分子腫瘍学

腫瘍は、昆虫からヒトまで多くの生物で見られる。しかし、線虫やプラナリアには、なぜか腫瘍が見られない。がん細胞が正常細胞よりも効率の悪いエネルギー取得経路(解糖系)に依存していることは60年前には知られていたが、その理由は未だにはっきりしていない。こうした「がん」に関する興味深い謎の解明は、がん克服に役立つ可能性がある。我々は、マウス遺伝学、オミックス解析、分子細胞イメージングなど、様々な技術を活用し、「がん化」と「がん抑制」の分子メカニズム解明を目指して研究を進めている。

研究・教育について

がん細胞の悪性形質を抑制する分子を探索する中で、細胞外マトリックス・リモデリング制御因子RECKを見出した。RECKは、多くの一般的ながんで発現低下が見られる一方、哺乳類の胎児発生には必須の分子である。現在、教室では、(1)RECKによるがん抑制のメカニズム、(2)胎児発生(特に脳、血管の発生)および成体におけるRECKの生理機能、(3)がん細胞中のRECK発現を増強する薬剤の探索、(4)新たな悪性形質抑制分子の探索、などについての研究が進められている。教育面では、生化学を分担している。

r-014-1a. 悪性形質抑制遺伝子の単離法、 c. RECKタンパク質の活性、
b. RECKタンパク質のドメイン構造、 d. RECK2量体の形態
分子腫瘍学教室メンバー


研究業績

1. Matsuzaki T, Wang H, Imamura Y, Kondo S, Ogawa S, Noda M. Generation and characterization of a mouse line carrying Reck-CreERT2 knock-in allele. Genesis, in press (2018).
2. Wang Z, Murakami R, Yuki K, Yoshida Y, Noda M. Bioinformatic studies to predict microRNAs with the potential of uncoupling RECK expression from epithelial-mesenchymal transition in cancer cells. Cancer Inform 15, 91-102 (2016).
3. Shi G, Yoshida Y, Yuki K, Nishimura T, Kawata Y, Kawashima M, Iwaisako K, Yoshikawa K, Kurebayashi J, Toi M, Noda M. Pattern of RECK CpG methylation as a potential marker for predicting breast cancer prognosis and drug-sensitivity. Oncotarget 7, 8620 (2016).
4. Almeida GM, Yamamoto M, Morioka Y, Ogawa S, Matsuzaki T, Noda M. Critical roles for murine Reck in the regulation of vascular patterning and stabilization. Sci Rep 5, 17860 (2015).
5. Yuki K, Yoshida Y, Inagaki R, Hiai H, Noda M. E-cadherin-downregulation and RECK-upregulation are coupled in the non-malignant epithelial cell line MCF10A but not in multiple carcinoma-derived cell lines. Sci Rep 4, 4568 (2014).

研究室

准教授 北山 仁志
助教 松﨑 朋子
TEL 075-751-4150
FAX 075-751-4159
e-mail kitayama.hitoshi.2r@kyoto-u.ac.jp