分子腫瘍学

kao 教授 藤田 恭之
Yasuyuki Fujita  MD & PhD btn

がんの超初期段階において、正常上皮細胞層の一つの細胞に変異が生じた時、何が起こるのだろうか?私の研究室では、独自に樹立した哺乳類培養細胞系とマウスモデルシステムを用いて、正常細胞と変異細胞の間で互いに生存を争う「細胞競合」が起こり、その結果、変異細胞が上皮層から排除されることを見出しました。これらのデータは、正常上皮組織が変異細胞を駆逐する能力を有していることを示唆しており、がんの予防的治療法の開発につながる可能性を秘めています。

研究・教育について

(研究)これまでの研究で、正常上皮細胞と変異細胞の間で「細胞競合」が起こり、その結果、変異細胞が競合の敗者となって、上皮細胞層から逸脱、あるいは細胞死を起こして排除されることが明らかになってきました(Hogan et al., 2009, Nature Cell Biology)(図1)。そのプロセスにおいて、変異細胞が正常上皮細胞に囲まれた時、正常細胞は変異細胞の存在を認識し、それらを積極的に上皮細胞層から排除することが分かりました。この知見は、正常な上皮細胞層は、免疫系を介さない抗腫瘍能を有していることを示しています。我々は、このプロセスをEDAC (Epithelial Defense Against Cancer)と命名しました (Kajita et al., 2014, Nature Communications)。次の大きなクエスチョンは、「細胞競合において、細胞同士がお互いのどのような違いをどのように認識しているか」です。様々なスクリーニング手法を用いて、現在、異なる細胞間の認識機構に関わる分子の同定を目指しています。

(教育)国際的に活躍できる次世代の研究者の養成を目指しています。教授藤田の研究・教育哲学は、ラボのHPに掲載されている「YASUから学生へのメッセージ」「ヤスlabの憲法」をご覧下さい。

図1 正常細胞との細胞競合の結果、上皮細胞層から管腔側へ排除された変異細胞(赤矢印)

図2 EDACの分子メカニズム


研究業績

  1. Takeuchi, Y., Narumi,R., Akiyama, R., Vitiello, E., Shirai, T., Tanimura, N., Kuromiya, K., Ishikawa, S., Kajita, M., Tada, M., Haraoka, Y., Akieda, Y., Ishitani, T., Fujioka, Y., Ohba, Y., Yamada, S., Hosokawa, Y., Toyama, Y., Matsui, T., and Fujita, Y. (2020) Calcium wave promotes cell extrusion. Current Biology, 30(4); 670-681.
  2. Sasaki, A., Nagatake,T., Egami, R., Gu, G., Takigawa, I., Ikeda, W., Nakatani, T., Kunisawa, J. and Fujita, Y. (2018) Obesity suppresses cell competition-mediated apical elimination of RasV12-transformed cells from epithelial tissues. Cell Reports, 23(4):974-982.
  3. Kon, S., Ishibashi, K., Katoh, H., Kitamoto, S., Shirai, T., Tanaka, S., Kajita, M., Ishikawa, S., Yamauchi, H., Yako, Y., Kamasaki, T., Matsumoto, T., Watanabe, H., Egami, R., Sasaki, A., Nishikawa, A., Kameda, I., Maruyama, T., Narumi, R., Morita, T., Sasaki, Y., Enoki, R., Honma, S., Imamura, H., Oshima, M., Soga, T., Miyazaki, J., Duchen, M. R., Nam, J.-M., Onodera, Y., Yoshioka, S., Kikuta, J., Ishii, M., Imajo, M., Nishida, E., Fujioka, Y., Ohba, Y., Sato, T., and Fujita, Y. (2017) Cell competition with normal epithelial cells promotes apical extrusion of transformed cells through metabolic changes. Nature Cell Biology, 19(5):530-541.
  4. Kajita M., Sugimura, K., Ohoka, A., Burden, J., Suganuma, H., Ikegawa, M., Shimada, T., Kitamura, T., Shindoh, M., Ishikawa, S., Yamamoto, S., Saitoh, S., Yako, Y., Takahashi, R., Okajima, T., Kikuta, J., Maijima, Y., Ishii, M., Tada, M., and Fujita, Y. (2014) Filamin acts as a key regulator in epithelial defence against transformed cells. Nature Communications, 5:4428.
  5. Hogan, C., Dupré-Crochet, S., Norman, M., Kajita, M., Zimmermann, C., Pelling, A.E., Piddini, E., Baena-López, L.A., Vincent, J. P., Hosoya, H., Itoh, Y., Pichaud, F. and Fujita, Y. (2009) Characterization of the interface between normal and transformed epithelial cells. Nature Cell Biology, 11 (4), 460-467.

研究室

教授:藤田 恭之
准教授: 田守 洋一郎
助教:谷村 信行
特定助教:瀬海 美穂
TEL: 075-753-9307
FAX: 075-753-9309
email: fujita[@]monc.med.kyoto-u.ac.jp
研究室ホームページへのURL: https://molonc.researcherinfo.net