発達小児科学

btn

小児科における最も重要なテーマは発達です。たくさんの小児疾患は発達の過程における異常から発生するものであり、そこに内在する異常を研究することは難病に対する新たな診断、治療の開発につながります。私どもは臨床と研究の緊密な連携を行うことにより得られる知見を、難病をかかえる子供たちのために、お役立てたいと考えております。

研究・教育について

基礎研究の成果を臨床医学へ橋渡しをするトランスレーショナルリサーチを発展させ、より高度で良質な医療を提供することが、臨床学教室の重要な使命の一つと考えております。そのために多彩な小児疾患に対して、ゲノム・エピゲノム解析といった一連のオミックス解析を展開し、病態解明と新規治療法の開発に取り組んでおります。またiPS細胞基盤技術を用いて、難治性先天性疾患の病態理解ならびに再生医療の基盤構築も目指しております。多くの先天性疾患は、個体形成の過程において重要な役割を担う遺伝子の機能破綻によって生じていることが知られています。従って、これらの研究は、生命現象を理解する上でも非常に重要な位置づけであり、私どもは小児科学の発展のみならず幅広い生命科学の発展に寄与することを目指しております。医学の発展のためには研究と臨床のどちらか一方のみではなく、双方向性の作用が重要と考えます。そのため、研究と臨床を両輪で進めるPhysician scientistsの育成に力を注ぎたいと思います。

Discovery of novel SPI1 fusions in pediatric T cell acute lymphoblastic leukemia

研究業績
  1. Kato I, Nishinaka Y, Nakamura M, Akarca AU, Niwa A, Ozawa H, Yoshida K, Mori M, Wang D, Morita M, Ueno H, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Miyano S, Gupta R, Umeda K, Watanabe K, Koh K, Adachi S, Heike T, Saito MK, Sanada M, Ogawa S, Marafioti T, Watanabe A, Nakahata T, Enver T. Hypoxic adaptation of leukemic cells infiltrating the CNS affords a therapeutic strategy targeting VEGF. Blood. 129(23):3126-3129, 2017.
  2. Yoshida T, Awaya T, Jonouchi T, Kimura R, Kimura S, Era T, Heike T, Sakurai H.  A Skeletal Muscle Model of Infantile-onset Pompe Disease with Patient-specific iPS Cells. Sci Rep. 7(1):13473, 2017.
  3. Iwanaga K, Yamamoto A, Matsukura T, Niwa F, Kawai M. Corticotrophin-releasing hormone stimulation tests for the infants with relative adrenal insufficiency. Clin Endocrinol. 87:660-664, 2017.
  4. Seki M, Kimura S, Isobe T, Yoshida K, Ueno H, Nakajima-Takagi Y, Wang C, Lin L, Kon A, Suzuki H, Shiozawa Y, Kataoka K, Fujii Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Shimamura T, Masuda K, Kawamoto H, Ohki K, Kato M, Arakawa Y, Koh K, Hanada R, Moritake H, Akiyama M, Kobayashi R, Deguchi T, Hashii Y, Imamura T, Sato A, Kiyokawa N, Oka A, Hayashi Y, Takagi M, Manabe A, Ohara A, Horibe K, Sanada M, Iwama A, Mano H, Miyano S, Ogawa S, Takita J. Recurrent PU.1 (SPI1) fusions in high-risk pediatric T cell acute lymphoblastic leukemia. Nat Genet. 49(8):1274-1281, 2017.
  5. Shibata H, Yasumi T, Shimodera S, Hiejima E, Izawa K, Kawai T, Shirakawa R, Wada T, Nishikomori R, Horiuchi H, Ohara O, Ishii E, Heike T. Human CTL-based functional analysis shows the reliability of a munc13-4 protein expression assay for FHL3 diagnosis. Blood. 131(18): 2016-2025, 2018.

研究室

教授:滝田 順子
准教授:河井 昌彦・八角 高裕
講師:平松 英文
助教:梅田 雄嗣・丹羽 房子・馬場 志郎・平田 拓也・横山 淳史・井澤 和司・岩永 甲午郎・加藤 格・吉田 健司・才田 聡・友滝 清一
TEL:075-751-3290
FAX: 075-752-2361
e-mail: shonika@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL: http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~pediatrics/