究では、全国規模臨床治験の中心的役割を担い、世界レベルのエビデンスを発信しています。基礎研究では、もやもや病、脳動脈瘤、動脈硬化、神経膠腫、小児脳腫瘍、下垂体腫瘍の分子メカニズムに注目し解析を進めています。がん免疫療法、新規生体材料の開発も行っています。高磁場MRI、MEG(脳磁計)を用いた脳機能イメージング法の開発、術中脳機能マッピング・モニタリングの開発・応用も行っています。iPS研究所と共同でES細胞、iPS細胞を用いた神経細胞の誘導やパーキンソン病、脳梗塞に対する再生治療の開発にも力を入れております。ロボットリハビリテーション治療開発にも重点を置いています。
本教室と関連施設で研修プログラムを作成し、広い視野を持った脳神経外科医を育成します。豊富な臨床経験とマイクロサージェリーや脳血管内治療に必要となる技術を早期に習得し、臨床医としての実践力を身につけます。各エキスパートの在籍する関連施設で指導を受けることで幅広い知識と臨床能力を獲得できます。大学院では、各専門領域で先端的な研究に従事しながら、特色ある臨床現場も学べる体制を整えています。国内留学、海外留学も盛んで、国内外の脳神経外科医が研修在籍することも多くあり、幅広い人的交流が可能です。

 

r-060-1① A:Maximum flow reduction (MFR) strategy、B:ウイルス(緑)感染腫瘍細胞の非感染腫瘍細胞追撃、C:ESからの神経細胞誘導

②2016年教室メンバー集合写真


研究業績

  1. Miyamoto S, Yoshimoto T, Hashimoto N, Okada Y, Tsuji I, Tominaga T, Nakagawara J, Takahashi JC; JAM Trial Investigators. Effects of extracranial-intracranial bypass for patients with hemorrhagic moyamoya disease: results of the Japan Adult Moyamoya Trial. Stroke. 45(5):1415-21, 2014.
  2. Yamao Y, Matsumoto R, Kunieda T, Arakawa Y, Kobayashi K, Usami K, Shibata S, Kikuchi T, Sawamoto N, Mikuni N, Ikeda A, Fukuyama H, Miyamoto S. Intraoperative dorsal language network mapping by using single-pulse electrical stimulation. Human Brain Mapping. 35(9):4345-61, 2014
  3. Hirata, E., Yukinaga, H., Kamioka, Y., Arakawa, Y., Miyamoto, S., Okada, T., Sahai, E., Matsuda, M. In vivo fluorescence resonance energy transfer imaging reveals differential activation of Rho-family gtpases in glioblastoma cell invasion. Journal of Cell Science, 125 (4), pp. 858-868, 2012.
  4. Yoshida K, Kurosaki Y, Funaki T, Kikuchi T, Ishii A, Takahashi JC, Takagi Y, Yamagata S, Miyamoto S. Surgical dissection of the internal carotid artery under flow control by proximal vessel clamping reduces embolic infarcts during carotid endarterectomy. World Neurosurger. 82(1-2):e229-34, 2014.
  5. Doi D, Samata B, Katsukawa M, Kikuchi T, Morizane A, Ono Y, Sekiguchi K, Nakagawa M, Parmar M, Takahashi J. Isolation of human induced pluripotent stem cell-derived dopaminergic progenitors by cell sorting for successful transplantation. Stem Cell Reports. 6;2(3):337-50, 2014.

研究室

教 授 : 宮本享
准教授 : 高木康志
講 師 : 吉田和道・石井暁
特定講師 : 荒川芳輝
助 教 : 菊池隆幸・武信洋平・舟木健史・峰晴陽平・小松克也
特定助教 : 丹治正大・山尾幸広
TEL : 075-751-3459
FAX : 075-752-9501
e-mail : miy@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL : http://neurosur.kuhp.kyoto-u.ac.jp/