循環器内科学

kao 教授 木村 剛
Takeshi Kimura, M.D., Ph.D., Professor btn

京都大学循環器内科では、基礎研究および臨床研究の両方のアプローチにより、心血管病の成因解明、予防・診断・治療法の確立・検証を目標としています。若手医師には、循環器救急医療だけではなく予防医療も大切にするバランスのとれた臨床医であるとともに、将来国際的な情報発信ができる研究者としての成長を目指し、トレーニングを行っています。我々は今後の日本の循環器医療の向上に大きな貢献をする決意です。

研究・教育について

■基礎研究
・基礎研究グループでは、分子生物学、生理学、遺伝学などの深い理解と、それに基づく新しい研究手法によって、世界をリードするオリジナリティーの高い研究を行っています。基礎研究と臨床研究は、まさに車の両輪であり、どちらが欠けても循環器内科学は前に進みません。
我々は、両部門の緊密な連絡を図っています。
・我々は日々自らの可能性を広げる努力を続けています。また若手や異分野の研究者の参加によって、研究の幅と深さが増していきます。循環器疾患の研究に興味を持たれる方を広く募集しています。
・我々の目指す目標としては、心臓や血管の生理的・病態生理的機能の解明、心血管病の成因解明、予防・診断法の確立、さらにトランスレーショナルリサーチとして、臨床に応用できる治療法の確立です。
■臨床研究
・臨床研究グループでは、循環器病学における臨床研究と教育を通じてエビデンスに基づく医療を推進してまいりました。また、すぐれた関連病院と団結して、現在5つの多施設共同ランダム化比較試験を始めとする10以上の臨床研究が進行中です。主な研究対象は、虚血性心疾患、心不全、不整脈、末梢血管疾患、大動脈疾患、高血圧、心臓リハビリテーションです。

現在行われている基礎研究および臨床研究の具体的な内容につきましては、当科の研究室サイトをご参照ください。
http://kyoto-u-cardio.jp/

r-031-1 r-031-2

研究業績

1.Taniguchi T, Morimoto T, Shiomi H, Ando K, Kanamori N, Murata K, Kitai T, Kawase Y, Izumi C, Miyake M, Mitsuoka H, Kato M, Hirano Y, Matsuda S, Nagao K, Inada T, Murakami T, Takeuchi Y, Yamane K, Toyofuku M, Ishii M, Minamino-Muta E, Kato T, Inoko M, Ikeda T, Komasa A, Ishii K, Hotta K, Higashitani N, Kato Y, Inuzuka Y, Maeda C, Jinnai T, Morikami Y, Sakata R, Kimura T ; CURRENT AS registry Investigators. Initial Surgical versus Conservative Strategies in Patients with Asymptomatic Severe Aortic Stenosis. J Am Coll Cardiol. 2015;66(25):2827-38.
2.Kobori A, Shizuta S, Inoue K, Kaitani K, Morimoto T, Nakazawa Y, Ozawa T, Kurotobi T, Morishima I, Miura F, Watanabe T, Masuda M, Naito M, Fujimoto H, Nishida T, Furukawa Y, Shirayama T, Tanaka M, Okajima K, Yao T, Egami Y, Satomi K, Noda T, Miyamoto K, Haruna T, Kawaji T, Yoshizawa T, Toyota T, Yahata M, Nakai K, Sugiyama H, Higashi Y, Ito M, Horie M, Kusano KF, Shimizu W, Kamakura S, Kimura T; UNDER-ATP Trial Investigators. Adenosine triphosphate-guided pulmonary vein isolation for atrial fibrillation: the UNmasking Dormant Electrical Reconduction by Adenosine TriPhosphate (UNDER-ATP) trial. Eur Heart J. 2015 36(46):3276-87.
3.Kuwabara Y, Horie T, Baba O, Watanabe S, Nishiga M, Usami S, Izuhara M, Nakao T, Nishino T, Otsu K, Kita T, Kimura T, Ono K. MicroRNA-451 exacerbates lipotoxicity in cardiac myocytes and high-fat diet-induced cardiac hypertrophy in mice through suppression of the LKB1/AMPK pathway. Circ Res 2015;116:279-288.
4.Horie T, Nishino T, Baba O, Kuwabara Y, Nakao T, Nishiga M, Usami S, Izuhara M, Sowa N, Yahagi N, Shimano H, Matsumura S, Inoue K, Marusawa H, Nakamura T, Hasegawa K, Kume N, Yokode M, Kita T, Kimura T, Ono K. MicroRNA-33 regulates sterol regulatory element-binding protein 1 expression in mice, Nat Commun 2013;4.
5.Kimura T, Morimoto T, Natsuaki M, Shiomi H, Igarashi K, Kadota K, Tanabe K, Morino Y, Akasaka T, Takatsu Y, Nishikawa H, Yamamoto Y, Nakagawa Y, Hayashi Y, Iwabuchi M, Umeda H, Kawai K, Okada H, Kimura K, Simonton CA, Kozuma K; RESET Investigators. Comparison of everolimus-eluting and sirolimus-eluting coronary stents: 1-year outcomes from the Randomized Evaluation of Sirolimus-eluting Versus Everolimus-eluting stent Trial (RESET). Circulation. 2012 ;126:1225-36.

研究室

内科学講座 循環器内科学分野

教授:木村 剛
准教授:尾野 亘
特定准教授:西 英一郎
講師:桑原 宏一郎・静田 聡
特定講師:芦田 昇
助教:中川 靖章・牧山 武・齋藤 成達・小笹 寧子・加藤 貴雄・今井 逸雄
特定助教:大野 美紀子・堀江 貴裕
特定病院助教:田﨑 淳一・塩見 紘樹
特定准教授(地域医療システム学講座):木下 秀之
特定助教(地域医療システム学講座):桑原 康秀
特定病院助教(検査部):中島 康弘
TEL:075-751-4254
FAX:075-751-3289
e-mail:junkan@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:http://kyoto-u-cardio.jp/