消化器内科学

妹尾教授顔写真
教授 妹尾 浩
Hiroshi Seno,M.D.,Ph.D.,Professor btn

消化器内科学講座は、1996年に設立された比較的新しい講座です。設立当初より消化器病学に興味を持つメンバーが学内外から広く集まり、教室員の顔ぶれ、出身大学は極めて多岐にわたっています。消化器内科学講座では、日常臨床に立脚したうえで、関連病院と連携した臨床研究と先進的な基礎研究を融合させ、世界へ向けて情報を発信していくことを目指しています。そのために、優れた臨床医であり、なおかつ臨床医学と基礎医学の双方を理解し、取り組むことのできるバイリンガルを育成したいと考えています。

研究・教育について

消化器内科学講座の果たすべき役割は、自ずと多岐にわたらざるをえません。上部下部消化管、肝胆膵のすべてをカバーし、良悪性の様々な疾患を対象とする義務があるからです。バリエーションに富んだ臨床症例を俯瞰しながら、基礎的アプローチを有機的に結合させて、病態の分子基盤解明と新しい治療法開発を目指します。そのために、免疫、癌、再生の3つの切り口を掲げています。たとえば、炎症性腸疾患の新規治療法開発、IgG4関連疾患の概念確立と病因の探求、HBV潜伏感染と肝発癌における意義の解明、発癌過程におけるジェネティック・エピジェネティックな変化の網羅的解析、正常組織と癌の幹細胞に着目した新規創薬シーズの同定、発生学の視点からみた消化器臓器の再生医療など、日夜幅広い研究に取り組んでいます。これらの過程を通じて、基礎研究、臨床研究のさまざまな分野で、独自の発想を自ら展開できるユニークな人材を育成することも研究推進の目的と考えています。研究の面白さを日々発見しながら、地道な積み重ねを大切にしていきましょう。

スタッフ集合写真


研究業績

  1. Hiramatsu Y, et al., Arid1a is essential for intestinal stem cells through Sox9 regulation. Proc Natl Acad Sci USA. 2019 Jan 29;116(5):1704-1713.
  2. Shiokawa M, et al., Laminin 511 is a target antigen in autoimmune pancreatitis. Sci Transl Med. 2018 Aug 8;10(453).
  3. Tsuda M, et al., The BRG1/SOX9 axis is critical for acinar cell-derived pancreatic tumorigenesis. J Clin Invest. 2018 Aug 1;128(8):3475-3489.
  4. Kimura Y, et al., ARID1A Maintains Differentiation of Pancreatic Ductal Cells and Inhibits Development of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma in Mice. Gastroenterology. 2018 Jul;155(1):194-209.
  5. Matsumoto T, et al., Proliferating EpCAM-positive ductal cells in the inflamed liver give rise to hepatocellular carcinoma. Cancer Res. 2017 Nov 15;77(22):6131-6143.

研究室

教授:妹尾 浩
講師:上田 佳秀、宮本 心一
助教:松浦 稔、福田 晃久、宇座 徳光、高橋 健、山本 修司、高井 淳、本澤 有介、丸野 貴久
TEL:075-751-4319
FAX:075-751-4303
e-mail:060gastro@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~gastro/gastro.html