呼吸器外科学

伊達の写真 教授 伊達洋至
Hiroshi Date, M.D., Ph.D. Professor  btn

京都大学呼吸器外科教室は昭和16年に発足し、日本の呼吸器外科学を牽引してきました。臨床部門では、近年増加している肺癌に対しては、胸腔鏡やロボットを駆使した低侵襲手術が標準術式として確立されています。肺移植に関しては、2010年以降、日本で最も多くの肺移植を実施しております。2015年4月現在112例の実施例があり、国内外から多くの見学者が集まっています。当教室から育った呼吸器外科医は、広く西日本を中心に活躍しており、関連病院での手術数は年間7,000例を超え、これは日本全体の約10%に相当します。

研究・教育について

我々の研究室では、肺癌研究、肺移植研究、を大きな研究テーマとしており、気管の再生医学研究も行っています。肺癌研究では、豊富な外科切除組織を利用して予後を規定する因子を検索してきました。特に最近注目されている、EMT(上皮間葉転換)に関する研究を行っています。また、肺癌に関する術前術後療法の臨床的研究と基礎的研究を組み合わせることにより、生物学的指標によるオーダーメード治療の実用化を目指しています。肺移植分野では、当教室が開発したET-Kyoto液の臨床応用が進んでいます。心停止ドナーからの肺移植実現に向けて、ex-vivo lung perfusion model を確立し、長期保存や肺蘇生の研究を行っています。生体肺移植では、自己肺を温存するbilateral native lung sparing lobar transplantation や、右下葉を左肺として移植する inverted lobar lung transplantation に世界で初めて成功しました。教育面では、外科技術のみならず、各種検査手技や手術補助療法の習得にも力を入れ、診断から治療までを総合的に考えることのできる医師の養成を目指しています。

研究写真①肺移植研究 ②免疫研究 ③癌研究 ④再生研究

呼吸器外科スタッフ呼吸器外科スタッフ


研究業績

  1. Date H, Sato M, Aoyama A, Yamada T, Mizota T, Kinoshita H, Handa T, Tanizawa K, Chin K, Minakata K, Chen F. Living-donor lobar lung transplantation provides similar survival to cadaveric lung transplantation even for very ill patients. Eur J Cardiovasc Surg 2014 (Epub ahead of print)
  2. Motoyama H, Chen F, Hijiya K, Kondo T, Ohsumi A, Yamada T, Sato M, Aoyama A, Bando T, Date H. Plasmin administration during ex vivo lung perfusion ameliorates lung ischemia-reperfusion injury. J Heart Lung Transplant 33(10):1093-9, 2014
  3. Sato M, Omasa M, Chen F, Sato T, Sonobe M, Bando T, Date H. Use of virtual assisted lung mapping (VAL-MAP), a bronchoscopic multisport dye-marking technique using virtual images, for precise navigation of thoracoscopic sublobar lung resection. J Thorac Cardiovasc Surg 147(6):1813-9, 2014
  4. Chen F, Oga T, Sakai H, Matsumoto I, Yamada T, Sato M, Aoyama A, Bnado T, Mishima M, Chin K, Date H. A prospective study analyzing one-year multidimensional outcomes in living lung transplant donors. Am J Transplant 13(11):3003-9, 2013
  5. Menju T, Hashimoto S, Hashimoto A, Otsuka Y, Handa H, Ogawa E, Toda Y, Wada H, Date H, Sabe H. Engagement of overexpressed Her2 with GEP100 induced autonomous invasive activities and profiles a biomarker for metastases of lung adenocarcinoma. PLoS One 6(9):e25301, 2011

研究室

教授:伊達洋至
講師:大政 貢、園部 誠、陳 豊史
助教:青山晃博、毛受暁史、土屋恭子、本山秀樹
TEL: 075-751-4975
FAX: 075-751-4974
E-mail: thoracic@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL: http://www.thoracic-kyoto-u.gr.jp/