初期診療・救急医学

kao
教 授 小池 薫 Kaoru Koike,M.D.PhD 医学・薬学博士 btn

本教室は初期診療と救急医学を合わせた急性期医療を横断的に担当する部門として2006年に設立されました。京大病院は2015年4月に災害拠点病院となり、同年12月からは新南病棟に救急病床とヘリポートが稼働し、2016年12月には原子力災害拠点病院に指定されました。また、2019年には急性期疾患に特化した新病棟がオープンする予定です。我々は現在、超急性期医療の充実に向けて、学生・研修医等への教育を発展させ、臨床・基礎分野における研究を推進しています。この目標に向かって集まったスタッフの専門分野は多彩で、明るく自由な雰囲気が醸しだされています。

研究・教育について

【研究】

臨床研究では、災害医療、脳蘇生をはじめとするさまざまな領域で、京都大学の他学部・他病院・企業と共同研究を行っています。また基礎分野では大学院生が中心となり、感染症、血管内における血流と凝固、重症病態における栄養管理、放射線による影響などに関して研究を行っています。一方、我々の教室は、他大学等と共同して、「血液などの臨床検体をNMR(核磁気共鳴)計測し、独自の手法でデータ解析する技術」を開発しました。この技術を用いることにより、従来できなかった超早期診断・治療方針の決定・治療効果の判定・予後予測が可能になると期待されます。

【教育】

確定診断前の患者さんにfirst touchするメリットを生かした臨床教育が充実しています。また、近隣の救命救急センター等と症例検討会を定期的に行い、心肺蘇生,脳卒中、外傷診療、産科救急などに関するOff the job training を開催しています。

 

救急医療Each dot represents scores of each IEC-6 cell sample calculated by PLS-DA analysis. The dot for each class was clearly distinguished into separate clusters by PLS-DA analysis.

救急The Area Under the Receiver Operating Curve of rSO2 to Predict Good Neurological Outcome at 90 Days After Out-of-Hospital Cardiac Arrest.


研究業績

  1. Shimoto M, Sugiyama T, Nagasawa T Numerous niches for hematopoietic stem cells remain empty during homeostasis. Blood. 2017 129(15):2124-31.
  2. Sartelli M, Weber DG, Ruppé E, Koike K, et al. Antimicrobials: a global alliance for optimizing their rational use in intra-abdominal infections (AGORA). World Journal of Emergency Surgery 2016, 11:33
  3. Irahara T, Sato N, Inoue K, Otake K, Ohtsuru S, Koike K, Fushiki T, Yokota H. Low-intensity exercise in the acute phase of lipopolysaccharide-induced sepsis improves lipid metabolism and survival in mice by stimulating PGC-1α expression. J Trauma Acute Care Surg. 2016 80(6):933-40
  4. Asano T, Hirakawa K, Koike k, Ohno Y, Fujino O. Visualization of different characteristics of cerebrospinal fluid with acute encephalopathy and febrile seizures using pattern recognition analysis of 1H NMR. Pediatr Res. 2015 77(1-1):70-4
  5. Ohtsuru S, Ueda Y, Marusawa H, Inuzuka T, Nishijima N, Nasu A, Shimizu K, Koike K, Uemoto S, Chiba T. Dynamics of defective hepatitis C virus clones in reinfected liver grafts in liver transplant recipients; ultra-deep sequencing analysis. J Clin Microbiol 2013 Nov;51(11):3645-52

研究室

教 授:小池 薫
准 教 授:大鶴 繁
助 教:趙 晃済・柚木 知之・下戸 学・篠塚 健
TEL:075-751-4210(教授室)、075-751-3126(医局)
FAX:075-751-4211
URL:http://kuhp.kyoto-u.ac.jp/~qqigaku/