糖尿病・内分泌・栄養内科学

稲垣教授近影
教 授 稲垣 暢也
Nobuya Inagaki, M.D., Ph.D. btn

糖尿病・内分泌・栄養内科は、最先端の技術や機器を用いて、糖尿病・内分泌疾患の病態解明や新規治療を目指した基礎研究、それらの疾患に関する臨床、疫学、患者教育の研究を行っています。また肥満症やメタボリックシンドロームのみならず、高齢化による認知症やフレイルが社会問題となる中、栄養学的観点からも研究を行っています。さらにこれらの研究を通して、広い視野に基づいた診療のできる若手臨床医の育成にも力を注いでいます。

研究・教育について

糖尿病・内分泌・栄養内科では、糖尿病を中心とした代謝疾患や内分泌疾患、栄養に関する研究を進めています。具体的な研究テーマは①膵β細胞のバイオロジー、②インクレチン分泌・作用機構に関する研究、③若年発症糖尿病・糖尿病多発家系の遺伝素因解明、③褐色脂肪細胞制御を介した糖尿病・肥満の新規治療法開発、④iPS細胞を用いたインスリン産生細胞などの内分泌細胞および血管構成細胞の分化誘導、⑤非侵襲的膵島・副腎イメージングに関する研究、⑥下垂体・甲状腺・副腎・骨代謝疾患に関わる基礎的研究、⑦糖尿病・肥満症・内分泌・栄養学に関する臨床研究など非常に多岐にわたっており、研究アプローチは臨床的なものから基礎的なものまで、研究規模も先鋭的な小規模研究から厚生労働省科研研究などの大規模研究まで様々です。大学院生の研究は、自主的に考え実験する姿勢を奨励し、研究過程で必要となる手技・手法は、中心となる教室スタッフが適時指導することによって研究を進めています。また臨床面においても、糖尿病・内分泌の専門医を志す若手医師が、全身を診察し治療を提供できる総合的な内科医に成長できるよう教育を行っています。

①尿病に関する基礎・臨床研究

②内分泌、臨床栄養に関する基礎・臨床研究

 

研究業績

  1. Jambaljav B, Tanaka D, Nagashima K, Harashima SI, Harada N, Fujiwara Y, Wang Y, Liu Y, Tabara Y, Matsuda F, Koizumi A, and Inagaki N. Whole-exome sequencing in a Japanese family with highly aggregated diabetes identifies a candidate susceptibility mutation in ADAMTSL3. Diabetes Res Clin Pract. 135:143-149, 2018.
  2. Ikeguchi E, Harada N, Kanemaru Y, Sankoda A, Yamane S, Iwasaki K, Imajo M, Murata Y, Suzuki K, Joo E, and Inagaki N. Transcriptional factor pancreatic duodenal homeobox-1 (Pdx1) is involved in age-related GIP hypersecretion in mice. Am. J. Physiol. Gastrointest Liver Physiol. 315(2):G272-G282, 2018.
  3. Ohno Y, Sone M, Inagaki N, Yamasaki T, Ogawa O, Takeda Y, Kurihara I, Itoh H, Umakoshi H, Tsuiki M, Ichijo T, Katabami T, Tanaka Y, Wada N, Shibayama Y, Yoshimoto T, Ogawa Y, Kawashima J, Takahashi K, Fujita M, Watanabe M, Matsuda Y, Kobayashi H, Shibata H, Kamemura K, Otsuki M, Fujii Y, Yamamoto K, Ogo A, Okamura S, Miyauchi S, Fukuoka T, Izawa S, Yoneda T, Hashimoto S, Yanase T, Suzuki T, Kawamura T, Tabara Y, Matsuda F, Naruse M; Nagahama Study; JPAS Study Group. Prevalence of Cardiovascular Disease and Its Risk Factors in Primary Aldosteronism: A Multicenter Study in Japan. Hypertension. 71(3):530-537,2018.
  4. Hirota K, Furuya M, Morozumi N, Yoshikiyo K, Yotsumoto T, Jindo T, Nakamura R, Murakami K, Ueda Y, Hanada T, Sade H, Yoshida S, Enomoto K, Kanai Y, Yamauchi I, Yamashita T, Ueda-Sakane Y, Fujii T, Yasoda A, Inagaki N. Exogenous C-type natriuretic peptide restores normal growth and prevents early growth plate closure in its deficient rats. PLoS One. 13(9):e0204172, 2018.
  5. Hamamatsu K, Fujimoto H, Fujita N, Murakami T, Kimura H, Saji H, Inagaki N. Establishment of a method for in-vivo SPECT/CT imaging analysis of 111In-labeled exendin-4 pancreatic uptake in mice without the need for nephrectomy or a secondary probe. Nucl Med Biol. 64-65:22-27, 2018.

研究室

教 授:稲垣暢也
特定准教授:曽根正勝
講 師:原田範雄
病院講師 :藤倉純二
助 教:藤田義人・田中大祐・藤井寿人・小倉雅仁・山根俊介・藤本裕之(放射性同位元素総合センター)
特定病院助教:池田香織・山内一郎
特定助教:田浦大輔・臼井亮太・龍岡久人
特定教授(先制医療・生活習慣病研究センター):井上真由美
特定助教(先制医療・生活習慣病研究センター) : 坂根依利子・桑原智子・鈴木和代

TEL : 075-751-3560
FAX : 075-751-4244
e-mail :tounaiei@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL : http://metab-kyoto-u.jp/