臨床免疫学

kao 教授 三森 経世
Tsuneyo Mimori, M.D., Ph.D. Professor  btn

臨床免疫学分野は膠原病やリウマチ性疾患など免疫疾患を対象とする臨床系講座である。感染症、移植医療、癌免疫療法など種々の領域の治療応用にも免疫学は深く関与することから、臨床免疫学は今後ますます医療における重要な位置を占めるものと考えられる。当分野は、研究面では自己免疫疾患の病態解明とともに先進的な診断と治療に結びつく研究の推進、臨床面では先進医療を取り入れた最先端の医療の提供、教育面では指導的立場となる研究者および専門医の育成を通じて、リウマチ学・臨床免疫学の拠点作りを目指している。

研究・教育について

自己免疫疾患・膠原病・リウマチ性疾患の病因・病態を解明して新たな診断法と治療法を開発すべく、以下のような研究を遂行している。
1) 膠原病における自己抗体の臨床的および病因的意義:これまでに膠原病・リウマチ性疾患における多くの新たな自己抗体を発見し、その対応抗原を同定、その臨床的意義および病因的意義を解明してきた。また、これらの自己抗体測定系を開発した(図1)。さらに、筋炎特異的自己抗体で最も頻度の高い抗ARS抗体のELISAシステムを開発した(文献1)。
2) 難治性病態に対する治療法の臨床研究:抗MDA5抗体陽性間質性肺炎合併皮膚筋炎に対する3剤併用治療プロトコールの有用性と安全性の検討を行っている。抗MDA5抗体陽性例に可及的速やかに複数の免疫抑制薬を併用した治療プロトコールを適応することで予後が改善することを後方視研究で明らかにし、その有用性と安全性を前方視的研究で証明するため多施設共同研究を遂行中である。
3) リウマチ性疾患の疾患関連遺伝因子:ゲノムワイド関連解析の多施設共同研究により、高安病の新たな疾患関連遺伝子としてIL-12Bを同定した(図2)(文献2)。さらに、IL-12Bのリスクアレルを持つ高安病患者では,血漿IL-12p40、IL-12p70および、末梢血由来の単球からのIL-12p70分泌が多いことを証明した(文献3)。RAや他疾患における疾患感受性遺伝子も検索中である。
4) ミスフォールド蛋白質/MHCクラスII複合体と自己抗体:顕微鏡的多発血管炎において,MPO/HLAクラスII複合体がMPO-ANCAの標的であることを明らかにした(文献4)
5) モデルマウスを用いたリウマチ性疾患における病態の解析:関節炎モデルマウスであるSKGマウスにおいて、間質性肺炎に寄与するサイトカインがGM-CSFであることを明らかにした(文献5)

図1. 蛋白免疫沈降法とRNA免疫沈降法による膠原病患者の各種自己抗体の検出
図2. 高安病のゲノムワイド関連解析の結果(マンハッタンプロット)(文献2)


研究業績

  1. Nakashima R, Imura Y, Hosono Y, Seto M, Murakami A, Watanabe K, Handa T, Mishima M, Hirakata M, Takeuchi T, Fujio K, Yamamoto K, Kohsaka H, Takasaki Y, Enomoto N, Suda T, Chida K, Hisata S, Nukiwa T, Mimori T. The multicenter study of a new assay for simultaneous detection of multiple anti-aminoacyl-tRNA synthetases in myositis and interstitial pneumonia. PLoS One.14;9(1):e85062, 2014.
  2. Terao C, Yoshifuji H, Kimura A, Matsumura T, Ohmura K, Takahashi M, Shimizu M, Kawaguchi T, Chen Z, Naruse TK, Sato-Otsubo A, Ebana Y, Maejima Y, Kinoshita H, Murakami K, Kawabata D, Wada Y, Narita I, Tazaki J, Kawaguchi Y, Yamanaka H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Ogawa S, Komuro I, Nagai R, Yamada R, Tabara Y, Isobe M, Mimori T, Matsuda F. Two Susceptibility Loci to Takayasu Arteritis Reveal a Synergistic Role of the IL12B and HLA-B Regions in a Japanese Population. Am J Hum Genet. 8;93(2):289-97, 2013.
  3. Nakajima T, Yoshifuji H, Shimizu M, Kitagori K, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Tanaka M, Ohmura K, Matsuda F, Terao C, Mimori T. A novel susceptibility locus in the IL12B region is associated with the pathophysiology of Takayasu arteritis through IL-12p40 and IL-12p70 production. Arthritis Res Ther.6:19(1):197, 2017.
  4. Hiwa R, Ohmura K, Arase N, Jin H, Hirayasu K, Kohyama M, et al. Myeloperoxidase/HLA Class II Complexes Recognized by Autoantibodies in Microscopic Polyangiitis. Arthritis Rheumatol. 69(10):2069-80, 2017.
  5. Shiomi A, Usui T, Ishikawa Y, Shimizu M, Murakami K, Mimori T. GM-CSF but not IL-17 is critical for the development of severe interstitial lung disease in SKG mice. J Immunol.193(2):849-59, 2014.

研究室

教 授:三森 経世
准教授:大村 浩一郎
院内講師:吉藤 元
助 教:笹井 蘭(旧姓 中嶋)・村上 孝作
特定病院助教:秋月 修治
TEL:075-751-4380
FAX:075-751-4338
e-mail:rheum@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.rheum.kuhp.kyoto-u.ac.jp