麻酔科学

kao
教授 福田 和彦
Kazuhiko Fukuda, M.D., Ph.D. Professor btn

現代の麻酔科学は単に手術時の除痛にとどまらず、広く侵襲に対する生体の反応を制御し、生体を管理することにより侵襲から患者を守ることを目標としている。当教室の臨床活動は手術の麻酔、疼痛治療、集中治療の3分野に大別されるが、それぞれ、手術侵襲、疼痛、外傷や炎症などの侵襲から生体を防御し、患者に利益をもたらすことを目指している。これらの生体に対する侵襲を一元的にとらえ、侵襲に対する生体反応の機序を解明するとともに、侵襲に対する過剰な生体反応を制御するような全身管理・治療法を開発することが最大の目標である。

研究・教育について

侵襲に対する生体反応とその機序を明らかにし、制御することが当教室の研究目標である。すでにオピオイド受容体ファミリーに属する4種類の受容体cDNAを単離し、細胞内情報伝達機構を明らかにした。さらに、吸入麻酔薬の作用におけるオピオイド受容体の役割について検討し、亜酸化窒素の鎮痛作用にノシセプチン受容体とκオピオイド受容体が関与することを明らかにした。また現在、麻酔薬の悪性腫瘍に対する影響/中枢神経系への影響、ガス状分子のエネルギー代謝に与える影響、麻酔薬を含む周術期関連因子が血小板機能、血液凝固に及ぼす影響、オピオイド受容体がリガンド特異的に多様なシグナルを生みだす分子機構、など周術期に関する様々な研究テーマに取り組んでいる。

当教室は、学部学生に対する講義と臨床実習を通じて、麻酔科学、集中治療医学、疼痛緩和医療に関する教育を行っている。大学院生は、教官の指導のもとで上記研究に従事している。卒後教育では、初期研修医および麻酔科専門医を目標とする医師に対して、手術に関連する全身管理と重症患者の集中治療、疼痛緩和治療について教育し、専門的知識と技術が得られるように配慮している。

r-048-1図1:オピオイド受容体を介する細胞内情報機構
オピオイド受容体が活性化されると、G蛋白質を介して、アデニル酸シクラーゼの抑制、内向き整流型K+チャネルの活性化、電位依存性Ca2+チャネルの抑制とともに、mitogen-activated protein kinaseを介して遺伝子発現の変化、phospholipase A2の活性化を起こす。

図2:経食道心エコーを用いて心機能評価を行いながら、外科医、看護師、臨床工学技士とコミュニケーションをとり、患者の呼吸、循環、代謝を含めた全身状態の管理を行う。


研究業績

  1. Fukagawa H, Koyama T, Fukuda K κ-Opioid receptor mediates the antinociceptive effect of nitrous oxide in mice
    British Journal of Anaesthesia 2014; 113: 1032-1038
  2. Mizota T, Yamamoto Y, Hamada M, Matsukawa S, Shimizu S, Kai S Intraoperative oliguria predicts acute kidney injury after major abdominal surgery
    British Journal of Anaesthesia 2017; 119: 1127-1134
  3. Tanaka T, Kai S, Koyama T, Daijo H, Adachi T, Fukuda K, Hirota K. General anesthetics inhibit erythropoietin induction under hypoxic conditions in the mouse brain.
    PLoS One. 2011;6(12):e29378.

研究室

教授:福田 和彦
准教授:角山 正博
特定講師:植月 信雄
講師:田中 具治、溝田 敏幸
助教:川本 修司、加藤 果林、瀬尾 英哉、宮井 善三、甲斐 慎一、鈴木 堅悟、清水
覚司、辰巳 健一郎
特定病院助教:山田 瑠美子、濱田 美保、三好 健太郎
TEL:075-751-3433
FAX:075-752-3259
e-mail:kfukuda@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:http://anesthesia.kuhp.kyoto-u.ac.jp