医化学

竹内 理,Osamu Takeuchi,M.D., Ph.D. btn

免疫応答は、体内で緻密に制御され、感染した病原体をうまく排除すると共に、免疫系の過剰な活性化による免疫疾患の発症を防いでいます。我々の研究室では、免疫応答のバランスが調節されるメカニズムを、特に細胞内でのRNA制御機構を中心として理解しようとしています。分子生物学的手法や、遺伝子改変マウスを用いた個体レベルでの解析により得られた知見を活かして、新たな免疫制御法の開発につなげていくことを目指しています。

研究・教育について

ウイルスや細菌など病原体の感染は,Toll-like receptor (TLR)を始めとした自然免疫受容体により認識され,サイトカインを産生,免疫応答を引き起こします。近年,免疫応答により惹起される炎症は、感染症だけではなく,自己免疫疾患や癌,メタボリックシンドロームなど様々な疾患と深く関わる事が明らかとなってきています。本研究室では,炎症が生体内においてどのように制御されているかの分子メカニズムを,自然免疫の観点から解析しています。中でも,自然免疫細胞における炎症関連遺伝子発現の転写やmRNAの転写後調節に焦点を当てています。これまで,サイトカインmRNAの分解に関わるRegnase-1を同定し,この分子が炎症性疾患の発症抑制に重要であることを見出しました。しかしながら、免疫におけるRNA制御機構はまだほとんど明らかとなっていません。今後,さまざまな角度から、RNAを介した免疫調節の新しいメカニズムを探っていきます。
本研究室では,自然免疫学,分子生物学等の考え方や手技を学ぶと共に,これら研究に主体的に取り組むことで,論理展開や議論を行う力をつけるように指導を行っていきます。


研究業績

  1. Nakatsuka, Y., Vandenbon, A., Mino, T., Yoshinaga, M., Uehata, T., Cui, X., Sato, A., Tsujimura, T., Suzuki, Y., Sato, A., Handa, T., Chin, K., Sawa, T., Hirai, T., Takeuchi, O. (2018). Pulmonary Regnase-1 orchestrates the interplay of epithelium and adaptive immune systems to protect against pneumonia. Mucosal Immunology 11, 1203-1218. doi: 10.1038/s41385-018-0024-5.
  2. Yoshinaga, M., Nakatsuka, Y., Vandenbon, A., Ori, D., Uehata, T., Tsujimura, T., Suzuki, Y., Mino, T., Takeuchi, O. (2017). Regnase-1 maintains iron homeostasis via the degradation of transferrin receptor 1 and prolyl hydroxylase domain-containing protein 3 mRNAs. Cell Reports 19, 1614-1630.
  3. Mino, T., Murakawa, Y., Fukao, A., Vandenbon, A., Wessels, H.-H., Ori, D., Uehata, T., Tartey, S., Akira, S., Suzuki, Y., Vinuesa, C.G., Ohler, U., Standley,D.M., Landthaler, M., Fujiwara, T., Takeuchi, O. (2015). Regnase-1 and Roquin Regulate a Common Element in Inflammatory mRNAs by Spatiotemporally Distinct Mechanisms. Cell 161, 1058–1073.
  4. Tartey, S., Matsushita, K., Vandenbon, A., Ori, D., Imamura, T., Mino, T., Standley, D.M., Hoffmann, J.A., Reichhart, J.M., Akira, S., Takeuchi, O. (2014). Akirin2 is critical for inducing inflammatory genes by bridging IκB-ζ and the SWI/SNF complex. EMBO J. 33, 2332-2348.
  5. Uehata, T., Iwasaki, H., Vandenbon, Matsushita, K., Cuellar, E.H., Kuniyoshi, K., Satoh, T., Mino, T., Suzuki, Y., Standley, D.M., Tsujimura, T., Rakugi, H., Isaka, Y., Takeuchi, O., Akira, S. (2013). Malt1-Induced Cleavage of Regnase-1 in CD4+ Helper T Cells Regulates Immune Activation. Cell 153, 1036-1049.

研究室

教授:竹内 理
助教:三野 享史
助教:植畑 拓也
TEL:075-753-9500
FAX:075-753-9502
e-mail:otake@mfour.med.kyoto-u.ac.jp
URL:https://mc.mfour.med.kyoto-u.ac.jp/ (現在)