血液・腫瘍内科学

kao 教授 高折 晃史
Akifumi Takaori-Kondo,M.D.,Ph.D.  btn

血液・腫瘍内科学は、臨床医学と基礎研究との距離が近く、基礎研究の成果を疾患病態の解析、診断技術、治療法の開発に生かすことが比較的容易な分野であり、最近の診断、治療の進歩は目を見張るものがあります。当科では、“From bedside to bench. From bench to bedside.” をモットーに、「難治性血液疾患の治癒を目指して」、診療,研究,教育の全てに力を注ぎ、最良の医療の提供、最高の研究の遂行を目指しています。

研究・教育について

血液腫瘍および感染症の治癒を主要テーマとして、臨床・基礎の両サイドからのアプローチにより研究を進めています。その研究内容は、(1)造血器腫瘍(白血病、MDS、リンパ腫、骨髄腫、ATL等)の病態・治療に関する基礎的・臨床的研究 、(2)APOBEC3によるゲノム変異とDNA修復異常による発癌機構に関する基礎的・臨床的研究、(3)iPS細胞技術を用いた血液疾患ならびに血液再生医療に関する基礎的・臨床的研究 、(4)HIVを含む感染症の病態とそれに対する生体防御に関する基礎的・臨床的研究、(5)樹状細胞と癌免疫療法に関する基礎的・臨床的研究、(6)造血幹細胞移植・細胞免疫治療に関する基礎的・臨床的研究、と血液学・免疫学・感染症学の多岐に渡り、また基礎研究から臨床研究への広がりを有しています。これらの研究により、血液悪性腫瘍および感染症の病態を明らかにし、新たな診断法・治療法を開発し、それを実地臨床に役立てることを目指しています。

教室メンバーの集合写真(2018年4月)


研究業績

  1. Inano S, Sato K, Katsuki Y, Kobayashi W, Tanaka H, Nakajima K, Nakada S, Miyoshi H, Knies K, Takaori-Kondo A, Schindler D, Ishiai M, Kurumizaka H, Takata M. RFWD3-Mediated Ubiquitination Promotes Timely Removal of Both RPA and RAD51 from DNA Damage Sites to Facilitate Homologous Recombination. Mol Cell. 66(5):622-634, 2017.
  2. Takiuchi Y, Kobayashi M, Tada K, Iwai F, Sakurada M, Hirabayashi S, Nagata K, Shirakawa K, Shindo K, Yasunaga JI, Murakawa Y, Rajapakse V, Pommier Y, Matsuoka M, Takaori-Kondo A. HTLV-1 bZIP factor suppresses TDP1 expression through inhibition of NRF-1 in adult T-cell leukemia. Sci Rep. 7(1): 12849, 2017.
  3. Ishiyama K, Kitawaki T, Sugimoto N, Sozu T, Anzai N, Okada M, Nohgawa M, Hatanaka K, Arima N, Ishikawa T, Tabata S, Onaka T, Oka S, Nakabo Y, Amakawa R, Matsui M, Moriguchi T, Takaori-Kondo A, Kadowaki N. Principal component analysis uncovers cytomegalovirus-associated NK cell activation in Ph+ leukemia patients treated with dasatinib. Leukemia 2017;31(1):203-12.
  4. Fujii S, Miura Y, Fujishiro A, Shindo T, Shimazu Y, Hirai H, Tahara H, Takaori-Kondo A, Ichinohe T, Maekawa T. GVHD amelioration by human bone marrow mesenchymal stromal/stem cell-derived extracellular vesicles is associated with peripheral preservation of naïve T cell populations. Stem Cells. 36(3): 434-45, 2018.
  5. Maeda T, Nagano S, Ichise H, Kataoka K, Yamada D, Ogawa S, Koseki H, Kitawaki T, Kadowaki N, Takaori-Kondo A, Masuda K, Kawamoto H. Regeneration of CD8αβ T cells from T cell-derived iPSC imparts potent tumor antigen-specific cytotoxicity. Cancer Res. 76(23):6839-50, 2016.

研究室

教 授:高折 晃史
准教授:山下 浩平
講 師:近藤 忠一・錦織 桃子
助 教:新堂 啓祐・菱澤 方勝・北脇 年雄・進藤 岳郎・白川 康太郎・諫田 淳也
特定病院助教:伊村 明浩・三好隆史
TEL:075-751-4964
FAX:075-751-4963
e-mail:hemato@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~hemonc/