心臓血管外科学

教授 湊谷 謙司
Kenji Minatoya, M.D., Ph.D. Professor btn

心臓血管外科では成人・小児の循環器疾患全般(先天性・大血管・虚血性・弁膜症・不整脈)に対する外科治療を行います。スタンダードな臨床診療・緊急症例の受け入れを確実に行うとともに、胸腹部大動脈置換・自己弁温存大動脈基部置換などの高難度手術、ステントグラフト、経皮的大動脈弁留置術(TAVI)、植込型補助人工心臓などの最新治療も積極的に行っています。また本学の再生医科学研究所、iPS細胞研究所と連携して外科治療の可能性を高めるための研究を行い、その成果を臨床応用するための探索医療にも力を入れています。

研究・教育について

【研究】重症心不全など、従来の手術では効果が不充分な症例に対する外科治療を開発するための研究を行っています。現在進行中の主なプロジェクトは、iPS細胞由来心筋シートを用いた心不全治療の開発、間葉系幹細胞を用いた人工心肺副作用の抑制実験、micro RNA導入による血管増殖性病変抑制の研究などです。探索医療の分野では重症下肢虚血に対する線維芽細胞増殖因子徐放投与による血管新生療法、iPS細胞由来心筋シートによる心不全治療などの臨床試験を進めています。また、臨床研究として京都大学関連27施設における年間8000件以上の手術データをもとにしたレジストリ研究を行っています。
【教育】京都大学心臓血管外科グループでは、大学病院を含むすべての関連施設で共通の教育システムに則った教育を行っています。各修練医はどの施設に属しても同等の執刀機会が与えられ、各人の到達レベルに基づいて施設間ローテートを行います。さらに定期的なアンケート調査で修練医と修練施設の双方向評価を行い、修練内容と到達度をチェックします。これらの到達レベル判定、人員配置、アンケート調査は独立した人事評価委員会によって行われます。

教室スタッフ

A: ブタ心筋梗塞モデルに対する5層積層化したiPS細胞由来心臓組織シート移植実験
B: ラットを用いた人工心肺モデル


研究業績

    1. Nakane T, Masumoto H, Tinney JP, Yuan F, Kowalski WJ, Ye F, LeBlanc AJ, Sakata R, Yamashita JK, Keller BB. Impact of Cell Composition and Geometry on Human Induced Pluripotent Stem Cells-Derived Engineered Cardiac Tissue. Sci Rep. 2017;7:45641.
    2. Takimoto S, Saito N, Minakata K, Shirai S, Isotani A, Arai Y, Hanyu M, Komiya T, Shimamoto T, Goto T, Fuku Y, Ehara N, Furukawa Y, Koyama T, Nagasawa A, Tamura T, Miyake M, Yamanaka K, Sakaguchi H, Murata K, Onodera T, Yamazaki F, Nakai M, Taniguchi T, Sakata R, Kimura T. Favorable Clinical Outcomes of Transcatheter Aortic Valve Implantation in Japanese Patients - First Report From the Post-Approval K-TAVI Registry. Circ J. 2016;81:103-109.
    3. Matsuo T, Masumoto H, Tajima S, Ikuno T, Katayama S, Minakata K, Ikeda T, Yamamizu K, Tabata Y, Sakata R, Yamashita JK. Efficient long-term survival of cell grafts after myocardial infarction with thick viable cardiac tissue entirely from pluripotent stem cells. Sci Rep. 2015;5:16842.
    4. Masumoto H, Ikuno T, Takeda M, Fukushima H, Marui A, Katayama S, Shimizu T, Ikeda T, Okano T, Sakata R, Yamashita JK. Human iPS cell-engineered cardiac tissue sheets with cardiomyocytes and vascular cells for cardiac regeneration. Sci Rep. 2014;4:6716.
    5. Masumoto H, Matsuo T, Yamamizu K, Uosaki H, Narazaki G, Katayama S, Marui A, Shimizu T, Ikeda T, Okano T, Sakata R, Yamashita JK. Pluripotent stem cell-engineered cell sheets reassembled with defined cardiovascular populations ameliorate reduction in infarct heart function through cardiomyocyte-mediated neovascularization. Stem Cells. 2012;30:1196-205.

研究室

教授: 湊谷 謙司
准教授: 池田 義
講師: 山﨑 和裕
助教: 金光 ひでお、植山 浩二、升本 英利
特定病院助教: 井出 雄二郎、坂本 和久、中津 太郎
TEL: 075-751-3780 又は 3784
FAX: 075-751-3098
e-mail: cvs@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL: http://kyoto-cvs.jp