臨床免疫学

kao 教授 三森 経世
Tsuneyo Mimori, M.D., Ph.D. Professor  btn

臨床免疫学分野は膠原病やリウマチ性疾患など免疫疾患を対象とする臨床系講座である。感染症、移植医療、癌免疫療法など種々の領域の治療応用にも免疫学は深く関与することから、臨床免疫学は今後ますます医療における重要な位置を占めるものと考えられる。当分野は、研究面では自己免疫疾患の病態解明とともに先進的な診断と治療に結びつく研究の推進、臨床面では先進医療を取り入れた最先端の医療の提供、教育面では指導的立場となる研究者および専門医の育成を通じて、リウマチ学・臨床免疫学の拠点作りを目指している。

研究・教育について

自己免疫疾患・膠原病・リウマチ性疾患の病因・病態を解明して新たな診断法と治療法を開発すべく、以下のような研究を遂行している。
1)膠原病における自己抗体の臨床的および病因的意義:これまでに膠原病・リウマチ性疾患における多くの新たな自己抗体を発見し、その対応抗原を同定、その臨床的意義および病因的意義を解明してきた。また、これらの自己抗体測定系を開発した(図1)。
2)リウマチ性疾患の疾患関連遺伝因子:ゲノムワイド関連解析の多施設共同研究により、RAの新たな疾患関連遺伝子としてMBP、AIRE、CCR6を同定した。さらにRA患者でMBPに対する自己抗体を証明し、MBPが患者滑膜に発現していることを示した(図2)。RAの重症度や他疾患における疾患感受性遺伝子も検索中である。
3)リウマチ性疾患における関節炎発症機序の解析:モデルマウスを用いて、関節炎発症に関わるサイトカイン、免疫担当細胞、補体の関与を研究している。これまでに、関節炎発症に最も重要なサイトカインであるIL-17は、コラーゲン誘発関節炎モデルではTh17細胞でなくγδT細胞由来であること、免疫複合体刺激によって好中球がTh17を産生すること、補体成分のC5aがTh17細胞の分化と活性化に重要な役割を果たすことなどを明らかにした。

r-034-1RNA免疫沈降法による膠原病患者の各種自己抗体の検出
r-034-2ヒト関節リウマチ患者滑膜におけるMBP蛋白の発現

研究業績

1. Mimori T, Nakashima R, Hosono Y: Interstitial lung disease in myositis: Clinical subsets, biomarkers, and treatment. Curr Rheumatol Rep 14(3):264-74, 2012.
2. Okada Y, Terao C, Ikari K, Kochi Y, Ohmura K, Suzuki A, Kawaguchi T, Stahl EA, Kurreeman FA, Nishida N, Ohmiya H, Myouzen K, Takahashi M, Sawada T, Nishioka Y, Yukioka M, Matsubara T, Wakitani S, Teshima R, Tohma S, Takasugi K, Shimada K, Murasawa A, Honjo S, Matsuo K, Tanaka H, Tajima K, Suzuki T, Iwamoto T, Kawamura Y, Tanii H, Okazaki Y, Sasaki T, Gregersen PK, Padyukov L, Worthington J, Siminovitch KA, Lathrop M, Taniguchi A, Takahashi A, Tokunaga K, Kubo M, Nakamura Y, Kamatani N, Mimori T, Plenge RM, Yamanaka H, Momohara S, Yamada R, Matsuda F, Yamamoto K: Meta-analysis identifies nine new loci associated with rheumatoid arthritis in the Japanese population. Nat Genet 44(5):511-6, 2012.
3. Terao C, Ohmura K, Katayama M, Takahashi M, Kokubo M, Diop G, Toda Y, Yamamoto N, Shinkura R, Shimizu M, Gut I, Heath S, Melchers I, Manabe T, Lathrop M, Mimori T, Yamada R, Matsuda F: Myelin basic protein as a novel genetic risk factor in rheumatoid arthritis – a genome-wide study combined with immunological analyses. PLoS One 6(6):e20457, 2011.
4. Nakashima R, Imura Y, Kobayashi S, Yukawa N, Yoshifuji H, Nojima T, Kawabata D, Ohmura K, Usui T, Fujii T, Okawa K, Mimori T: The RIG-I-like receptor IFIH1/MDA5 is a dermatomyositis-specific autoantigen recognized by anti-CADM-140 antibody. Rheumatology (Oxford) 49(3):433-440, 2010.
5. Ito Y, Usui T, Kobayashi S, Iguchi-Hashimoto M, Ito H, Yoshitomi H, Nakamura T, Shimizu M, Kawabata D, Yukawa N, Hashimoto M, Sakaguchi N, Sakaguchi S, Yoshifuji H, Nojima T, Ohmura K, Fujii T, Mimori T: Gamma/delta T cells are the predominant source of interleukin-17 in affected joints in collagen-induced arthritis, but not in rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 60(8):2294-303, 2009.

研究室

教 授:三森 経世
准教授:藤井 隆夫(兼任)
講 師:大村 浩一郎
助 教:吉藤 元・湯川 尚一郎・井村 嘉孝
特定助教:中嶋 蘭
TEL:075-751-4380
FAX:075-751-4338
e-mail:rheum@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.rheum.kuhp.kyoto-u.ac.jp