糖尿病・内分泌・栄養内科学

稲垣教授近影
教 授 稲垣 暢也
Nobuya Inagaki, M.D., Ph.D. btn

糖尿病・内分泌・栄養内科は、最先端の技術や器機による糖尿病や内分泌疾患の病態解明や新規治療を目指した基礎研究、それら疾患に関する臨床、疫学、患者教育の研究を行っています。また、肥満症やメタボリックシンドロームのみならず、高齢化による認知症やフレイルが社会問題となる中、栄養学的観点からも研究を行っています。私たちは、この経験と実績をもとに、糖尿病学、内分泌学、栄養学の発展に寄与できるよう努力しています。

研究・教育について

糖尿病・内分泌・栄養内科では、インスリン分泌の分子機構、糖・脂質代謝のホメオスタシスとその破綻のメカニズム、糖尿病発症の分子機構の解明と新たな治療法の開発、インクレチンの分泌・作用に関する研究、膵島イメージング法の開発、肝臓の代謝調節機構の解明、病態栄養学に関する研究、糖尿病患者の臨床研究、膜輸送の分子基盤に関する研究であり、研究アプローチは臨床的なものから基礎的なものまで、研究規模も先鋭的な小規模研究から厚生労働省科研研究などの大規模研究まで様々です。教員からの指示に従うのではなく、各自、自主的に考え、実験する姿勢を奨励し、研究過程で必要となる分子生物学的、生理学的、電気生理学的、生化学的などの手技・手法は、中心となる教室スタッフが、適時指導することによって研究を行ってもらいます。また、糖尿病・内分泌の専門を志す若手医師が、全身を診察し治療を提供できる総合的な内科医、あるいは国際的発信力を持つ研究者に成長できるよう教育を行っています。

①糖尿病に関する基礎・臨床研究

②内分泌、臨床栄養に関する基礎・臨床研究

 

研究業績

  1. Joo E et al., Inhibition of gastric inhibitory polypeptide receptor signaling in adipose tissue reduces insulin resistance and hepatic steatosis in high-fat diet-fed mice. Diabetes. 66(4):868-879, 2017
  2. Kondo Y, et al., Identification of a small molecule that facilitates the differentiation of human iPSCs/ESCs and mouse embryonic pancreatic explants into pancreatic endocrine cells. Diabetologia. 60(8):1454-1466, 2017.
  3. Oguri Y et al., Tetrahydrobiopterin activates brown adipose tissue and regulates systemic energy metabolism. JCI Insight. 2(9), 2017
  4. Kanai Y, et al., Circulating osteocrin stimulates bone growth by limiting C-type natriuretic peptide clearance. J Clin Invest. 127(11):4136-4147, 2017
  5. Matsuo K, et al., Significance of dopamine D1 receptor signalling for steroidogenic differentiation of human induced pluripotent stem cells. Sci Rep. 7(1):15120, 2017

研究室

教 授:稲垣 暢也
准教授:近藤 祥司(地域ネットワーク医療部)
講 師:八十田 明宏・原田 範雄
院内講師 :藤倉 純二
特定准教授:曽根 正勝・矢部 大介
助 教:藤田 義人・田中 大祐・藤井 寿人・山根 俊介・藤本 裕之(放射性同位元素総合センター)
特定助教:田浦 大輔・池田 香織・小倉 雅仁
TEL : 075-751-3560
FAX : 075-751-4244
e-mail :tounaiei@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL : http://metab-kyoto-u.jp/