肝胆膵・移植外科学

教授 上本 伸二
Shinji Uemoto M.D., Ph.D. Professor btn

当科は肝臓、胆道、膵臓の悪性および良性疾患を対象として、外科手術と癌の集学的治療を行っています。進行癌に対しても、これまでに培った手術手技と研究成果に裏打ちされた基盤の上に手術適応の拡大に取り組んでいます。一方、腹腔鏡手術を積極的に導入し、低侵襲治療をめざしています。特徴は末期肝疾患や肝臓癌に対しての肝移植治療であり、肝移植の分野では国内外のリーダーとして、大きな成果を上げています。臨床へのフィードバックを念頭においた研究と手術修練により、明日をリードする外科医を育成することを目指しています。

研究・教育について

肝胆膵領域のoncologyと再生・移植医療の分野において、研究を行っています。肝癌の発癌、進展に関する研究、PETの治療方針への応用、拡大肝切除に伴う肝不全の克服のための大動物実験、化学療法性肝障害の機序と対策など臨床応用に向けた研究や肝硬変や肝移植後に伴う肝線維化の機序に関する研究を行っています。肝疾患領域での再生医療実現を目指して、ES細胞、iPS細胞、肝幹細胞、肝前駆細胞を利用した分化誘導や細胞移植研究を推進しています。肝癌・膵癌における癌幹細胞の同定解析を進めています。膵島移植では臨床での実践と膵島分離、保存および移植法の開発を行っています。移植外科では、異種動物の肝構築をscaffoldとして肝細胞をhumanのものに置換する“キメラ肝臓”の開発や、種々の肝障害抑制や肝再生促進効果を有する間葉系幹細胞移植の臨床応用、さらには周術期門脈圧制御戦略の構築、免疫寛容機序解明、Machine perfusionによる臓器保存などの新たなる肝灌流保存法の開発なども行っています。

(図)脱細胞化肝臓を用いた肝臓再生
肝実質細胞と内皮細胞による再細胞化肝臓の肉眼像と組織像。矢頭は脱細胞化肝臓の血管腔に生着した内皮細胞を示す。(Am J Transplant. 2018 in press)


研究業績

  1. Preoperative platelet count is associated with increased risk of posthepatectomy grade A liver failure in right lobe donors for liver transplantation. Yoshino K, Taura K, Ikeno Y, Okuda Y, Nishio T, Yamamoto G, Seo S, Yagi S, Hata K, Kaido T, Okajima H, Uemoto S. Liver Transpl. 2018 Apr 20. doi: 10.1002/lt.25181.
  2. CAAT/enhancer binding protein-homologous protein deficiency attenuates liver ischemia/reperfusion injury in mice. Wada S, Hatano E, Yoh T, Nakamura N, Okuda Y, Okuno M, Kasai Y, Iwaisako K, Seo S, Taura K, Uemoto S. Liver Transpl. 2018 May;24(5):645-654. doi: 10.1002/lt.25053. Epub 2018 Apr 16.
  3. Establishment of practical recellularized liver graft for blood perfusion using primary rat hepatocytes and liver sinusoidal endothelial cells. Kojima H, Yasuchika K, Fukumitsu K, Ishii T, Ogiso S, Miyauchi Y, Yamaoka R, Kawai T, Katayama H, Yoshitoshi-Uebayashi EY, Kita S, Yasuda K, Sasaki N, Komori J, Uemoto S. Am J Transplant. 2018 Jan 16. doi: 10.1111/ajt.14666. [Epub ahead of print]
  4. A High Portal Venous Pressure Gradient Increases Gut-Related Bacteremia and Consequent Early Mortality After Living Donor Liver Transplantation. Yao S, Yagi S, Uozumi R, Iida T, Nagao M, Okamura Y, Anazawa T, Okajima H, Kaido T, Uemoto S.
  5. A Prospective Study of Intensity-modified Radiation Therapy in Comparison with Conventional 3D-RT for BR Pancreatic Cancer Patients with Arterial Involvement. Masui T, Takaori K, Anazawa T, Sato A, Nakano K, Uchida Y, Yogo A, Goto Y, Matsumoto S, Kodama Y, Kanai M, Isoda H, Mizumoto M, Kawaguchi Y, Shibuya K, Itasaka S, Uemoto S. Anticancer Res. 2017 Dec;37(12):7023-7030.

研究室

教 授 : 上本 伸二
准教授 : 高折 恭一・海道 利実(臓器移植医療部)・岡島 英明(肝胆膵・移植外科、小児外科)
講 師 : 田浦 康二朗・増井 俊彦・八木 真太郎
助 教 :秦 浩一郎・瀬尾 智・加茂 直子・伊藤 孝司・石井 隆道・福光 剣・穴澤 貴行・小木曽 聡
TEL :075-751-3651
FAX :075-751-3106
e-mail :uemoto@kuhp.kyoto-u.ac.jp