消化管外科学

kao
教授 坂井 義治
Yoshiharu Sakai, M.D., Ph.D. Professor btn

当分野では消化管癌(食道癌、胃癌、大腸癌)や消化管間質腫瘍(GIST)などの悪性疾患、および炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)やアカラシアなどの良性疾患の臨床・研究・教育を行っています。内視鏡手術ばかりでなくロボット支援手術の導入により、従来の開腹・開胸手術と比較して体壁破壊の減少と、より高い手術精度による侵襲度の低減が可能となりました。手術治療ばかりでなく、癌の分子生物学的研究や臨床研究から得られた知見をもとに、個人に応じた副作用の少ない集学的治療を選択し治療成績の向上を目指しています。

研究・教育について

主な研究テーマは以下の通りです。1)癌の診断・治療を目的とする分子生物学的研究や幹細胞研究、2)手術にともなう消化管機能障害の生理学的研究、3)外科解剖の理解を助ける新たなイメージング法を用いた形態学的研究、4)内視鏡手術、ロボット支援手術のための新たな手術法・器機の開発、5)消化管手術に関する多施設共同臨床試験の立案と遂行。内視鏡手術やロボット支援手術の導入により、これまでの外科解剖の認識が大きく変わりました。光学系の更なる進歩と新たなイメージング法による詳細な生体解剖の理解は、さらなる機能温存術式の確立や手術教育・習得の迅速化に貢献することになります。また癌の転移機構や癌幹細胞の特性を究明することは、新たな分子・細胞標的薬の開発ばかりでなく、有効な薬剤を選択と副作用の回避に繋がります。このような新たな術式はアウトカム試験(臨床研究)で評価する必要があります。以上の研究は京都大学医学研究科内ばかりでなく学外の研究機関と共同して進めています。


研究業績

  1. Metabolic alterations caused by KRAS mutations in colorectal cancer contribute to cell adaptation to glutamine-depletion by upregulation of asparagine synthetase. Neoplasia. (2016)
  2. Loss of SMAD4 Promotes Lung Metastasis of Colorectal Cancer by Accumulation of CCR1+ Tumor-associated Neutrophils through CCL15-CCR1 Axis. Clin Cancer Res (2016)
  3. PTEN loss is associated with a poor response to trastuzumab in HER2-overexpressing gastroesophageal denocarcinoma. Gastric Cancer (2016)
  4. Impact of hospital volume on risk-adjusted mortality following oesophagectomy in Japan.Br J Surg (2016)
  5. The Role of Periodic Serum CA19-9 Test in Surveillance After Colorectal Cancer Surgery. Int J Clin Oncol (2016)

研究室

教 授:坂井 義治
准教授:小濵 和貴
講 師:河田 健二・角田 茂・肥田 侯矢(院内講師)
助 教:久森 重夫・吉冨 摩美・橋本 恭一・稲本 将・渡邉 武志
TEL:075-751-3650
FAX:075-751-3219
e-mail:ysakai@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:http://gisurg.kuhp.kyoto-u.ac.jp/