糖尿病・内分泌・栄養内科学

稲垣教授近影
教 授 稲垣 暢也
Nobuya Inagaki, M.D., Ph.D. btn

研究・教育について

京都大学糖尿病・内分泌・栄養内科は、最先端の技術や器機による糖尿病や内分泌疾患の病態解明や新規治療を目指した基礎研究、それら疾患に関する臨床、疫学、患者教育の研究を行っています。また、肥満症やメタボリックシンドロームのみならず、高齢化による認知症やフレイルが社会問題となる中、栄養学的観点からも研究を行っています。私たちは、この経験と実績をもとに、糖尿病学、内分泌学、栄養学の発展に寄与できるよう努力と研鑽を積んでいます。また、糖尿病・内分泌の専門を志す若手医師が、全身を診察し治療を提供できる総合的な内科医、あるいは国際的発信力を持つ研究者に成長できるよう、日々トレーニングを行っています。

糖尿病画像①インスリン分泌メカニズム(惹起経路・増幅経路)
糖尿病画像1②代謝・内分泌疾患に関する基礎・臨床研究


研究業績

1.Inagaki N, et al. Reconstitution of IKATP: an inward rectifier subunit plus the sulfonylurea receptor. Science. 270(5239):1166-70, 1995
2.Yoshihara E, et al. Disruption of TBP-2 ameliorates insulin sensitivity and secretion without affecting obesity. Nat Commun. 1:127, 2010
3.Suzuki K, et al. Transcriptional regulatory factor X6 (Rfx6) increases gastric inhibitory polypeptide (GIP) expression in enteroendocrine K-cells and is involved in GIP hypersecretion in high fat diet-induced obesity. J Biol Chem. 288(3):1929-38, 2013
4.Sasaki M, et al. Reduction of reactive oxygen species ameliorates metabolism-secretion coupling in islets of diabetic GK rats by suppressing lactate overproduction. Diabetes. 62(6):1996-2003, 2013
5.Nasteska D, et al. Chronic reduction of GIP secretion alleviates obesity and insulin resistance under high fat diet condition. Diabetes. 63(7):2332-2343, 2014

研究室

教 授   :稲垣 暢也
講 師   :長嶋 一昭・八十田 明宏・原島 伸一
特定講師 :曽根 正勝
院内講師 :原田 範雄・藤倉 純二・近藤 祥司
助 教  :藤田 義人・田中 大祐・藤井 寿人・冨田 努・山根 俊介・藤本 裕之(臨床研究総合センター)
特定助教 :小倉 雅仁・田浦 大輔・池田 香織
TEL : 075-751-3560
FAX : 075-751-4244
e-mail : office@metab.kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL : http://metab-kyoto-u.jp/