臨床神経学

kao
教 授 高橋 良輔
Ryosuke Takahashi, M.D. Ph.D.Professor  btn

超高齢社会の到来と共に認知症・神経難病が増加し、大きな社会問題となっています。神経内科はこれらに立ち向かう使命を担っています。当教室が目指すのは1) 神経内科疾患の患者に最良の医療を提供すること、2)パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患、アルツハイマー病などの認知症、難治てんかんなどに対して、神経科学的手法で病態を解明し、新たな治療法・予防法を開発すること、3)医学部臨床実習、卒後臨床研修、研究指導などそれぞれのレベルでの教育を通して次世代の指導的神経内科医を養成することです。

研究・教育について

当教室には3つの主な研究部門があります。
神経病理学部門では、剖検脳のブレインカッティングやCPCを実施し、疾患脳の免疫組織化学・生化学的検討を行っています。また、神経変性疾患や認知症を対象として、遺伝子操作動物や疾患モデル動物を用いた研究、ヒトのin vivo imagingを応用した研究を進めています。
分子生物学部門では、疾患モデルの作製によって、神経変性疾患の病態解明と治療法創成を目指しています。異常蛋白質の蓄積が、家族性パーキンソン病と家族性筋萎縮性側索硬化症に共通する病因メカニズムであるとの仮説に基づき、孤発性の疾患も含めた予防・治療法開発に取り組んでいます。
神経生理学部門は、システム神経科学的アプローチというマクロ的見地から、中枢神経系の病態とそれに関わる正常機能を明らかにすることを目的としています。神経生理学的手法・機能イメージングにより、難治てんかん、運動異常症、言語機能の解明を推進しています。
教育面では、医学部の卒後臨床研修教育、ならびに医学研究科学生の実地研修を指導しています。

r-059-2神経内科病棟メンバー2012

r-059-1ドパミン神経におけるPINK1とMiroの相互作用


研究業績

1.PINK1 and Parkin complementarily protect dopaminergic neurons in vertebrates. Matsui H, Gavinio R, Asano T, Uemura N, Ito H, Taniguchi Y, Kobayashi Y, Maki T, Shen J, Takeda S, Uemura K, Yamakado H, Takahashi R. Hum Mol Genet. 2013 in press.
2.Motor neuron-specific disruption of proteasomes, but not autophagy, replicates amyotrophic lateral sclerosis. Tashiro Y, Urushitani M, Inoue H, Koike M, Uchiyama Y, Komatsu M, Tanaka K, Yamazaki M, Abe M, Misawa H, Sakimura K, Ito H, Takahashi R. J Biol Chem. 2012;287:42984-94.
3.Clinicopathologic study on an ALS family with a heterozygous E478G optineurin mutation. Ito H, Nakamura M, Komure O, Ayaki T, Wate R, Maruyama H, Nakamura Y, Fujita K, Kaneko S, Okamoto Y, Ihara M, Konishi T, Ogasawara K, Hirano A, Kusaka H, Kaji R, Takahashi R, Kawakami H. Acta Neuropathol. 2011;122:223-9.
4.Ictal wideband ECoG: Direct comparison between ictal slow shifts and high frequency oscillations. Imamura H, Matsumoto R, Inouchi M, Matsuhashi M, Mikuni N, Takahashi R, Ikeda A. Clin Neurophysiol. 2011;122:1500-4.
5.Parieto-frontal network in humans studied by cortico-cortical evoked potential. Matsumoto R, Nair DR, Ikeda A, Fumuro T, Lapresto E, Mikuni N, Bingaman W, Miyamoto S, Fukuyama H, Takahashi R, Najm I, Shibasaki H, Luders HO. Hum Brain Mapp. 2012;33:2856-72.

研究室

教 授:高橋 良輔
准教授:池田 昭夫
講 師:松本 理器
助 教:植村 健吾、澤本 伸克、山下 博史、山門 穂高、北村 彰浩
TEL 075-751-4397
FAX 075-761-9780
e-mail neuroofc@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~neurology/