放射線腫瘍学・画像応用治療学

溝脇先生 教授 溝脇 尚志
Takashi Mizowaki, M.D., Ph.D. Professor btn

国民病とも言える悪性腫瘍の根絶に向け、革新的な放射線治療技術の開発を行っている。分子生物学的な研究としては、実験検体および臨床検体中のDNA、RNA、タンパクなどを解析して、放射線治療抵抗性の原因究明とその克服法を開発している。物理工学の研究では強度変調放射線治療(IMRT)および定位放射線治療を推進するとともに、体内の動きに対応するための四次元放射線治療を新たに開始した。これらのアプローチを融合した標的治療の開発に興味のある医師、生物学者、物理工学者の参加を歓迎する。

研究・教育について

■生物学的アプローチによる研究

生体内レドックス、免疫担当細胞、腫瘍内低酸素と放射線治療効果との関連を培養細胞・動物モデル・臨床検体を用いて検証し、新たな治療ターゲットの同定を目標としている。京大がん細胞生物学分野と低酸素などの特殊な微小環境下のがん細胞のメカニズムに関する共同研究、また京大複合原子力科学研究所とホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の共同基礎研究も行っている。

■放射線物理学的アプローチによる研究

腫瘍に放射線を集中する物理工学的アプローチとして高精度治療の基礎研究を行っている。動体追尾照射等の4次元放射線治療やDynamic WaveArcといった革新的照射技術、およびその治療計画、品質管理手法の開発を進めている。今後は物理学的技術に分子生物学的アプローチを応用し、分子レベルで腫瘍標的を追跡する放射線治療を目指している。

■臨床研究

生物学および物理学研究から得られた知見を臨床展開することを目標とする。高精度放射線治療を手術や化学療法と組み合わせる集学的治療に関する臨床研究を積極的に行っている。対象は全身の臓器で、転移性脳腫瘍、肺癌、乳癌、食道癌、膵臓癌、前立腺癌、直腸癌などが含まれる。

 

血管内レドックスバランスの破綻により、肺に生じた好中球細胞外トラップ(NETs)は、循環腫瘍細胞を捕獲し、肺転移を促進する(緑:NETs、赤:循環腫瘍細胞)

r-042-2共同開発した高精度画像誘導放射線治療装置(Vero4DRT)を用いた動体追尾照射


研究業績

  1. Hirashima H, Nakamura M, Miyabe Y, Uto M, Nakamura K, Mizowaki T. Monitoring of mechanical errors and their dosimetric impact throughout the course of non-coplanar continuous volumetric-modulated arc therapy. Radiation Oncology, 13, 27, 2018.
  2. Ono T, Miyabe Y, Takahashi K, Akimoto M, Mukumoto N, Ishihara Y, Nakamura M, Mizowaki T, Hiraoka M. Geometric and dosimetric accuracy of dynamic tumor tracking during volumetric-modulated arc therapy using a gimbal mounted linac. Radiother Oncol., in press, 2017.
  3. Goto Y, Zeng L, Yeom CJ, Zhu Y, Morinibu A, Shinomiya K, Kobayashi M, Hirota K, Itasaka S, Yoshimura M, Tanimoto K, Torii M, Sowa T, Menju T, Sonobe M, Kakeya H, Toi M, Date H, Hammond EM, Hiraoka M, Harada H. UCHL1 provides diagnostic and antimetastatic strategies due to its deubiquitinating effect on HIF-1alpha. Nature Communications, 6, 6153, 2015.
  4. Iizuka Y, Matsuo Y, Ishihara Y, Akimoto M, Tanabe H, Takayama K, Ueki N, Yokota K, Mizowaki T, Kokubo M, Hiraoka M. Dynamic tumor-tracking radiotherapy with real-time monitoring for liver tumors using a gimbal mounted linac. Radiotherapy and Oncology, 117, 496-500, 2015.
  5. Matsuo Y, Ueki N, Takayama K, Nakamura M, Miyabe Y, Ishihara Y, Mukumoto N, Yano S, Tanabe H, Kaneko S, Mizowaki T, Monzen H, Sawada A, Kokubo M, Hiraoka M. Evaluation of dynamic tumour tracking radiotherapy with real-time monitoring for lung tumours using a gimbal mounted linac. Radiotherapy and Oncology, 112, 360-364, 2014.

研究室

教 授:溝脇 尚志
准教授:松尾 幸憲
講 師:吉村 通央・宮部 結城(特定)
助 教:高山 賢二・坂中 克行・中嶋 綾・井上 実・飯塚 裕介(特定)・宇藤 恵(特定)・椋本 宜学(特定)・小野 智博(特定)・伊良皆 拓(特定)
TEL:075-751-3417
FAX:075-771-9749
e-mail:radonc+ku@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:http://radiotherapy.kuhp.kyoto-u.ac.jp