認知行動脳科学

btn

脳の働きは謎に満ちていますが、様々な研究手法の発展により、心、感情、意識などその高次機能の仕組みまで明らかにされようとしています。脳は生物が進化の結果獲得した情報処理のための器官で、千億もの神経細胞が複雑に結合しあうシステムがコンピュータも及ばない高度な情報処理を実現しています。その機能の解明にはハードウェアとしての生物学的側面とソフトウェアとしての情報科学的側面の両方向からのアプローチが必要です。多彩なバックグラウンドを持つ人々の力を結集して21世紀最大の謎に挑戦していきたいと考えています。

教育・研究について

脳研究の現場では、分子生物学方法・形態学手法・非侵襲的計測法などによって、チャンネル・局所回路網・精神現象などにおける謎が日々解明されています。その中にあって私たちは、個々の神経細胞の活動記録に依拠しつつ、脳のシステムとしての働きの解明を目指しています。脳は心の座とみなせますが、それに先立って神経細胞の織り成す器官であると捉えることもできます。脳機能の理解には、神経細胞レベルからの重層的なボトムアップ的なアプローチによる研究と、脳全体をシステムとして捉えその機能を理解するトップダウン的なアプローチによる研究が必要です。私たちは、脳の高次機能である認知機能や行動制御機構に興味を持ちその解明のための研究を進めています。教育については、修士課程学生向けに神経科学の系統講義を高次脳形態学分野と共同して担当し、脳の機能全般に関する部分を講義しています。博士課程学生向けには神経科学セミナーを高次脳形態学分野および神経生物学分野と共催しています。そこでは、脳科学におけるトピックが紹介され、先輩研究者の個人的研究歴や研究観が披露される他、博士課程学生に対するプレゼンテーション教育の場にもなっています。

r-018-1 1. 視覚的眼球運動制御のための大脳(MST野)と小脳による情報処理機構
r-018-2 2. 多次元視覚探索課題と視覚野(V4)におけるボトムアップ性及びトップダウン 性信号の時間ダイナミクス


研究業績

  1. Nohara S, Kawano K, Miura K. Difference in perceptual and oculomotor responses revealed by apparent motion stimuli presented with an interstimulus interval. J Neurophysiol. 2015 May;113(9):3219-28.
  2. Sugita Y, Araki F, Chaya T, Kawano K, Furukawa T, Miura K. Role of the mouse retinal photoreceptor ribbon synapse in visual motion processing for optokinetic responses. PLoS One. 2015 May 8;10(5):e0124132.
  3. Miura K, Hashimoto R, Fujimoto M, Yamamori H, Yasuda Y, Ohi K, Umeda-Yano S, Fukunaga M, Iwase M, Takeda M. An integrated eye movement score as a neurophysiological marker of schizophrenia. Schizophr Res. 2014 Dec;160(1-3):228-9.
  4. Miura K, Inaba N, Aoki Y, Kawano K. Difference in visual motion representation between cortical areas MT and MST during ocular following responses. J Neurosci. 2014 Feb 5;34(6):2160-8.
  5. Sugita Y, Miura K, Araki F, Furukawa T, Kawano K. Contributions of retinal direction-selective ganglion cells to optokinetic responses in mice. Eur J Neurosci. 2013 Sep;38(6):2823-31

研究室

助 教 : 西尾 健資
助 教 : 三浦 健一郎
TEL : 075-753-4481
FAX : 075-753-4486
e-mail : kmiura [at] brain.med.kyoto-u.ac.jp
URL : http://brain.med.kyoto-u.ac.jp/