腫瘍薬物治療学

kao
教授 武藤 学
Manabu Muto, M.D., Ph.D., Professor btn

本講座は、2007年にわが国の国公立大学ではじめて設置された「京大病院がんセンター」の基幹講座として2012年9月に新設され、アカデミアにおけるがんセンターの機能的運用の支援を行うとともに、 1)専門的かつ先進的ながん診療の実践と教育、2)治験・臨床試験などの臨床開発の実践と教育、3)がんに関連する基礎研究、4)基礎研究を臨床に応用するTranslational Oncology、5)次世代の医療開発につなげるキャンサーバイオバンクおよびクリニカルシークエンス事業などを進めている。

研究・教育について

本講座では、がんの発生メカニズムの解明から早期診断法の開発、新規治療法の開発、QOLを向上させる支持療法の開発、ゲノム医療(クリニカルシークエンス)の臨床応用など、がんをとりまくあらゆる角度から研究を進めている。中でも食道扁平上皮がんにおいては、アルコールによる発がんメカニズムを分子レベルで解明し予防法の開発を目指している。診断領域では、呼気や新しい技術による新規診断法の開発を進めている。治療に関しては、新しいコンセプトに基づいた医師主導治験を行い実用化をめざすなど様々な臨床開発を進めている。また臓器障害(例えば腎障害)を有するがん患者の薬物治療開発を他の診療科(腎臓内科、薬剤部)と連携して進めている。さらには基礎講座のシーズを臨床応用する早期医療開発や社会医学系講座・医療情報部と連携したNDB(National database)研究も行っている。大学院生や研修医はこれらの環境の中で自分自身にあった分野を選択でき、それぞれの分野で専門的な教育を受けることが可能である。また、がんプロフェッショナル養成基盤整備推進プランにおける「次世代の抗悪性腫瘍薬開発を担う研究者養成コース」の大学院生も積極的に受け入れている。

腫瘍薬物治療学画像1アセトアルデヒドによる食道上皮傷害に関する基礎研究

腫瘍薬物治療学画像2抗がん剤耐性食道癌細胞に関する基礎研究


研究業績

  1. Kikuchi O, Ohashi S, Horibe T, Kohno M, Nakai Y, Miyamoto S, Chiba T, Muto M, Kawakami K. Novel EGFR-targeted strategy with hybrid peptide against oesophageal squamous cell carcinoma. Scientific Reports. 2016 Mar 9; 6: 22452.
  2. Ohashi S, Miyamoto S, Kikuchi O, Goto T, Amanuma Y, Muto M. Recent advances from basic and clinical studies of esophageal squamous cell carcinoma. Gastroenterology 2015 Dec; 149(7): 1700-15
  3. Amanuma Y, Ohashi S, Itatani Y, Tsurumaki M, Matsuda S, Kikuchi O, Nakai Y, Miyamoto S, Oyama T, Kawamoto T, Whelan K, Nakagawa H, Chiba T, Matsuda T, Muto M. Protective role of ALDH2 against acetaldehyde-derived DNA damage in oesophageal squamous epithelium. Scientific Reports. 2015 Sep 16; 5: 14142
  4. Kikuchi O, Ohashi S, Nakai Y, Nakagawa S, Matsuoka K, Kobunai T, Takechi T, Amanuma Y, Yoshioka M, Ida T, Yamamoto Y, Okuno Y, Miyamoto S, Nakagawa H, Matsubara K, Chiba T, Muto M. Novel5-fuluorouracil-resistant human esophageal squamous cell carcinoma cells with dihydropyrimidine dehydrogenase overexpression. Am J Cancer Res 2015 Jul 15; 5(8): 2431-40.
  5. Ohashi S, Kikuchi O, Tsurumaki M, Nakai Y, Kuriyama D, Kasai H, Horimatsu T, Miyamoto S, Shimizu A, Chiba T, Muto M. Preclinical validation of talaporfin sodium-mediated photodynamic therapy for esophageal squamous cell carcinoma. PLOS ONE 2014 Aug 4; 9(8): e103126

研究室

教 授 : 武藤 学
准教授 : 松本 繁巳
特定准教授 : 金井 雅史
助 教 : 大橋 真也・堀松 高博
特定助教 : 森 由希子・高 忠之・林 智誠・永井 宏樹
TEL : 075-751-4592
FAX : 075-751-4594
e-mail : oncology@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL : http://oncology.kuhp.kyoto-u.ac.jp