呼吸器内科学


平井 豊博 Toyohiro Hirai M.D.,Ph.D btn

呼吸器内科学は、がん、感染症、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、喘息、間質性肺疾患、睡眠呼吸障害、呼吸不全など疾患や病態が多岐にわたり、また、複数の疾患が合併したり、他臓器疾患とも関連がみられたりする特徴があります。肺は外界と体内環境(血液)との接点を提供し常に動的に形態変化する臓器であり、当分野では、このような多彩で複雑な疾患や病態に対して、医学・生物学だけでなく、理学や工学など多方面の英知を集積・統合し、新しい呼吸器病学の体系を作って行くことを目指しています。

研究・教育について

COPD・喘息/慢性咳嗽・間質性肺疾患・胸部腫瘍・呼吸器感染症・iPS細胞を対象として、臨床・教育・研究活動を行っています。豊富な症例を対象に、臨床カンファレンス、研究セミナーでの討議の活性化、診断、治療方針決定の科学的思考過程に基づいた討論の訓練を徹底しています。
・COPD
臨床研究と各種遺伝子改変マウス実験を統合的に解釈し、病態解明から新規治療開発を目指しております
・喘息・慢性咳嗽
喘息の重症化に関わる炎症・リモデリング病態の解明、エンドタイピングや治療・管理の検討、咳喘息の発症因子の解析を行っています
・間質性肺疾患(間質性肺炎、サルコイドーシスなど)
肺の線維化について、遺伝子・分子・形態の観点から研究を進めています
・胸部腫瘍(肺癌・縦隔腫瘍・胸膜中皮腫)
肺癌を中心とした臨床研究を行っています。薬剤耐性メカニズムに関する基礎研究にも取り組んでいます
・呼吸器感染症
市中肺炎やHCAPの多施設共同研究とバイオマーカー探索、肺炎球菌感染症や非結核性抗酸菌症の臨床疫学研究などを行っています
・iPS細胞
臨床講座の長所を活かし、iPS細胞を用いた斬新な手法で様々な呼吸器疾患の病態解明や臨床への実用化研究に取り組んでいます

 

1.ヒトiPS細胞由来の気道繊毛上皮細胞が嚢胞構造を形成し、多数の繊毛が内側に向かって伸びる様子。赤:FOXJ1(転写因子)、緑:繊毛、青:核。
Konishi S, et al. Directed induction of functional multi-ciliated cells in proximal airway epithelial spheroids from human pluripotent stem cells. Stem Cell Reports. 2016; 6: 18-25.

2.独自開発のソフトウェアを用いてCT画像の解析を行ない、種々の肺疾患の肺・周囲組織の構造解析を行っている。


研究業績

  1. Tanimura K, Sato S, Fuseya Y, Hasegawa K, Uemasu K, Sato A, Oguma T, Hirai T, Mishima M, Muro S. Quantitative Assessment of Erector Spinae Muscles in Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease. Novel Chest Computed Tomography-derived Index for Prognosis. Ann Am Thorac Soc. 2016 Mar;13(3):334-41. doi: 10.1513/AnnalsATS.201507-446OC.
  2. Kanemitsu Y., Matsumoto H., Izuhara K., Tohda Y., Kita H., Horiguchi T., Kuwabara K., Tomii K., Otsuka K., Fujimura M., Ohkura N., Tomita K., Yokoyama A., Ohnishi H., Nakano Y., Oguma T., Hozawa S., Nagasaki T., Ito I., Inoue H., Tajiri T., Iwata T., Izuhara Y., Ono J., Ohta S., Tamari M., Hirota T., Yokoyama T., Niimi A. and Mishima M. Increased periostin associates with greater airflow limitation in patients receiving inhaled corticosteroids. J Allergy Clin Immunol 2013, 132:305-12 e3
  3. Tanizawa K, Handa T, Nakashima R, Kubo T, Hosono Y, Watanabe K, Aihara K, Ikezoe K, Sokai A, Nakatsuka Y, Taguchi Y, Hatta K, Noma S, Kobashi Y, Yoshizawa A, Oga T, Hirai T, Chin K, Nagai S, Izumi T, Mimori T, Mishima M. The long-term outcome of interstitial lung disease with anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibodies. Respir Med. 2017; 127: 57-64.
  4. Nagai H, Yasuda H, Hatachi Y, et al. Nitric oxide (NO) enhances pemetrexed cytotoxicity via NO cGMP signaling in lung adenocarcinoma cells in vitro and in vivo. Int J Oncol. 2012;41(1):24-30
  5. Ito I, et al. Isolation of drug-resistant pathogens does not always require use of broad-spectrum antibiotics in pneumonia. Am J Respir Crit Care Med 2014;189:756-7.

研究室

教授:平井 豊博
准教授:松本 久子
講師:伊藤 功朗
助 教:金 永学、佐藤 晋(リハビリテーション科)、佐藤 篤靖、渡邉 創
特定准教授:半田 知宏(呼吸不全先進医療)、後藤 慎平(呼吸器疾患創薬)
特定助教:小熊 毅(地域システム学)、田辺 直也、阪森 優一(腫瘍薬物治療学)、濱田 哲(呼吸不全先進医療)
特定病院助教:谷澤 公伸、小笹 裕晃
TEL:075-751-3830
FAX:075-751-4643
e-mail:konai@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.kukonai.com/