肝胆膵・移植外科学

kao
教授 上本 伸二 Shinji Uemoto M.D., Ph.D. Professor

当科は肝臓、胆道、膵臓の悪性および良性疾患を対象として、外科手術と癌の集学的治療を行っています。進行癌に対しても、これまでに培った手術手技と研究成果に裏打ちされた基盤の上に手術適応の拡大に取り組んでいます。一方、腹腔鏡手術を積極的に導入し、低侵襲治療をめざしています。特徴は末期肝疾患や肝臓癌に対しての肝移植治療であり、肝移植の分野では国内外のリーダーとして、大きな成果を上げています。臨床へのフィードバックを念頭においた研究と手術修練により、明日をリードする外科医を育成することを目指しています。

研究・教育について

肝胆膵領域のoncologyと再生・移植医療の分野において、多様な専門家の指導のもとに研究を行っています。肝癌の発癌、進展に関する研究、PETの治療方針への応用、拡大肝切除に伴う肝不全の克服のための大動物実験、化学療法性肝障害の機序と対策など臨床応用に向けた研究や肝硬変や肝移植後に伴う肝線維化の機序に関する研究を行っています。肝疾患領域での再生医療実現を目指して、ES細胞、iPS細胞、肝幹細胞、肝前駆細胞を利用した分化誘導や細胞移植研究を推進しています。肝癌・膵癌における癌幹細胞の同定解析を進めています。膵癌の治療成績改善を目指して、膵癌の前駆病変であるPanINに関する国際共同研究を進めています。膵島移植では臨床での実践と膵島分離、保存および移植法の開発を行っています。移植外科では、異種動物の肝構築をscaffoldとして肝細胞をhumanのものに置換する“キメラ肝臓”の開発や、種々の肝障害抑制や肝再生促進効果を有する間葉系幹細胞移植の臨床応用、さらには周術期門脈圧制御戦略の構築、制御性 T-cellを用いた免疫寛容機序解明、新たなる肝灌流保存法の開発とNOやCO等Gas Biologyの臓器保存への応用等研究内容は多岐に渡ります。大学院生には、臨床の現場での先端医療の習得や、海外留学も積極的に支援し、終了後の教育・研究職や臨床の第一線で活躍をめざします。

移植SOX9 と CD44 の正常膵(A–D), IPMN (E–H), PDAC (I–L)における発現
抗SOX9抗体は赤色、 抗CD44抗体は緑色、 Hoechst核染色は青色で示す。 D, H, L はそれぞれ、C, G, Kのインセットの拡大像である。D,H,Lでは核染色は行っていない。矢印は, SOX9とCD44 が同一細胞に発現されていることを示す。(Pancreas. 2014;43:7-14)

r-046-2膵島移植風景


研究業績

1.Expression of SOX9 in intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas. Meng F, Takaori K, Ito T, Masui T, Kawaguchi M, Kawaguchi Y, Uemoto S. Pancreas. 2014;43(1):7-14.
2.Impact of Hepatic Steatosis on Disease-Free Survival in Patients with Non-B Non-C Hepatocellular Carcinoma Undergoing Hepatic Resection. Nishio T, Hatano E, Sakurai T, Taura K, Okuno M, Kasai Y, Seo S, Yasuchika K, Mori A, Kaido T, Uemoto S. Ann Surg Oncol. 2015;22(7):2226-34.
3.Luminal injection of hydrogen-rich solution attenuates intestinal ischemia-reperfusion injury in rats. Shigeta T, Sakamoto S, Li XK, Cai S, Liu C, Kurokawa R, Nakazawa A, Kasahara M, Uemoto S. Transplantation. 2015;99(3):500-7.
4.Advantage of tacrolimus/mycophenolate mofetil regimen for cytotoxic T cell-mediated defence and its inhibition by additive steroid administration in high-risk liver transplant recipients. Uemoto S, Ozawa K, Kaido T, Mori A, Fujimoto Y. Clin Exp Immunol. 2016;184(1):126-36
5.How far can we lower graft-to-recipient weight ratio for living donor liver transplantation under modulation of portal venous pressure? Uemura T, Wada S, Kaido T, Mori A, Ogura Y, Yagi S, Fujimoto Y, Ogawa K, Hata K, Yoshizawa A, Okajima H, Uemoto S. Surgery. 2016;159(6):1623-30

研究室

教 授 : 上本 伸二
准教授 : 高折 恭一(リーディングプログラム低侵襲治療学)・海道 利実(臓器移植医療部)・岡島 英明(肝胆膵・移植外科、小児外科)
講 師 : 田浦 康二朗・安近 健太郎
助 教 : 増井 俊彦・秦 浩一郎・瀬尾 智・加茂 直子・八木 真太郎・吉澤 淳(小児外科)・石井 隆道・福光 剣・伊藤 達雄・穴澤 貴行
TEL :075-751-3651
FAX :075-751-3106
e-mail :uemoto@kuhp.kyoto-u.ac.jp