耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

大森先生顔写真 教 授 大森 孝一
Koichi Omori, M.D., Ph.D. Professor btn

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は頭頸部全域の広範囲な疾患を扱います。研究対象も多岐にわたりますが、中心となるのは聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚などの感覚器と、呼吸、嚥下、発声など生命機能やコミュニケーションにかかわる機能です。当科では、再生医学を用いた内耳感覚細胞再生や鼓膜再生、内耳へのDDSなど内耳性難聴の治療に積極的に取り組んでいます。喉頭・気管については、人工気管を用いた再建の多施設医師主導治験を実施し、実用化を進めています。新たにiPS細胞から気道線毛上皮や軟骨を再生させる研究や、声帯層構造の再生技術開発に取り組んでいます。独創的な発想や自由な討論を大切にしています。

研究・教育について

■ 内耳再生研究グループ
哺乳類の内耳は障害されると聴覚や平衡覚は生涯にわたり機能回復しません。このため、多くの患者さんが感音難聴や平衡障害に悩まされており、新たな治療法の開発が期待されています。
我々は内耳の機能的な再生を目標に、内耳発生や内耳疾患の解明と新規内耳疾患治療法の開発を行っています。成長因子IGF1の内耳性難聴への応用、iPS細胞の内耳構成細胞への効率的な誘導方法の開発と内耳障害の機序の解明、単一細胞レベルでの内耳発生、再生メカニズムの解明などに取り組んでいます。

Netrin1は内耳有毛細胞の保護効果を示す(業績2)

■ 頭頸部再生研究グループ
頭頸部の外傷や術後の組織欠損は、整容的・機能的にQOLを大きく損ないます。我々は組織工学に基づき喉頭・気管の再生研究を行っています。

気管再生については、ポリプロピレンとコラーゲンスポンジからなる人工気管を開発し臨床応用し、2017年から医師主導治験を実施し実用化をめざしています。また、気管上皮の線毛機能や平面内細胞極性(業績3)の解析を行っています。

ポリプロピレンとコラーゲンスポンジからなる人工気管

喉頭再生については、声帯上皮創傷治癒の解析(業績4)や声帯層構造の再生技術開発に取り組み、さらに、最新の3Dプリンティング技術を利用した喉頭の組織再生研究を行っています。

研究業績

  1. Miyoshi T, Yamaguchi T, Ogita K, Tanaka Y, Ishibashi KI, Ito H, Kobayashi T, Nakagawa T, Ito J, Omori K, Yamamoto N.: Quantitative Analysis of Aquaporin Expression Levels during the Development and Maturation of the Inner Ear. J Assoc Res Otolaryngol. 2017 Apr;18(2):247-261.
  2. Yamahara K., Nakagawa T., Ito J., et al.: Netrin 1 mediates protective effects exerted by insulin-like growth factor 1 on cochlear hair cells. Neuropharmacology 119: 26-39, 2017.
  3. Tsuji T, Nakamura R, Katsuno T, Kishimoto Y, Suehiro A, Yamashita M, Uozumi R, Nakamura T, Tateya I, Omori K : Long-term preservation of planar cell polarity in reversed tracheal epithelium. Respir Res. 2018 Feb 2;19(1):22
  4. Suzuki R, Katsuno T, Kishimoto Y, Nakamura R, Mizuta M, Suehiro A, Yamashita M, Nakamura T, Tateya I, Omori K.: Process of tight junction recovery in the injured vocal fold epithelium: Morphological and paracellular permeability analysis. Laryngoscope. 2018

研究室

教 授:大森 孝一
講 師:中川 隆之・楯谷 一郎・山本 典生
院内講師:北村 守正
助 教:岡野 高之・末廣 篤・菊地 正弘
特定病院助教:岸本 曜・楯谷 智子
TEL :075-751-3346
FAX :075-751-7225
e-mail :inq@ent.kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL :http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~ent/