眼科学

教授 辻川 明孝
Akitaka Tsujikawa,MD,PhD Professor btn

“視覚”という重要な感覚を担う眼球の構造は複雑で精密です。当教室ではそのデリケートな眼球に発症する数々の疾患の病態解明と治療法の開発を目指して研究しています。臨床の場で得られる知見と質の高い研究との真の融合を目指し、研究だけでなく臨床にも真剣に取り組んでいます。もう少し深く眼科疾患を捉えてみたい、考えてみたいという気持ちがあれば参加資格は満たしています。

研究・教育について

視覚に関する全てが研究課題となります。視覚はヒトにとって非常に重要な感覚であり、我々は臨床医としてその機能を保つべく様々な研究を行っています。深い臨床的観察から得られた知識、知見を基に質の高い基礎医学的研究を行うことで臨床医学系研究科としての役割を果たせるよう努力しています。
当教室では特に網脈絡膜疾患研究が盛んで、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症などの主要な疾患の病態解明や幹細胞を使った網膜血管再生、遺伝子治療などの細胞治療の研究、さらに緑内障、網膜色素変性症などの神経変性疾患に対し、これまでにない新しい治療法の開発研究を行っています。また、産学連携プロジェクトとして新世代眼底観察装置の開発・研究も進めてきました。新しい装置を用いて、現在視細胞の可視化や様々な網脈絡疾患の病態解明が進められています。これらの仕事は世界的に高い評価を得ており、一流誌への掲載が多いのも特徴です。
研究、臨床にと大変忙しいですが、徹底した研究活動によって得られる科学的思考、勘、感覚は臨床医としての新境地を開拓できるものと確信しており、事実、当教室ではこれまで多くの優れた人材を輩出しています。

図1 加齢黄斑変性のモデルマウスにてVCP阻害剤の神経保護効果を証明(論文1)

図2 Pachychoroid Geographic Atrophyという疾患概念を提唱(論文5:表紙に掲載)


研究業績

  1. Muraoka Y, Iida Y, Ikeda HO, Iwai S, Hata M, Iwata T, Nakayama M, Shimozawa N, Katakai Y, Kakizuka A, Yoshimura N, Tsujikawa A. KUS121, an ATP regulator, mitigates chorioretinal pathologies in animal models of age-related macular degeneration. Heliyon. 2018;4(5):e00624.
  2. Hosoda Y, Yoshikawa M, Miyake M, Tabara Y, Ahn J, Woo SJ, Honda S, Sakurada Y, Shiragami C, Nakanishi H, Oishi A, Ooto S, Miki A; Nagahama Study Group, Iida T, Iijima H, Nakamura M, Khor CC, Wong TY, Song K, Park KH, Yamada R, Matsuda F, Tsujikawa A, Yamashiro K. CFH and VIPR2 as susceptibility loci in choroidal thickness and pachychoroid disease central serous chorioretinopathy. Proc Natl Acad Sci U S A. 2018;115(24):6261-6266.
  3. Hata M, Ikeda HO, Iwai S, Iida Y, Gotoh N, Asaka I, Ikeda K, Isobe Y, Hori A, Nakagawa S, Yamato S, Arita M, Yoshimura N, Tsujikawa A. Reduction of lipid accumulation rescues Bietti’s crystalline dystrophy phenotypes. Proc Natl Acad Sci U S A. 2018;115(15):3936-3941
  4. Hosoda Y, Yoshikawa M, Miyake M, Tabara Y, Shimada N, Zhao W, Oishi A, Nakanishi H, Hata M, Akagi T, Ooto S, Nagaoka N, Fang Y; Nagahama Study group, Ohno-Matsui K, Cheng CY, Saw SM, Yamada R, Matsuda F, Tsujikawa A, Yamashiro K. CCDC102B confers risk of low vision and blindness in high myopia. Nat Commun. 2018;9(1):1782.
  5. Takahashi A, Ooto S, Yamashiro K, Tamura H, Oishi A, Miyata M, Hata M, Yoshikawa M, Yoshimura N, Tsujikawa A. Pachychoroid geographic atrophy.-clinical and genetic characteristics- Ophthalmology Retina. 2018; 2:295-305.

研究室

准教授 赤木 忠道
講師 大音 壮太郎、村上 智昭
助教 大石 明生・亀田 隆範・宇治 彰人・宮田 学・村岡 勇貴・三宅 正裕・須田 謙史・高橋 綾子
TEL :075-751-3248
FAX :075-752-0933
e-mail :eye@med.kyoto-u.ac.jp
URL :http://www.ophthalmol.kuhp.kyoto-u.ac.jp/