口腔外科学

教 授 別所 和久
Kazuhisa Bessho, D.D.S., D.M.Sc.Professor  btn

口腔と歯、顎顔面の形態と機能、病態を研究し、治療を進めるための臨床講座である。その最終目標は、優れた先端的研究に支えられた先進的医療を実践し、研究成果を広く国民に還元することにある。そのため、歯科口腔外科臨床に成果がフィードバックできる研究、または基礎的研究であってもその成果を理解し、臨床医学に還元出来るテーマについて研究を進めている。研究領域は基礎、臨床医学に加えて歯科医学的手法、生体材料を用いる工学的手法を用いて幅広い分野を対象としている。

研究・教育について

骨形成因子関連の研究では、BMP発現アデノウイルスベクターやエレクトロポレーション、超音波を利用したBMP発現プラスミドベクターでの遺伝子導入に成功を収め、有用な骨再生方法を開発した。また、歯髄幹細胞等の体性幹細胞やヒトiPS細胞の骨・軟骨  組織への安定 した分化系を確立した。さらに顎変形症の発症メカニズムの解明のため、顎顔面形態への内軟骨性骨化の重要性についての研究を行っている。歯牙形成過程において、特に歯数の制御に着目し、USAG-1、C/EBPβ欠損マウスなどのモデルマウスを用いて歯数を制御するメカニズムを遺伝子レベルで明らかにすべく解析を行っている。将来的には、その分子メカニズムを利用した歯の再生治療の確立を目指している。生体材料を利用した骨再建に関連した研究や、工学部や、企業と共同して新しい診断装置、手術器具、人工歯根に関する研究開発を行っている。オーラルヘルスと全身疾患との関係についての研究 では、口腔疾患と循環器疾患やメタボ リックシンドロームなどの全身疾患と関係を明らかにするだけでなく、口腔疾患にかかわる遺伝的因子 や環境因子を同定するため前向きコホート研究や患者対照研究を行っている。

r-057-1①超音波遺伝子導入法を用いた骨誘導実験


研究業績

  1. Asai, K., Yamori, M., Yamazaki, T., Nakano-Araki, I., Yamaguchi, A., Takahashi, K., Sekine, A., Matsuda, F., Kosugi, S., Nakayama, T. and Bessho, K. Tooth loss and atherosclerosis: The Nagahama study. J Dent Res, 94, 52S-58S, 2015
  2. Kiso, H., Takahashi, K., Saito, K., Togo, Y., Tsukamoto, H., Huang, B., Sugai, M., Shimizu, A., Tabata, Y., Economides, AN., Slavkin, HC., Bessho, K.. Interactions between BMP-7 and USAG-1 (uterine sensitization-associated gene-1) regulate supernumerary organ formations. PLoS ONE. 9, e96938, 2014
  3. Yamazaki, T., Yamori, M., Tanaka, S., Yamamoto, K., Sumi, E., Nishimoto, M., Asai, K., Takahashi, K., Nakayama, T. and Bessho, K. Risk factors and indices of osteomyelitis of the jaw in osteoporosis patients: Results from a hospital-based cohort study in Japan. PLoS ONE. 8, e79376, 2013
  4. Nakao K, Okubo Y, Yasoda A, Koyama N, Osawa K, Isobe Y, Kondo E, Fujii T, Miura M, Nakao K, Bessho K. The effects of C-type natriuretic peptide on craniofacial skeletogenesis. J Dent Res. 92, 58-64, 2013
  5. Koyama N, Miura M, Nakao K, Kondo E, Fujii T, Taura D, Kanamoto N, Sone M, Yasoda A, Arai H, Bessho K, Nakao K. “Human Induced Pluripotent Stem Cells Differentiated into Chondrogenic Lineage Via Generation of Mesenchymal Progenitor Cells”. Stem Cells Dev. 2013 Jan 1;22(1):102-13

 研究室

教授 : 別所 和久
准教授 : 高橋 克
講師 : 園部 純也・山口 昭彦
助教 : 中尾 一祐・浅井 啓太・三島 清香
電話 : 075-751-3401
FAX : 075-761-9732
e-mail : oralsecr@kuhp.kyoto-u.ac.jp