乳腺外科学

教授 戸井雅和
Masakazu Toi M.D. Ph.D Professor btn

日本人女性の乳癌罹患年齢は40歳代後半にそのピークがあります。また近年若年発症乳癌への対応についても国内外で議論が深まっています。当教室では、乳癌に罹った女性が社会的活動や家庭における役割を損なうことなく活躍できるように、また豊かな人生設計を立てることができるように乳癌予防や治療の最適化と低侵襲化、新しい診断方法・治療法の開発、個別化治療のためのシステム構築を目指し、各専門科との連携をとりながら診断から治療まで一貫した次世代型医療を行うための基盤研究を行っています。

研究・教育について

乳癌治療の最適化・個別化・毒性の最小化を目的とし、乳癌生物試料の集積とそれにリンクした臨床情報のデータベース化をもとに、乳癌微小環境におけるゲノム、エピゲノム、免疫応答等を解析し、癌の特性と宿主の条件に応じた治療法選択のためのシステム作りと新しい診療法の開発を目指しています。また、個別化医療では個々の症例レベルで治療効果を予測し、予後予測を行うことが不可欠であり、同時に病態や治療の効果をモニタリングすることが求められます。そのために、より感度・精度の高い予測ツール、モニタリング手法、汎化能力の高い統合型モデルの開発に取り組んでいます。術前薬物療法の開発、新しい局所療法の開発と最適化、光超音波技術の診断応用、新たなバイオマーカー、腫瘍免疫学的マーカーの開発、循環血液中腫瘍細胞分析法の開発、またゲノム、エピゲノム研究からの発癌リスクモデル開発を行っています。
医療人教育においては、学部生、後期修練医、大学院生それぞれの教育を通して、信頼性の高い実地臨床ができる人材、分子腫瘍学に基づき柔軟かつ合理的に新しい治療法を考案して、国際的発信力のある人材の育成を目指しています。

 

IMG_0064-2


研究業績

  1. Real-time navigation system for sentinel lymph node biopsy in breast cancer patients using projection mapping with indocyanine green fluorescence, Masahiro Takada, Megumi Takeuchi, Eiji Suzuki, Fumiaki Sato, Yoshiaki Matsumoto, Masae Torii, Nobuko Kawaguchi-Sakita, Hiroto Nishino, Satoru Seo, Etsuro Hatano, Masakazu Toi, Breast Cancer, 2018 May doi: 10.1007/s12282-018-0868-2. [Epub ahead of print]
  2. Analysis of the microvascular morphology and hemodynamics of breast cancer in mice using SPring-8 synchrotron radiation microangiography.
    Torii M, Fukui T, Inoue M, Kanao S, Umetani K, Shirai M, Inagaki T, Tsuchimochi H, Pearson JT, Toi M. J Synchrotron Radiat. 2017 Sep 1;24(Pt 5):1039-1047. doi: 10.1107/S1600577517008372. Epub 2017 Aug 2.
  3. Downregulation of neuropilin-1 on macrophages modulates antibody-mediated tumoricidal activity.
    Kawaguchi K, Suzuki E, Nishie M, Kii I, Kataoka TR, Hirata M, Inoue M, Pu F, Iwaisako K, Tsuda M, Yamaguchi A, Haga H, Hagiwara M, Toi M. Cancer Immunol Immunother. 2017 Apr 21. doi: 10.1007/s00262-017-2002-2. [Epub ahead of print]
  4. Visualization of tumor-related blood vessels in human breast by photoacoustic imaging system with a hemispherical detector array
    Masakazu Toi, Yasufumi Asao, Yoshiaki Matsumoto, Hiroyuki Sekiguchi, Aya Yoshikawa, Masahiro Takada, Masako Kataoka, Takaaki Endo, Nobuko Kawaguchi, Masahiro Kawashima, Elham Fakhrejahani, Shotaro Kanao, Iku Yamaga, Yoshie Nakayama, Mariko Tokiwa, Masae Torii, Takayuki Yagi, Takaki Sakurai, Kaori Togashi, Tsuyoshi Shiina. 2017 Feb 7;7:41970.
  5. Serum immunoglobulin G Fc region N-glycosylation profiling by matrix-assisted laser desorption/ionization mass spectrometry can distinguish breast cancer patients from cancer-free controls.
    Kawaguchi-Sakita N, Kaneshiro-Nakagawa K, Kawashima M, Sugimoto M, Tokiwa M, Suzuki E, Kajihara S, Fujita Y, Iwamoto S, Tanaka K, Toi M.
    Biochem Biophys Res Commun. 2016 Jan 22;469(4):1140-5.

研究室

教授: 戸井雅和
准教授: 鈴木栄治
助教: 髙田正泰、川島雅央
特定助教: 鳥井雅恵、松本純明、伊東潤二
特定病院助教: 川口展子
医員: 西江万梨子
医師: 吉川伊津美、津田萌、古武剛、仙田典子、清水華子、波々伯部絵里
TEL: 075-751-3660
FAX: 075-751-3616
E-mail: nyusen@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL: http://www.brca.jp/