腎臓内科学

face
教授 柳田 素子
Motoko Yanagita, MD, PhD, Professor btn

本講座は2011年に設立されましたが、設立の背景には近年の目覚ましい腎臓病学の進歩と患者数の増加があります。
当科では腎臓病の病態解明研究を通して新たな治療法を開発し「腎臓病を治る病気にすること」と「新しい腎臓病学を開拓・提案すること」を目標としています。一方で、診療では腎臓を軸に全身を診る総合内科医としての視点と腎臓病学の高い専門性の双方が重要です。
本領域を目指す若手医師が高い臨床力を持つ腎臓内科専門医に、そして腎臓病学に貢献できる国際的競争力のある研究者になるべく教育を行っていきます。

研究・教育について

当教室では腎臓の修復・再生制御メカニズム解明を軸に、基礎・臨床の両面から研究を進めています。
基礎研究では、ヒト腎臓病における「現象」に着目し、遺伝子改変マウスや免疫学的手法、二光子顕微鏡を用いたin vivo imagingなどの手法を駆使して病態解明を行い、治療戦略を開発することでヒト腎臓病に還元することを目指しています。具体的には (1)臓器老化に伴う修復遅延メカニズムの解明、(2) ATP可視化マウスを用いたエネルギー代謝時空間ダイナミクスの解析、 (3)腎臓の修復を担う幹細胞の同定、(4)腎性貧血と線維化のメカニズム解明など多岐にわたる研究を行っています。
臨床研究では、ビッグデータ解析や人工知能AIを用いた新しい研究手法を通して、 (1) Onconephrology、(2) Kidney Injury Surveillance Systemの開発、(3)人工知能による病理診断などの新領域に取り組んでいます。
当科では、基礎から臨床につながる深い理解を獲得し、臨床の場で得た疑問を自らの研究力を通して解明できるphysician scientistの育成を目標としています。

図1:急性腎障害後に修復がおこらず慢性腎臓病に至るメカニズム


研究業績

  1. Yuki Sato, Akiko Mii, Yoko Hamazaki, Harumi Fujita, Hirosuke Nakata, Kyoko Masuda, Shingo Nishiyama, Shinsuke Shibuya, Hironori Haga, Osamu Ogawa, Akira Shimizu, Shuh Narumiya, Tsuneyasu Kaisho, Makoto Arita, Masashi Yanagisawa, Masayuki Miyasaka, Kumar Sharma, Nagahiro Minato, Hiroshi Kawamoto, Motoko Yanagita.
    “Heterogeneous fibroblasts underlie age-dependent tertiary lymphoid tissues in the kidney”
    JCI Insight.2016;1(11):e87680.
  2. Koji Takaori, Jin Nakamura, Shinya Yamamoto, Hirosuke Nakata, Yuki Sato, Masayuki Takase, Masaaki Nameta, Tadashi Yamamoto, Aris N. Economides, Kenji Kohno, Hironori Haga, Kumar Sharma, Motoko Yanagita.
    “Severity and frequency of proximal tubule injury determines renal prognosis” J Am Soc Nephrol. 2016 Aug;27(8):2393-406.
  3. Tomomi Endo, Jin Nakamura, Yuki Sato, Misako Asada, Ryo Yamada, Masayuki Takase, Koji Takaori, Akiko Oguchi, Taku Iguchi, Atsuko Y. Higashi, Tetsuya Ohbayashi, Tomoyuki Nakamura, Eri Muso, Takeshi Kimura, and Motoko Yanagita.
    “Exploring the origin and limitations of kidney regeneration” J Pathol. 2015 Jun;236(2):251-63.
  4. Nariaki Asada, Masayuki Takase, Jin Nakamura, Akiko Oguchi, Misako Asada, Norio Suzuki, Ken-ichi Yamamura, Narihito Nagoshi, Shinsuke Shibata, Tata Nageswara Rao, Hans Joerg Fehling, Atsushi Fukatsu, Naoko Minegishi, Toru Kita, Takeshi Kimura, Hideyuki Okano, Masayuki Yamamoto, and Motoko Yanagita.
    “Dysfunction of fibroblasts of extra-renal origin underlies renal fibrosis and renal anemia in mice” J Clin Invest. 2011 Oct;121(10):3981-90.
  5. Mari Tanaka, Misako Asada, Atsuko Y Higashi, Jin Nakamura, Akiko Oguchi, Mayumi Tomita, Sachiko Yamada, Nariaki Asada, Masayuki Takase, Tomohiko Okuda, Hiroshi Kawachi, Aris N. Economides, Elizabeth Robertson, Satoru Takahashi, Takeshi Sakurai, Roel Goldschmeding, Eri Muso, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, and Motoko Yanagita.
    “Loss of the BMP antagonist, USAG-1 ameliorates disease in a mouse model of progressive hereditary kidney disease Alport syndrome” J Clin Invest. 2010 Mar;120(3):768-77.

研究室

教授:柳田素子
講師:松原雄
講師:横井秀基
助教:遠藤修一郎
助教:石井輝
特定病院助教:坂井薫
特定病院助教:近藤尚哉
特定病院助教:戸田尚宏
特定助教:佐藤有紀
TEL: 075-751-3860
FAX: 075-751-3859
e-mail: kidney2011@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL: http://www.kidney.kuhp.kyoto-u.ac.jp