整形外科学

kao
教 授 松田 秀一
Shuichi Matsuda, M.D., Ph.D.Professor  btn

整形外科学
整形外科は生まれてから亡くなるまでのすべての運動器の疾患や外傷による損傷の治療を行っています。膝関節や肩関節の痛みや腰痛は一生のうちほとんどの方が経験し、大腿骨や脊椎の骨折はお年寄りが寝たきりになる原因の第2位となっています。運動機能障害を克服することは、患者さん個人の生活の質を向上させるだけでなく、患者さんの社会参加、社会貢献を可能にし、介護という社会負担を減らすことにより、社会全体の利益となります。私達整形外科医は、人々が終生健やかに身体を動かすことができる社会の実現を目指しています。


研究・教育について

 筋骨格に関するさまざまな専門グループによる臨床的・基礎的研究が精力的に行われています。
骨格形成/機能制御グループでは、骨格形成における分子生物学、生化学的解析手法を用いた網羅的、体系的な遺伝子および蛋白質の発現機能解析を行っています。生体材料グループでは、手術等で生体内に埋め込まれる材料の研究開発を行い、多くの医療用材料を世に送り出してきました。バイオメカニクス研究グループではコンピュータシミュレーション等の技術を駆使して新しい人工膝関節の開発や脊椎のバイオメカニクス研究を行なっています。
腫瘍研究グループでは、骨肉腫などの骨軟部腫瘍が発生する分子メカニズムの解明と治療への応用を目指して研究に取り組んでいます。iPS細胞研究所と共同で、骨再生に向けた研究も推進しています。
骨軟骨代謝、リウマチグループでは変形性関節症や関節リウマチにおける関節破壊の防止や骨軟骨の再生についての研究と、新しい診断法、治療法の開発・臨床応用を他の研究施設と共同で行っています。
末梢神経グループでは、従来困難とされてきた末梢神経の再生に関する実験を行い、神経の変性・損傷に対する治療に役立てようとしています。

 整形外科1

人工膝関節置換術におけるコンピュータシミュレーション


研究業績

  1. Ikeguchi R, Kakinoki R, Ohta S, Oda H, Yurie H, Kaizawa Y, Mitsui H, Aoyama T, Toguchida J, Matsuda S. Recipient bone marrow-derived stromal cells prolong graft survival in a rat hind limb allotransplantation model. Microsurgery. 2017; 37(6):632-640.
  2. Kuriyama S, Ishikawa M, Nakamura S, Furu M, Ito H, Matsuda S. Noise Generation With Good Range of Motion but Without Femorotibial Instability Has Small Effect on Patient Satisfaction After Total Knee Arthroplasty. J Arthroplasty. 2017; 32(2):407-412.
  3. Murata K, Fang C, Terao C, Giannopoulou EG, Lee YJ, Lee MJ, Mun SH, Bae S, Qiao Y, Yuan R, Furu M, Ito H, Ohmura K, Matsuda S, Mimori T, Matsuda F, Park-Min KH, Ivashkiv LB. Hypoxia-Sensitive COMMD1 Integrates Signaling and Cellular Metabolism in Human Macrophages and Suppresses Osteoclastogenesis. Immunity. 2017; 47(1):66-79 e5.
  4. Okuzu Y, Goto K, Kawata T, So K, Kuroda Y, Matsuda S. The Relationship Between Subluxation Percentage of the Femoroacetabular Joint and Acetabular Width in Asian Women with Developmental Dysplasia of the Hip. J Bone Joint Surg Am. 2017; 99(7):e31.
  5. Shimizu T, Fujibayashi S, Yamaguchi S, Otsuki B, Okuzu Y, Matsushita T, Kokubo T, Matsuda S. In vivo experimental study of anterior cervical fusion using bioactive polyetheretherketone in a canine model. PLoS One. 2017; 12(9):e0184495.

研究室

教 授 : 松田秀一
准教授 : 伊藤宣
講 師 : 坂本昭夫・太田壮一
助 教 : 大槻文悟・栗山新一・新井隆三・黒田隆・谷田司明(特定病院助教)・河井利之(特定病院助教)
[運動器機能再建学講座(寄附講座)]
特定教授 : 藤林俊介
特定講師 : 後藤公志
特定助教 : 中村伸一郎
[リウマチ性疾患先進医療学講座(寄附講座)]
特定助教 : 西谷江平・村田浩一
[臨床総合研究センター 疾患iPS細胞応用プロジェクト]
准教授 : 岡本健
[リハビリテーション科・部]
准教授 : 池口良輔
URL : http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~seikeigeka/